車のセキュリティアラームが誤作動する原因とその止め方とは!?

スマートキー

誤作動によるものなのか、車の盗難防止アラームが急に鳴り出し、大変な思いをされた経験をお持ちの方も少なくないと思う。

本当に厄介な話であるが、今回はその原因とアラームの解除方法について投稿するので、是非最後までお読みいただきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

警報システム

近年の自動車は様々な防犯対策システムを有するが、警報システム(セキュリティアラーム)もその1つである。

これは、正規の方法以外でドアロックが解錠された場合、クラクションを連続して鳴らすことで事態を周囲へ知らせる仕組みを言う。

車内への不正な侵入を防ぐことが最大の目的であることから、侵入防止アラームとぶこともできるかもしれない。

ところが、予期せずこれが動作してしまう事例も多々報告されており、トラブルに見舞われた車の所有者は大変な思いをすることに…。

よって、アラームの騒音により周囲に迷惑をかける自体を防ぐためにも、システムが動作する条件をしっかりと理解しておくことが重要と言える。

動作条件

セキュリティアラームが動作するのは以下の場合とされている。

セキュリテアラーム機能がONになっていることが動作条件だが、最近の車はドアをロックするだけで設定が完了する場合が多いので、特別な操作は不要だ。

自動車のセキュリティアラームが動作する条件
  • 不正な方法(①スマートエントリー、②リモコン操作、③メカニカルキー以外)で解錠された場合
  • 車内に残った人が内側から解錠した場合
  • 合鍵で解錠した場合

不正な解錠

施錠されたドアが不正に解錠された場合、当然のことながら警報システムが動作する。

ここで言う”不正な解錠”とは、具体的には①スマートエントリーシステム、②リモコン操作、③メカニカルキー以外の方法による解錠のこと。

自動車のスマートエントリーシステムってどんな機能!?
先日、デミオの取扱説明書を読んでいたら、”スマートエントリーシステム”という言葉を目にした。めったに...

これら3つの方法はいずれもユーザーが用いるべき正しい解錠方法であり、これら以外の方法は全て不正な解錠と見なされることを理解しておきたいところだ。

”鍵穴に針金を差し込みロックを解錠しようとした場合”などがまさにこれに該当する。

いずれにせよ、普通に車を使用している限りでは正規の方法を用いずにドアを解錠する必要など全くないわけだから、過度に心配する必要もないだろう。

内側からの解錠

意図しないセキュリティアラームの動作の原因と考えられるのが、内側からの解錠である。

具体的には、ドアロックを車内に残った人が内側から解除してしまうことを言うが、システムにより正規の解錠ではなく不正な解錠と判断されることが原因のようだ。

車内に子供を残した状態で施錠し車を離れたものの、それを子供が車内から解錠してしまうと言うパターンが典型例だが、安全を考慮しても車内に子供を残すことは避けるべきだと思う。

なお、”正規の方法”とは言うまでもなく、①スマートエントリーシステム、②リモコン操作、③メカニカルキーによる解錠のことである。

合鍵の使用

合鍵を使用して解錠した場合にもセキュリティアラームが動作することがある。

1世代前の車種に多く見られるようだが、以前私が所有していた2007年製のダイハツムーヴでもこれが確認された。

一方、最新の車は合鍵で解錠してもアラームが鳴らないらしく、ムーヴ(2010年製)、SAI、デミオの3車いずれも、合鍵を用いてもシステムが動作しないことを確認している。

解除方法

万が一アラームが誤動作してしまった場合にも、その解除方法を理解していれば冷静に対処することができる。

これが意外に簡単で、正規の方法でロックを解錠するエンジンを始動させるのいずれかを行うだけでよいのだ。

①の正規の方法の中ではリモコン操作(キーにある解錠ボタンを押すこと)が最も簡単でなので、アラームがなってしまったら素早く対処しよう。

また、②のエンジンを始動させる方法を実践しようとも車内に入れないケースでは無効なので注意していただきたい。

セキュリティーアラームの止め方
  • キーにある解錠ボタンを押す 
  • エンジンを始動させる(車内に入れる場合)

終わりに

自動車のセキュリティアラームが誤動作する原因と解除方法をご理解いただけただろうか。

万が一誤動作してしまった場合にも簡単にアラームを解除することができるので、冷静に対処するようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク