自転車の2人乗りは違反! でも幼児なら3人乗りもOKって本当!?

自転車と2人の女性

2人乗りをする自転車を見かけるのはそれほど珍しいことではないが、皆さんはその違法性の有無をご存知だろうか。

法律を調べてみると意外なことが明らかになったので、早速その結果を投稿したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

法律上は

法律上、やはり自転車の2人乗りは交通違反になる蓋然性が高いのだが、その根拠となるのは道路交通法第57条第2項である。

(乗車又は積載の制限等)

2 公安委員会は、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要があると認めるときは、軽車両の乗員人数又は積載重量等の制限について定めることができる。

                       道路交通法第57条第2項より

同条では、交通の安全を図るために必要と認める場合に各都道府県公安委員会が軽車両の乗員人数についての制限を定めることができる旨が規定されるが、例えば宮城県ではこれを根拠に条例にて自転車の2人乗りを禁止しているのだ。

以下に、その当該部分である宮城県道路交通規則第11条第2項を載せる。

(公安委員会が定める車両の乗車又は積載の制限等)

1 乗車人数は、2輪又は3輪の自転車(以下「自転車」という。)にあつては運転者以外の者を、自転車以外の軽車両にあつてはその乗車装置に応じた人員を超える人数を乗車させてはならない。

                   宮城県道路交通規則第11条第2項より

“運転者以外の者を乗車させてはならない”と規定されることから、自転車の2人乗りが交通違反であることをご理解いただけると思う。

なお、宮城県に限らず、その他の都道府県においても条例にて同様の規制が行われている。

罰則

自転車の2人乗りに対する罰則は、2万円以下の罰金又は科料

それほど重い罰則ではないものの立派な刑事罰であることに変わりはなく、これを支払うとなれば当事者が犯罪を犯したことを意味するに他ならない

同時に、自転車の運転には反則金が適用されないため、検挙されれば確実に刑事手続きへ移行してしまうことも理解すべき重要事項と言える。

自転車2人乗りの罰則:2万円以下の罰金又は科料

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
“交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、それが罰金ではなく反則...

2人乗りが可能な場合

原則として自転車の2人乗りは交通違反であるが、例外も認められている

例えば、宮城県道路交通規則では以下に列挙する状況においては自転車の2人乗りが認められており、16歳以上の運転者が幼児用座席に幼児を乗車させる場合について言えば3人乗りすら許可されているのだ。

かなりリスクがある行為にも思えるが、条件次第で自転車の2人乗りが合法となる場合があることをご理解いただければと思う。

自転車の2人乗りが許される場合(宮城県)
  • 16歳以上の運転者が、幼児(6歳未満の者)1人を幼児用座席に乗車させる場合
  • 16歳以上の運転者が、幼児2人を幼児用座席に乗車させる場合
  • 16歳以上の運転者が、4歳未満の者1人をひも等を使用して確実に背負っている場合
  • 自転車専用道路において、その乗車装置に応じた人員を乗車させる場合(ダンデム自転車)
  • ベロタクシーの運行に関して、運転者が1人又は2人の者をその乗車装置に応じて乗車させる場合
  • 道路使用許可を得て行う自転車競技等のイベントに参加中のダンデム自転車に運転者以外のもの1人を乗車させる場合

取り締まり状況

自転車の2人乗りに対する取り締まり状況も気になるところであるが、自転車による交通事故や悪質な交通違反の増加を受け、それが強化されつつあることは事実である。

前述の通り自転車の交通違反には反則金が適用されず、理論上は検挙されれば確実に刑事事件に発展してしまうため自動車以上に交通法規を厳守しなければならないのだが、実際には注意を受けるのみで検挙されるケースは少ないようだ。

とは言え、交通違反であることに変わりはないし、法律上は警察官がその気になればいつでも検挙が可能であることを理解し、規則を厳守していただきたいと思うところである。

自転車の交通違反で取り締まりに! 点数や罰則はどうなる!?
最近、自転車の通行マナーの悪さが取り沙汰されることが多いが、道路交通法に違反する行為は当然のこと...

終わりに

最後に話をまとめれば、自転車の2人乗りは原則として交通違反であるが、一定の状況においてはそれが許可される場合もあるとの結論に達する。

もちろん、いずれの場合も安全上のリスクを負うことは間違いなく、決して奨励できることではないのだが…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク