違反者講習の内容・時間・料金・対象となる点数とは!?

講習

運転免許更新時には更新時講習を受けなければならないのだが、その他にも様々な講習が存在するらしい。

そこで今回は、違反者講習について投稿したいと思う。

スポンサーリンク

違反者講習

違反者講習とは、本来であれば免許の停止処分を受けるべき運転者が、これを受講することによりその処分を免れることができるものである。

より簡単に言えば、違反を繰り返し免許の停止処分の対象者になってしまっても、この講習を受ければ処分がなされないと言うことだ。

免許の停止処分の対象となるのは、反則点数の累積が6点に達した場合であるが、点数制度と免許の停止・取り消し処分の詳細については以下のページを参照して欲しい。

ただし、免許の停止処分の対象となった場合でも、この講習を受けるには一定の条件を満たさなければならないことには注意が必要である。

また、この違反者講習は、免許更新時に運転者が必ず受講しなければならない更新時講習とは異なることも覚えておいて欲しい。

対象者

違反者講習の対象となるのは、免許の停止処分に該当する運転者の中で、以下の条件を満たす者である。

  1. 累積点数が6点
  2. 過去3年以内に免許の停止または違反者講習を受けたことがない
  3. 累積点数の内容が反則点数3点以下の軽微な違反である

30日間の免許停止処分の対象となる点数の累積は6~8点であるが、違反者講習を受講することができるのは6点の場合のみであり、7、8点の累積となった場合はその対象外となる。

また、無車検車運行や30km/h以上50km/h未満の速度超過など、一気に6点が付いてしまう反則行為を行った場合にも受講することができないので注意して欲しい。

さらには、過去3年以内に免許の停止処分を受けている人や既に違反者講習を受講した経験がある者もその対象外である。

受講期限

この違反者講習の対象者となった場合、その通知を受けてから1ヶ月以内にこれを受講する必要がある。

対象者には、違反者講習通知書が送付されるのだが、これが届いてから1ヶ月以内と考えればよいだろう。

内容

交通誘導

違反者講習には、①社会参加活動を含む講習(ボランティア)②社会参加活動を含まない講習(実技講習)の2つが用意されており、いずれかを選択することができる。

社会参加活動とは、具体的には、交通安全チラシの配布や歩行者の通行の誘導、放置された自転車の撤去作業などを行う。

一方の実技講習は、実際に車に乗り込んでの運転技術についての指導を受けることになるが、いずれの場合も座学考査が設けられている。

座学とは、更新時講習と同様、教本やスライドを使っての講義を受けるようだ。

社会参加活動を含む講習(ボランティア) 社会参加活動を含まない講習(実技講習)
  • 歩行者の通行の補助誘導
  • 交通安全チラシの配布・作成
  • 道路清掃等の環境設備
  • 放置自転車の撤去の補助
  • 実車を使っての講習
  • シュミレーターを使っての講習
座学・考査

持ち物

必要な持ち物は、①違反者講習通知書②運転免許証③筆記用具④講習受講料である。

違反者講習に必要な持ち物
  1. 違反者講習通知書
  2. 運転免許証
  3. 筆記用具
  4. 講習受講料

時間

時間

気になる講習時間だが、社会参加活動、実技講習のいずれも6時間とされている。

いずれのコースを選択した場合も3時間半は座学と考査に当てられ、残り2時間半で社会参加活動もしくは実技講習が行われるようだ。

座学・考査 社会参加活動もしくは実技講習
 3時間30分 2時間30分

料金

料金については、社会参加活動が9,950円、実技講習は14,100円だが、いずれも通知手数料を含んだ額である。

ただし、都道府県ごとに若干料金がことなる可能性も否定できないので、詳細は各都道府県公安委員会のホームページ等で確認することが望ましいと思う。

  • 社会参加活動を含む講習(ボランティア):9,950円
  • 社会参加活動を含まない講習(実技講習):14,100円

受講しない場合

違反者講習通知書を受け取ったにも関わらず受講しなかった場合、または、期限内に受講しなかった場合は、通常通り免許の停止処分が下されることになる。

よって、30日間は車を運転することができなくなるし、当事者には前歴が付いてしまい、次回からはより少ない反則点数の累積で再び免許の停止処分が下されることになってしまう。

違反者講習通知書を受け取った人のほぼ全てがこの講習を受講する理由がここにあるのだが、対象となった場合には速やかに講習を受けるのが賢明な判断であると言えるだろう。

終わりに

運転免許について、更新時講習の他に様々な講習制度があることには驚かされるが、この違反者講習制度についても正しく理解して欲しいと思う。

もちろん、交通違反を起こさないことが最も大事なことであるし、安全運転に努めることが何よりも大切であることは言うまでもない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク