給油口の位置は車ごとに左右違う!? その見分け方は意外に簡単?

給油口

先日、東北モーターショーで多くの車を目にしたのだが、給油口の位置が車ごとに異なることに気が付いた。

右側に付いている車もあれば左側の車もあるようだが、どういうわけなのだろうか。

スポンサーリンク

給油口の位置

意外に知られていないようだが、車の給油口は右側に付いている場合と左側に付いている場合がある。

特に、セルフ式ガソリンスタンドで給油する場合には、給油口の位置より駐車の向きが異なるので注意しなければならない。

では、なぜ車により給油口の位置が異なるのかと言えば、マフラーの位置が鍵になるらしい。

排気ガスの通り道であるマフラーは高熱になる可能性があるため、給油口や給油タンクはその反対側に取り付けられるのだ。

万が一のことを考えれば、確かに合理的な考え方だと思う。

メーカーによる違い

マフラーと給油口の位置関係については、メーカーごとに考え方の違いがあるようだ

例えば、トヨタ車はほぼ全ての車種で左側に給油口が設けられているのに対し、日産やスバル車では右側のケースが多い。

マツダの場合は左側が多いものの、なぜかミニバンのビアンテは右側になっており、その理由が気になるところだ。

給油口の位置
  • 主に右側:トヨタ、ホンダ、マツダ 
  • 右側に付いている場合が多いメーカー:日産、スバル

見分け方

燃料計

この給油口の位置だが、意外な方法で見分けがつくことをご存知だろうか。

燃料計の隣にあるガソリンスタンドのマークに注目することで、給油口の位置が左なのか右なのかがわかるのだ。

ガソリンスタンドマークの隣に三角形のマークがあるのだが、これが左を向いていれば給油口が左側、右側を向いていれば給油口が右側に付いていることを意味する。

本当かと思い私のデミオの燃料計を見てみると・・・確かに◁マークがあるではないか!

マークは左側を向いているが、実際に給油口も左であるから、この法則が確かなものであると言って間違いないと思う。

車外に出て直接目で確認すればよい話ではあるが、意外な見分け方があることは興味深い。

終わりに

以外に知られていない給油口の位置の見分け方だが、非常にマニアックな話であると同時に、興味深いものだ。

また、給油口とマフラーの位置にまで計算されていることから、自動車メーカーの安全対策が徹底されていることを知ることができると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク