ゼブラゾーンの意味とは? 走行したら本当に交通違反!?

ゼブラゾーン

教習所で、”ゼブラゾーンを走行してはいけない”と習った記憶があるのだが、当たり前のようにその中を通行している車を見かける。

ゼブラゾーン中を走行しても、法律上問題ないのだろうか。

スポンサーリンク

導流帯

ゼブラゾーンの正式名称は導流帯らしいが、ゼブラ帯と呼ばれることもあるようだ。

その定義は、”車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所”とされており、右折レーンの手前に設けられることが多いらしい。

直進車が右折レーンへ進入してしまうのことを防止する目的があるようだが、左折レーンの手前でもこれを見かけることがある。

その場所を直進車両に通行させないことで、交通の円滑化を図るものと解釈することもできるかもしれない。

法律上は

以外に思われるかもしれないが、道路交通法において、このゼブラゾーンについての特段の規制がなされている訳ではない。

この部分を通行したからといって交通違反に問われるようなことはないのだ。

右折レーンに進入しようとするとき、後ろからゼブラゾーンを進行してくる車両を見かけるが、その車は交通違反ではないらしい。

”ゼブラゾーンを走行してはいけない”と考えている人は、自らに過失はないと思うかもしれないが、相手方が交通違反をしている訳ではないので事故になれば厄介かもしれない

右折レーンへ進入する際には、後ろのゼブラゾーンを進行してくる車の有無をしっかり確認するようにしよう。

教習所

我が国の教習所では、ゼブラゾーンを通行しないように指導しているようだ。

私のようにゼブラゾーンの中に進入しないように心がけているドライバーが多い理由は、ここにあるものと思われる。

しかしながら、道路交通法に規定されていないことを指導する理由が気になるが、調べてみると意外なことが明らかになった。

何と、”ゼブラゾーンを通行すると白線が消えてしまうから”という理由らしい・・・。

交通事故

ゼブラゾーンを走行中の車が交通事故を起こした場合、過失の割合が大きくなることがあるようだ。

交通違反ではないものの、ゼブラゾーンは本来通行すべき場所ではないと判断されるものと思われる。

しかしながら、7:3が6:4になるくらいの話であり、双方ともに後味の悪い結果になってしまう恐れがあるので、事故そのものを起こさないようにすることが何よりも大切だと思う。

安全地帯との違い

ゼブラゾーンがそれほど神経質になる必要がないものであることが分かったが、安全地帯との区別は非常に重要である。

安全地帯とは、”路面電車に乗降する人や歩行者の安全確保のために設けられた部分で、車両の進入が禁止されているもの”をいう。

厄介なことに、この安全地帯も導流帯同様にゼブラ模様をしているのだ。

よって、導流帯と安全地帯を区別することが必要とされるのだが、以外に簡単な方法で見分けることができる。

安全地帯はゼブラゾーンの周りが黄色のラインで囲まれているので、白線のみが用いられている導流帯と容易に区別することが可能なのだ。

運転中にゼブラ模様を見つけたら、安全地帯なのか導流帯なのかを速やかに判断するようにしよう。

終わりに

以外にも、ゼブラゾーンを通行することは交通違反ではないことが分かったが、だからと言って積極的にそのエリア内に進入してよいという事ではない。

安全の確保のため致し方ない場合を除いては、正規の車線を走行するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク