水抜き剤は必要? ガソリンタンクに水が混入する原因と対処法とは!

ガソリンタンク

つい最近その存在を知ったばかりなのだが、ガソリンタンクの水抜き剤なるものが存在するらしい。

今回は、その水抜き剤の必要性と、燃料タンクに水が溜まる原因について投稿しようと思う。

スポンサーリンク

燃料タンクの水

給油口にはキャップが付いており、雨水や洗車の水が入り込むことはまずあり得ないが、それでも燃料タンク内に水が溜まることがあるようだ。

その最も大きな原因は、ガソリンタンクの内部の空気が冷えることにある。

ガソリンが満タンに入ってる状態であれば問題ないのだが、ガソリンの量が減ってくると内部に空気が入り、外気温が低くなるとその空気が冷えて結露が発生してしまうのだ。

結果、その水滴がタンクの底に溜まることに・・・。

また、決して多くあることではないが、給油口のキャップを開けたまま洗車したり、雨の中を運転してしまったためにタンク内に水が混入することもあるようだ。

対処法

答えになっていないのかもしれないが、特別な対処法はない・・・と言うか、何もする必要はないらしい。

多くの燃料がタンク内に入っていれば、結露が発生したとしてもその量はわずかだし、少量の水ならガソリンとともにエンジンに取り込まれ燃焼される。

タンク内に水滴が付いたとしても、内部が錆びたり腐敗したりすることもない。

水没したともなれば話は別だが、普通に車を使用している限りでは、特別なことをする必要はないのだ。

水抜き剤

タンク内の水を除去するために、水抜き剤が使われることもある。

ガソリンと水が混ざることはなく、溜まった水はタンクの底に沈んでしまうのだが、水抜き剤を使用すると両者が混ざるらしい

すると、ガソリンと一緒に水がエンジンに取り込まれて燃焼され、タンク内の水が取り除かれる仕組みだ。

もちろん、ガソリンと水が完全に混ざるわけではないが、タンク内にある水の量は燃料に対して圧倒的に少ないので、十分な効果を得ることができると言われている。

価格

水抜き剤は市販されているが、その価格は、300円〜1,000円前後が相場のようだ。

水抜き剤そのものはかなりの低コストで製造可能のようだが、ガソリンスタンドで添加を頼むと結構な額になることがあるらしいので、注意した方がよいかもしれない。

必要性

肝心の水抜き剤の必要性だが、結論から言えば、そこまで重要なものではないと言える。

と言うのも、わざわざ水抜き剤を使用しなくとも、車にそれほど大きな影響が出ることは考え難いのだ。

確かに以前は、タンク内の水滴が原因で錆が発生してしまうことや、水が入ることでエンジンが損傷する可能性が指摘されていた。

しかしながら、錆止め技術や樹脂製タンクの登場により、現在では錆の心配はない

また、多少の水であればガソリンと一緒にエンジンで燃やしてしまうのだが、近年のエンジンの性能の向上を考えても、特に不都合が生じることはないはずだ

水没が原因でタンク内に多量の水が混入してしまえば深刻なことになるが、その場合はタンクを分解後に内部洗浄をしなければならないレベルであり、水抜き剤の出る領域ではない。

以上のことからも、特別のことがなく普通に使用している限りでは、水抜き剤の必要性は少ないと思われる。

終わりに

ガソリンスタンドで勧められることが多い水抜き剤による燃料タンクの水抜きだが、その必要性は高くはないようだ。

給油口のキャップの閉め忘れにさえ注意しておけば、特に問題はないだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク