車のエアコンは外気導入と内気循環のどちらを使えばいいの!?

エアコン

車の空調システムに、外気導入と内気循環の2つのモードが用意されているのだが、普段はどちらに設定したらよいのか迷うことがある。

そもそもこれらの2つのモードの違いとはどのようなものなのだろうか。

スポンサーリンク

外気導入

その名の通り、外気を車内に取り込むのが外気導入である。

外の空気を取り込むことで、車内の空気を新鮮なものに保つことができる他、窓ガラスが曇らないことが特徴だ。

外の空気がきれいでフレッシュな場合は最高だが、逆に汚れた空気を取り込んでしまうリスクもあることを覚えておかなければならないだろう。

内気循環

こちらは、外気を取り入れず、車内の空気を循環させるモードである。

外部の空気が汚れている場合に、その車内への流入を防ぐことができるというメリットがある一方、窓ガラスが曇りやすいことが問題だ。

外部との空気の流れが遮断されるため、冬には暖房の効果を、夏には冷房の効果を高めるという特徴も持つ。

メーカーの奨励

メーカーは、外気導入を奨励している。

車を購入すると付属する取り扱い説明書には、”普段は外気導入にしてください”と記載されているのだ。

窓ガラスが曇ってしまうと安全運転に支障が生じる以上、メーカーとしても外気導入を奨励したくなるのは当然であるが、必ずしもこれが絶対ではないと思われる。

と言うのも、外の空気がひどく汚れている場合には、それを車内に取り込んでしまうリスクの方が大きいからだ。

使い分け

外気導入と内気循環を上手に使い分けることで、快適なドライブを実現することができる。

私の経験上は、基本的には内気循環に設定し、適切なタイミングで外気を導入するのがベストな方法だと思う。

交通量が多い場所では外気はかなり汚れているし、ものすごい量の黒煙や白煙排出している改造車や大型トラックとすれ違うことも少なくない。

よって、普段は外気の侵入を防ぐために内気循環モードにするが、交通量が少ない場所に差し掛かった場合には、外気を導入し新鮮な空気を取り入れるのだ。

また、内気循環モードにすることで、暖房や冷房が効きやすくなることもメリットである。

窓ガラスが曇った場合も速やかに外気を導しなければならないが、外の空気が汚れているようであれば、内気循環のままでエアコンのスイッチを入れるとよい。

終わりに

車の空調に搭載される2つのモードを適切に使い分けることで、より快適なドライブを楽しむことができる。

みなさんにも是非実践して欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク