軽トラックの荷台に人が乗ったら本当に交通違反になるの!?

軽トラ 荷台

荷台に人を乗せて走行している軽トラックを見かけることがあるが、交通違反に問われることはないのだろうか。

場合によってはかなり危険な行為だと思うのだが、違法性の有無は果たして。

スポンサーリンク

乗車積載方法違反

軽トラックの荷台に人を乗せる行為は、やはり道路交通法違反になるようだ。

その根拠となるのは”道路交通法第55条第1項”であるが、以下にその条文を乗せるので目を通してほしい。

(乗車又は積載の方法)

車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第57条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものにあつては、当該貨物を看守するため必要な最少限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。

                     道路交通法第55条第1項より

条文を読んでいただければお分かりかと思うが、乗車のため設備された場所以外、すなわち荷台に人を乗車させての運転は交通違反なのだ。

反則行為名は”乗車積載方法違反”になるのだが、危険を伴う行為であるので、禁止されても当然と言えるだろう。

荷物の監督者

原則として交通違反とされている荷台への乗車だがが、例外として合法とされる場合もある。

道路交通法第55条第1項の条文を読んでいただければわかると思うが、”積載する荷物を監督するために荷台に乗車すること”は許されるのだ。

”積載物を監督するため”と言ってしまえば、何人でも荷台に乗れてしまうようにも思えるのだが・・・。

罰則

乗車積載方法違反に問われた場合の罰則は、以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
乗車積載方法違反 なし 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

特例

”荷物の監督のため”以外にも、特例として荷台に乗ることができるらしい。

(乗車又は積載方法の特例)

貨物自動車の運転者は、出発地警察署長が道路又は交通の状況により支障がないと認めて人員を限って許可したときは、前条第1項の規定にかかわらず、当該許可に係る人員の範囲内で当該貨物自動車の荷台に乗車させて貨物自動車を運転することができる。

                      道路交通法第56条第2項より

この条文を読んでいただければお分かりかと思うが、その車両が出発する地点の警察署長の許可を得れば、荷台に乗員を乗車させても構わないのだ。

神輿を軽トラックの荷台に積み込み、同時に人も乗り込むようなケースがこれに該当すると思われ、実際にその光景を目にするが、しっかりと許可を取っているのだろうか・・・。

終わりに

軽トラックの荷台に人を乗せて走行することは交通違反であることは事実だが、例外や特例により、合法になることも少なくない。

安全という観点からは、もう少し厳しい規則を用いたほうがよいと思うのは私だけだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク