自転車での携帯電話も交通違反!? 検挙されて罰金の可能性も!

自転車

自動車を運転中に携帯電話を使ってはいけないことは皆が知っていると思うが、何と、自転車の運転中であっても交通違反になるらしいのだ。

今回は、自転車を運転中の携帯電話の使用について、投稿してみたい。

スポンサーリンク

公安委員会遵守事項違反

法律上、自転車を運転しながらの携帯電話の使用は、やはり交通違反である。

各都道府県公安委員会は、条例により”交通の安全のために必要とされる事項”を定めることができるのだが、それらの中に自転車を運転中の携帯電話の使用を禁止する規定があるのだ。

これに違反した場合には”公安委員会遵守事項違反”に問われるのだが、これが規定されている”道路交通法第71条第6号”を見てみよう。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

6 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

                        道路交通法第71条より

これに従い、各都道府県が定める条例の中で、自転車を運転中の携帯電話の使用を禁止する旨が規定されているのだ。

例えば、宮城県が定める”宮城県道路交通規則第14条”には以下のようにある。

法第71条第6号の規定により、車両の運転者は、車両を運転するときは、次の各号に掲げる事項を守らねばならない。

3 傘をさし、携帯電話で通話又は操作をし、物を持ち、又はハンドルに掛けるなど視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で自転車を運転しないこと

                    宮城県道路交通規則第14条より

携帯電話の使用のみならず、傘をさしての運転や、物を持っての運転も禁止されていることがわかる。

いずれにせよ、自転車運転中の携帯電話の使用が交通違反であることは明らかだ。

今回は宮城県を例に出して見たが、ほぼ全ての自治体の条例で、これが禁止されているようである。

罰則

自転車の交通違反には点数制度が適用されない。

また、”反則金制度”も設けられておらず、検挙されれば確実に刑事事件に発展してしまうので、くれぐれも注意して欲しい。

公安委員会遵守事項違反:5万円以下の罰金

自動車との違い

運転中 携帯

一言で”運転中の携帯電話の使用の禁止”と言っても、自動車と自転車ではその根拠が異なる。

自動車と原動機付自転車については、”道路交通法第71条第5号”にそれを禁止する旨が規定されている。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らねばならない。

5 自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車などが停止しているときを除き携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又当該自動車などに取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)に表示された画像を注視しないこと。

                    道路交通法第71条より

この条文では、”自動車と原動機付自転車を運転する場合は・・・”とあるので、自転車を運転中の携帯電話の使用については言及していない。

もちろん、すでに確認した通り、自転車を運転中の携帯電話の使用も厳禁である

終わりに

自動車のみならず、自転車を運転中の携帯電話の使用までもが交通違反であることには多少の驚きを感じてしまうが、禁止されるだけの危険性があることも事実だと思う。

”自転車だから”と油断せずに、安全運転を心がけるようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク