自転車の飲酒運転は立派な犯罪! 事故を起こすと重い罰則が!?

自転車

”今日は酒を飲むから自転車”と、自転車で飲み会に向かう人も少なくないようだが、自転車での飲酒運転が交通違反になる可能性があることをご存知だろうか。

さらに、交通事故を起こしてしまえば、非常に厳しい処分を受けることになるのだ。

スポンサーリンク

はじめに

結論から言えば、”酒を飲んだ状態で自転車を運転する行為”が交通違反になる可能性は十分にある。

これを理解するには、”道路交通法”において、自転車も車両であると規定されていることが重要なのだ。

酒酔い運転

酒を飲んで自転車を運転する行為が酒酔い運転に問われる可能性があるのだが、その根拠となる、”道路交通法第65条”を見てみよう。

何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

                       道路交通法第65条より

極めて簡単に読むことができる条文だが、”酒気を帯びた状態で車両を運転してはならない”ことが規定されている。

ここでもやはり、自転車が車両に含まれることが重要なポイントなのだ。

取締り

飲酒運転には、酒酔い運転酒気帯び運転の2種類の反則行為が設けられている。

酒酔い運転は、飲酒により正常な運転ができない状態であり、目が座っている場合や歩くことすら困難な状態がこれに該当するようだ。

酒気帯び運転は、政令で定める基準値を上回るアルコールを保有した状態で車を運転する行為であり、検査により基準値を上回る値が検出された場合に適用される。

自転車の飲酒運転については、酒気帯び運転は違反の対象とされず、酒酔い運転に該当する場合のみ検挙の対象となることを覚えておきたい。

よって、例え飲酒していたとしても、普段と変わらずに自転車を運転することが可能な状態であれば、交通違反として検挙されることはないと言うことになる。

また、自転車の取締りについては、法律的には交通違反とされるケースであっても、よほど悪質ではない限りは刑事事件として処理されずに注意や指導で済まされることも多い

とはいえ、酔いがひどく、交通事故を起こす蓋然性が極めて高いと判断されれば、検挙され、刑事事件に発展する可能性があることは紛れもない事実だ。

交通の安全を第一に考えれば、それが自転車であっても、”飲んだら乗らない”を徹底することが大切であると言えるだろう。

罰則

酒酔い運転の罰則は以下の通りだが、交通違反の処分の中では極めて重いものであることを理解しなければならない。

また、自動車とは異なり、自転車での交通違反には”反則金制度”が適用されないことも覚えておきたいところである。

酒酔い運転:5年以下の懲役または100万円以下の罰金

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

事故を起こした場合

酒を飲んで自転車を運転して交通事故を起こした場合、当事者の罪は重い。

酔いの程度がどうであれ、事故を起こしてしまえば”安全運転義務違反”に問われ、刑事事件に発展することは回避し難いだろう。

さらに、検出されたアルコールの量が基準値を超えている場合や、”酒酔い運転”に該当する場合には、その過失はさらに大きくなる。

”酒酔い運転”として刑事責任を追及される蓋然性が極めて高いだろうし、”民事責任”としての被害者への賠償責任を免れることは不可能だ。

終わりに

”自転車だから大丈夫”と安易に考えて、飲酒運転をすることこそ最も危険な行為である。

交通違反になる可能性があることはもちろんだが、何よりも事故を起こす確率が高まるわけだから、それが自転車であっても、”飲んだら乗らない”を徹底しなければならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク