2016年アクセラマイナーチェンジの内容がついに明らかに!

アクセラ

待望のアクセラマイナーチェンジの詳細が明らかになったが、注目の1.5リッターディーゼルモデルはラインナップされるのだろうか。

ディーラーで詳細を確認してきた。

スポンサーリンク

時期

マイナーチェンジモデルの販売が開始されるのは、2016年7月末から8月上旬のようだ。

すでに、ディーラーはじめ関係者には内々に情報が伝えられているようで、現時点での契約も承っているらしい。

アクセラの購入を希望される方は、今でも、ビッグマイナーチェンジ後のニューモデルを購入することが可能なのだ。

注目点

注目点

現時点で、①1.5Lディーゼルモデルの登場、②2.0Lガソリンモデルの廃止、③2.2Lディーゼルモデルへの新たなグレードの追加などが発表されている。

待望の1.5Lディーゼルモデルの登場には、大きな期待と注目が集まるだろう。

また、2.2Lディーゼルモデルには、これまでは”XD”の1つのグレードしかなかったが、今回のグレードの増設によりユーザーの選択肢が広がることは嬉しい限りだ。

一方で、先代モデルから活躍してきた2.0リッターガソリンモデルの廃止については、少々残念に思える。

アクセラマイナーチェンジ(2016.7)の注目点
  • 1.5リッターディーゼルモデルの登場 
  • 2.2リッターディーゼルモデルが2つのグレードに 
  • 2.0リッターガソリンモデルの消滅
  • ハイブリッドモデルにもオルガン式ペダルが採用

パワートレーン

7月のマイナーチェンジにより、アクセラには、”4つのパワートレーン”が用意される。

1つの車種にこれだけの選択肢があることはとてもありがたい一方、どれを選択したらよいのか悩んでしまうかもしれない。

マイナーチェンジモデルのパワートレーン

  • 1.5リッターディーゼル(SKYACTIVE-D 1.5)
  • 1.5リッターガソリン (SKYACTIVE-G 1.5)
  • 2.2リッターディーゼル(SKYACTIVE-D 2.2)
  • ハイブリッド (SKYACTIVE-G 2.0+モーター)

SKYACTICE-D 1.5

ついに待望の1.5Lディーゼルモデルが登場する。

デミオディーゼルに搭載されているコンパクトディーゼルエンジン、”SKYACTIVE-D 1.5”がアクセラにも搭載されるのである。

これまでのアクセラディーゼルには2.2リッターモデルしかなく、その圧倒的なパワーを持て余すことも指摘されていただけに嬉しいニュースだ。

小排気量とは言えその性能は申し分なく、圧倒的な加速を体感することができる一方で、より低い価格で販売されることが魅力的である。

なお、この1.5Lーディーゼルモデルには、3つのグレードが用意されるようだ。

  SKYACTIVE-D 1.5
グレード 15XD 15XD PROACTIVE 15XD L package
価格 2,303,000円 2,430,000円 2,689,000円

価格も発表されているようだが、最上位の”15XD L package”になるとさすがに高い。

おそらく、乗り出し価格では300万円前後になってしまうだろうが、レザーシートはじめ最高の装備が搭載されるだろうから致し方ないと言ったところか。

詳細がまだわからないので何とも言えないが、2.2リッターモデルと比較して、ものすごく安いと言う印象は受けない。

SKYACTIVE-G 1.5

1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルについては、大きな変更点はないように思える。

とはいえ、搭載される”SKYACTIVE-G 1.5”の完成度は素晴らしいものがあるし、足回りの改善などを受けて、その走りはより素晴らしいものになると思われる。

現在と同じく3つのグレードが用意されるようだが、名前が少々変更されるらしい。

  SKYACTIVE-G 1.5
グレード 15C 15S 15S PROACTIVE
価格(FF) 1,760,000円 1,922,000円 2,138,000円

価格の面でも大きな変更点はないようだ。

SKYACTIVE-D 2.2

こちらも注目すべき点だが、2,2リッターディーゼルエンジン搭載モデルに、2つのグレードが用意されるらしい。

これまでは、”XD”の1つのグレードしかなく、こちらがアクセラのフラグシップモデルとされてきた。

よって最高の装備が搭載されることになり、当然ながら価格も高額になってしまうことを指摘する声があったことはご周知の通りである。

今回、より安価なモデルが用意されることで、ユーザーの選択肢が増えることは非常に嬉しいところだ。

  SKYACTIVE-D 2.2
グレード 22XD PROACTIVE 22XD L package
価格(FF) 2,781,000円 3,088,000円

とはいえ、上位モデルの、”22XD L package”になるとやはり値段は高く、オプション次第では、乗り出し価格が350万に近付く可能性もある。

その分、内装、外観の質感のアップと静粛性の向上に期待したいところだ。

HYBRID

ハイブリッドについては大きな変更点はないらしく、やはり大きな価格の変更もない。

しかしながら、待望の”オルガン式アクセルペダル”の採用や足回りのチューニングの変更などにより、走りの面での向上が期待できる。

ボディタイプは、現在と同じくセダンのみが用意されるようだ。

  SKYACTIVE-HYBRID
グレード HYBRIDC HYBRID-S PROACTIVE HYBRID-S L package
価格(FF) 2,473,000円 2,651,000円 2,879,000円

デザイン

アクセラ 内装

外観、内装共により素晴らしいものになることが予想されるが、詳細な画像等は未だ公開されていない。

参考になるかどうかはわからないが、ディーラーに聞いたところでは、”CX-3に近い外観”と言うことだ。

ボディの形状までもがCX-3に近付くことはないので、フロントのデザインがCX-3に似たものであると思われる。

いずれにせよ、これについては未だ謎に満ちた部分が多いと言えるだろう。

終わりに

いよいよ、アクセラのマイナーチェンジの全貌が見えてきたが、更に素晴らしい車になることが期待される。

現時点でも極めて質の高い運転を実現しているだけに、ビッグマイナーチェンジによる更なる進化が楽しみで仕方がない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク