農道や農免道路ってどんな道路!? 交通取締りも行われる?

農道

”農面道路”と言う言葉を聞くが、どのような道路のことを指すのかいまいちよくわからない人も少なくないと思う。

さらには、普通の農道との違いも気になるところだが、どのような関係にあるのだろうか。

スポンサーリンク

農道

まずは、”農道”の意味を確認したいが、”農業の用に供するための道路”がその定義である。

そのままと言えばそのままなのだが、主に、土地改良法第2条に基づく土地改良事業によりつくられた道路のことを言うらしい。

この農道は、①都道府県営事業により整備されるものと②その他事業によるものとに分類され、両者をさらに細かく分類したものの中に、農面道路や広域農道が含まれるのだ。

 農道 都道府県営事業によるもの  農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業 農面道路
広域営農団地農道整備事業 広域農道
一般農道整備事業 一般農道
その他事業によるもの ふるさと農道緊急整備事業 ふるさと農道

農免道路

農面道路とは、簡潔に言えば、揮発油税の免除額相当分の財源により整備された農道のことを言う。

私たちが購入しているガソリンには、揮発油税はじめ数種類の税金が課させられているのだが、農業用機械に消費されるガソリンについてはこれが免除されることになっている。

ガソリン代の半分が税金!? 知られざるガソリン税の税率!
先日、自動車には様々な税金が課せられていることを書いたが、さらにガソリンにも多くの税金が課せられてい...

ところが、農業用に使用されるガソリンの量を正確に測ることは困難を極めるために、それに相当するとみなされる額の財源をもとに整備されているのがこの農免道路なのだ。

我々は、農業用に利用するガソリンであっても通常通り揮発油税を納めているが、それらが農業に供する道路の整備という形で農業事業者に還元される仕組みと言ったところか。

とはいえ、農業関係者以外が通行することも構わないことを覚えておいて欲しい。

また、この農面道路が、農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業のもとで整備されていることも理解しておきたいところだ。

広域農道

農道

農村地域に点在する農地を1つのまとまった土地と捉え、その地域の農業産地としての市場力の強化を目的として整備されるのが、この広域農道である。

この事業は各都道府県によって行われ、広域営農団地農道整備事業と呼ばれることも覚えておいて欲しい。

また、広域農道は、都市部との連絡路(バイパス機能)を兼ねることもあり、農村地帯の人々の生活の水準を上げる役割も担うとされている。

一般農道

各都道府県が行う農道整備事業のうち、農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業と広域営農団地農道整備事以外の事業(一般農道整備事業)により整備される道路を一般農道と言う。

ふるさと農道

こちらは、”ふるさと農道緊急整備事業”のもとで整備される農道である。

これは地方単独事業であり、その財源は地方債であるが、各都道府県が行うものと市町村が行うものが存在するようだ。

集落と集落または集落と基幹的公共施設との連絡を目的とされていたが、元来2007年までの措置とされていた経緯がある。

2010年、民主党政権時代に行われた事業仕分けにより見直しの対象とされ、それ以降の新規工事は行われていない。

取締り

結論から言えば、農道でも交通取締りが行われることがある

農道と言えども公道すなわち一般交通の用に供する道であり、これが”道路”に該当することは道路法第2条第1項を見れば明らかだ。

(用語の定義)

この法律において、「道路」とは、一般交通の用に供する道で、次条各号に掲げるものをいい、トンネル、橋、渡船施設、道路用エレベーター等道路と一体になつてその効用を全うする施設又は工作物及び道路の附属物で当該道路に附属して設けられているものを含むものとする。

                        道路法第2条第1項より

よって、農道も道路交通法の適用の対象であり、交通取締りが行われることは至極当然。

”農道だから”と勘違いし、無免許で車を運転すれば無免許運転に問われることになるし、現にスピード違反で捕まったと言う事例も報告されている。

”一般交通の用に供する道”すなわち、”公共一般に広く利用されている場所は道路である”と言う考え方を持つことが、とても大切なのだと思う。

駐車場で交通事故! 警察への連絡はやっぱり必要!?
交通事故を起こしてしまったら場合には、速やかに警察へ連絡しなければならない。では、万が一、駐車場で事...

終わりに

一言で”農道”と言っても、多様な目的、様々な事業により整備されているようだ。

同時に、”農道だから交通ルールは関係無い”と言う考え方が全く根拠の無いものであることもしっかりと理解しておきたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク