給油ランプがついてから何キロ走れる!? 走行距離を計算してみた!

給油ランプ

自動車を運転する人であれば、”うっかり給油するのを忘れ給油ランプが点灯してしまった”という経験をすることもあるだろう。

そこで気になるのだが、ランプが点灯してからどれくらいの距離を走行することができるのだろうか。

スポンサーリンク

点灯のタイミング

給油ランプが点灯するタイミングは、一般的には、”ガソリンの残量が5~10Lになった時点”と言われている。

同時に、”継続走行可能距離が50kmになったタイミングでランプが点灯する”という人もいるようだ。

型車や大排気量エンジンを搭載している高級車など、燃費が悪い車ほど早めにランプが点灯すると言われていることにも注目したい。

走行可能距離が50kmの時点でランプが点灯するとすれば、燃費が10km/Lの車の場合は残量が5L、燃費が5km/Lの車であれば残量10Lがそのタイミングである。

厳密には各車ごとに異なるのだろうが、この”燃料残量5~10L”、”走行可能距離50km”を1つの目安と考えることは間違いではないと思う。

50kmの理由

継続走行可能距離が50kmとなった時点で給油ランプが点灯することには、1つの理由があるようだ。

これは、高速道路を走行している場合を想定したものと考えられる。

高速道路のサービスエリアにあるガソリンスタンドは、約50km間隔で設置されているので、ランプ点灯後も、次のサービスエリアまでは走行することができるようになっているのだ。

 取扱説明書への記載

給油ランプが点灯するタイミングについて、何と、取扱説明書に記載されているケースもあるらしい。

興味半分、我がデミオの説明書を取り出し調べてみると、その通り、記載されているではないか・・・。

その内容は、”燃料タンク内の燃料残量が9L前後になったときに点灯します”とのことである。

このように、ランプが点灯する時点での燃料残量がわかれば、その車の燃費をもとに、継続走行可能距離を算出することができるというわけだ。

デミオの場合

それでは、我がデミオ・ガソリンモデルを運転中に給油ランプが点灯した場合の走行可能距離を算出してみよう。

点灯のタイミングは燃料残量が約9Lの時点、燃費は走行条件によって変化するが、今回は15km/Lと仮定する。

すると、15×9で135、何と、ランプが点灯してから”135km”も走行することが可能なのだ。

しかも、15km/Lというのは最も燃費が悪い場合であり、遠出の場合には25km/Lを記録することすら少なくないのだから、ますます信じ難い・・・。

仮に燃費が25km/Lだとすれば、ランプが点灯してから225kmも走ることができる計算になってしまう。

実際に実験してみる勇気はないが、取扱説明書の記載に誤りでもない限りは、それは正しいと考えられる。

終わりに

近年の自動車では、給油ランプがついてからも結構な距離を走行することができると考えた問題ないようだ。

とはいえ、極端に燃料が少なくては、上り坂等で車が傾斜したときに燃料をエンジンに取り入れることができなくなる可能性もあるので、余裕をもって給油することが大事である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク