オートマではダメ!? 軽トラックにマニュアル車が多い理由とは?

軽トラック

農作業に用いられる軽トラックは決まってMT車のようだが、AT車が少ないことには何かわけがあるのだろうか。

今回は、軽トラックにMT車が多い理由を考えてみたい。

スポンサーリンク

コスト

まずは、コストの問題がある。

農作業車や社用車として軽トラックを求める人にとっては、余計な機能など一切不要で、少しでも安く購入することが最大の目的になるはず。

よって、AT車よりも少ないコストで生産が可能で、より安く販売されるMT車が選択されるのは当然のことなのだ。

軽自動車を販売しているメーカーのホームページを確認してみると、やはりMT車の方がAT車よりも10~20万円ほど安価な価格設定になっている

走行性能の課題

これが最も大きな理由かもしれないが、ATの軽トラックには走行性能に課題があると言われている。

軽トラックである以上、ある程度の荷物を積んだ状態での走行を前提としてギア比を設定しなければならない

まして変速機がATの場合は、MTに比べ動力伝達効率が悪化するので、余計にトルク重視にする必要があるはず。

それで一般道を普通に走ろうとすれば、速度が上がると同時にエンジン回転数が激しく上昇し、燃費も悪化してしまう。

かと言って、高速走行を重視すれば低速トルクがスカスカで、重い荷物を積んだ状態で発進ができなくなると言う最悪の結果に・・・。

一方、MTであればギアを5速まで設けることが可能なので、状況ごとに適切なトルクを選択すればよい。

大きな力が必要であれば1~2速、普段の走行では4~5速と、適切なギアを使用することで円滑な運転を実現することができるのだ。

最近では4速ATを搭載する軽自動車も登場しているが、まだまだ5速MTの実用性には追いついていないし、価格が割高になると言うデメリットも否定できない。

エンジンブレーキ

軽自動車が、山道はじめアップダウンが激しい場所を走行する機会が多いことも、MT車が有利な理由と言える。

下り坂ではエンジンブレーキを使用する必要があるが、AT車の場合、その効き具合がMT車に比べ大きく劣ってしまうのだ。

その差は歴然で、MT車と比べ、AT車のエンジンブレーキはおもちゃのようなものと言う人がいるくらいである。

下り坂でフットブレーキを多用することができないだけに、MT車にとって、大きな利点になるはずだ。

AT車の増加

圧倒的にMT車の数が多い軽自動車であるが、AT車の数も増えてきている

AT限定免許しか持っていない女性でも運転することが可能だし、扱いやすさでMT車を上回ることが注目されているようだ。

確かに、平地や街中での使用に限定するのであれば、大きなトルクや強力なエンジンブレーキを必要とするわけではないので、AT車で十分かもしれない。

逆に、農道や山道での使用が多い人は、MT車を選択するのがベストだと思う。

終わりに

軽トラックにMT車が多い理由を考えると、車の構造上の特性が背景にあることがわかる。

実際には、街中での使用がメインの場合にはAT、農道や山道での使用が多いのであればMTと適切に選択することが重要だと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク