車のセキュリティアラームが誤作動する条件とその止め方とは!?

セキュリティアラーム

急に車の盗難防止アラームが鳴り出し、どうしたらよいかわからずに大変な思いをした経験がある人も少なくないと思う。

大きな音が響き厄介なのだが、そもそもどのようなときに作動するのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

近年の自動車には様々な防犯対策が講じられているのだが、今回は、”ドアロックの不正な解除に対する警報装置”がそのテーマだ。

これは、その車にとっての適切な方法以外でドアロックが解錠された場合、クラクションが連続して鳴ることで、その事態を周囲へ知らせるものである。

言い換えれば、”侵入防止アラーム””侵入防止装置”も呼べるかもしれない。

ところが、予期せぬときにこれが動作し、その騒音により周囲に迷惑をかけてしまうケースが少なくないことも事実だ。

よって、どのような条件でこれが動作するのかを知ることは、とても重要なのである。

動作条件

セキュリティアラームが動作するのは以下の場合である。

  • 不正な方法(①スマートエントリー、②リモコン操作、③メカニカルキー以外)で解錠されたとき
  • 車内に残った人が内側から解錠したとき
  • 合鍵で解錠した時

動作条件としてセキュリテアラーム機能が設定されていることが前提となるが、特別な操作は必要ない。

スマートエントリーシステムやキーのボタンを押してドアをロックするだけで設定が完了し、待機モードになることが多い。

この”スマートエントリーシステム”とは、キーを携帯した状態でドアノブを触ったり、車に近付いたりすることでロックが解錠されるシステムをいう。

自動車のスマートエントリーシステムってどんな機能!?
先日、デミオの取扱説明書を読んでいたら、”スマートエントリーシステム”という言葉を目にした。めったに...

不正な解錠

施錠されたドアが、①スマートエントリーシステム、②リモコン操作、③メカニカルキー以外の方法で解錠された場合、セキュリティアラームが動作する。

また、ここでいうリモコン操作とは、キーに付いているボタンを押してロックを解除する仕組みであり、メカニカルキーとは”普通の鍵”のことである。

これら3つの方法は、いずれもユーザーが用いるべき正しいものであり、”それら以外の不正な方法でドアロックがこじ開けられた場合”に防犯装置が動作すると考えてよいだろう。

例えば、”針金のようなものを鍵穴に差し込み不正にロックを解錠しようとした場合”などがこれに該当すると思われる。

こうして考えると、普通に車を利用している限りはアラームが鳴り響くことはないと思うのだが、実は意外な落とし穴があり、”誤作動”してしまうことがあるのだ。

誤作動

これまで述べてきたように、普通に車を利用している限りセキュリティアラームが作動することはないと思うが、予期せぬところでこれが”誤作動”してしまうことがある。

それは、”車内に残った人が車の中からロックを解錠した場合”

これは、”オートアラーム機能が設定されている場合の正しい解錠の仕方以外の方法”と判断されてしまうのである。

”車内に子供が乗っていたが、自身が車を離れたためにドアが施錠され、それを子供が車内から解錠した場合”などがその典型的な例と言えるだろう。

また、車によっては、”合鍵でロックを解錠した場合”にもこれが動作してしまうこともあるようだ。

私のSAIでは大丈夫だったが、以前載っていたダイハツ・ムーブではこれが起こったことを覚えている。

よって、車を購入した直後に合鍵での解錠を行い、セキュリティアラームが動作するかどうかを確認することが望ましいと思う。

停止方法

車 キー

万が一アラームが誤動作してしまっても、停止方法を理解していれば冷静に対処することができる。

これが意外に簡単で、①正規の方法でロックを解錠する②エンジンを始動させるのいずれかを行うだけでよいのだ。

①の正規の方法と言っても、リモコン操作(キーにある解錠ボタンを押すこと)が最も簡単であり合理的だと思うので、アラームがなってしまったら素早く対処しよう。

また、②については、車内に入れないケースでは無効なので注意して欲しい。

セキュリティーアラームの止め方
  • キーにある解錠ボタンを押す 
  • エンジンを始動させる(車内に入れる場合)

終わりに

セキュリティーアラームの誤動作により大変な思いをした経験がある人の中には、これを”余計な機能”と思ってしまう人も少なくないらしいが、全く無駄ではないと思う。

その動作条件と停止方法を理解していれば、防犯対策として有効な味方になってくれることを期待できるのだから、上手に付き合いたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク