自転車の2人乗りは交通違反!? 幼児なら3人乗りもOKって本当?

自転車

近年、自転車の交通違反に対する取り締まりが厳しくなっているが、”2人乗り”も違反になるのだろうか。

警察官に注意を受けている人を見かけることはあるが、その法的根拠が気になるところだ。

スポンサーリンク

法律上は

法律的には、やはり、自転車の2人乗りが交通違反になる蓋然性は高い。

その根拠となるのは”道路交通法第57条第2項”であるが、以下にその条文を乗せたので目を通してほしい。

(乗車又は積載の制限等)

2 公安委員会は、道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要があると認めるときは、軽車両の乗員人数又は積載重量等の制限について定めることができる。

                     道路交通法第57条第2項より

各都道府県公安委員会は、交通の安全を図るために必要と認める場合には、軽車両の乗員人数についての制限を定めることができると規定されている。

これに従い、各都道府県公安委員会は条例にて自転車の2人乗りを禁止しているのだが、例として、宮城県が定める”宮城県道路交通規則”を見てみよう。

(1)乗車人数は、2輪又は3輪の自転車(以下「自転車」という。)にあつては運転者以外の者を、自転車以外の軽車両にあつてはその乗車装置に応じた人員を超える人数を乗車させてはならない。

                    宮城県道路交通規則第14条より

これを見れば、自転車の2人乗りが交通違反であることをご理解いただけると思うが、宮城県以外の都道府県でもやはり同じような規定が条例により定められているようだ。

例外

原則、自転車の2人乗りは交通違反であるが、例外も認められている

例えば、宮城県道路交通規則では、”幼児を幼児用座席に乗せる場合は交通違反ではない”とされている。

自転車の2人乗りが交通違反にならないケース(宮城県)

  • 16歳以上の運転者が、幼児(6歳未満の者)1人を幼児用座席に乗車させる場合
  • 16歳以上の運転者が、幼児2人を幼児用座席に乗車させる場合
  • 16歳以上の運転者が、4歳未満の者1人をひも等を使用して確実に背負っている場合
  • 自転車専用道路において、その乗車装置に応じた人員を乗車させる場合(ダンデム自転車)
  • ベロタクシーの運行に関して、運転者が1人又は2人の者をその乗車装置に応じて乗車させる場合
  • 道路使用許可を得て行う自転車競技等のイベントに参加中のダンデム自転車に運転者以外のもの1人を乗車させる場合

何と6歳未満の幼児であれば、運転者の他に2人も乗せることができるのだが、これでは3人乗りであるし、極めて危険だと思うのは私だけだろうか・・・。

罰則

自転車の2人乗りに対する罰則は、”2万円以下の罰金又は科料”である。

罰金の額はそれほど大きなものではないが、立派な刑事罰であり、これを支払うことになれば犯罪を犯したことを意味するのだから軽々に考えてはならないのだ。

自転車2人乗りの罰則:2万円以下の罰金又は科料

取り締まり

自転車による交通事故や悪質な交通違反の増加を受け、取り締まりが強化されていることは事実だ。

自転車の交通違反には”反則金制度”が適用されないので、理論的には、検挙されれば確実に刑事事件に発展し、当事者には刑事罰が課せられることになる。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

ところが、実際には注意や指導で見逃してくれるパターンがほとんどであり、刑事事件として処理されるケースは決して多くはない。

とはいえ、法理論的には上記の通りであるので、自転車を運転する場合には、自動車を運転する以上に緊張感を持って臨まなければならないとも言えるだろう。

自転車で違反・事故を起こすとどうなる!? 罰則・取り締まりは?
先日、自転車を運転していた女性が警察に呼び止められている光景を目にしたのだが、自転車を運転していても...

終わりに

自転車の2人乗りは交通違反であるだけでなく、転倒のリスクもあり大変危険な行為であることを認識しなければならない。

”自転車だから”と言って、軽い気持ちで違反を犯すことがないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク