賞味期限と消費期限! その意味の違いと表示のルールとは!

期限表示

今回は、消費期限と賞味期限の違いについて投稿する。

両者の意味の違いはもちろんのこと、表示についてのルールにも注目してみたい。

スポンサーリンク

期限表示

消費期限

農林水産省のホームページにおける回答では、消費期限は以下のように定義されている。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、食べても安全な期限を示す

                     農林水産省ホームページより

食べても安全な期限というのは聞いたことがあるような気がするが、”表示されている保存方法に従って”と言う条件が付いていることは以外と見落としがちである。

これは、正しい保存方法でなければその期限が早まる可能性があることを意味しているわけで、特に夏場などは注意が必要と言うことだろう。

同時に、”期限を過ぎたら食べない方が良い”とされていることにも注目したい。

消費期限を過ぎた食品を食べた場合は、”食中毒”にかかる危険性があると言うことを十分に理解する必要があるようだ。

賞味期限

続いては賞味期限だが、同じく農林水産省のホームページには以下のようにある。

開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限を示す

                    農林水産省ホームページより

こちらについては、あくまでも”おしいく食べることができる期限”であり、それを過ぎた食品を食べても、安全上問題が生じるわけではないとされている。

実際に農林水産省も、”期限を過ぎても食べられなくなるとは限りません”と回答している。

大抵の食品は賞味期限を過ぎたとしても安全に食べることができるとされているようなので、消費期限と勘違いして廃棄してしまわないように注意が必要だ。

両者の違い

消費期限と賞味期限の違いをまとめれば、”期限を過ぎたら食べることができない”のが消費期限であり、”期限を過ぎても食べることができる”のが賞味期限と言うことになる。

消費期限については厳守する必要があるが、賞味期限についてはそれほど神経質にならなくてもよいようだ。

表示のルール

どっち

加工食品には、原則として”消費期限か賞味期限のどちらかが表記されている”らしいのだが、何かしらのルールがあるのかどうか気になる。

調べてみると、弁当や生菓子のような保存の効かない食品には消費期限が、ハムや缶詰、スナック菓子などのように常温で保存が可能な食品には賞味期限が表示されているらしい。

消費期限については、”当該食品等に関する知識を有する者が、微生物試験や理化学試験及び官能検査結果等に基づき、科学的に行う”とされている。

消費期限も、”その食品の品質保持に関する情報を把握する立場にあり、当該製品に責任を負う製造業者等が、科学的・合理的根拠をもって適正に設定すべき”とされている。

両者ともに、科学的根拠に基づき期限が決定されていることには安心できるが、いずれの場合も、開封してしまえば劣化が加速するので、早めに食べることが望ましい。

終わりに

食品を安全かつ無駄なく消費するためにも、期限表示についての正しい理解が大切だ。

身の回りにある食品の期限表示が、消費期限なのか賞味期限なのかを調べてみるのも面白いかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク