本当に狭いのか!? デミオ後席の居住性と乗り心地を調査!

デミオ・後席

人気のマツダ・デミオだが、走りのよさとデザインの素晴らしさが高く評価されている一方で、収納の少なさや後席の狭さが指摘されている。

そこで今回は、後席の居住性と乗り心地について投稿してみたいと思う。

スポンサーリンク

広さ

膝前スペース

確かに、ものすごく広いとは言えない

最近の軽自動車や、居住空間の広さを売りにしているフィットなどと比較すれば、狭いという指摘は間違いないと思う。

しかしながら、狭すぎてどうしようもないと言うほどではなく、身長165cmの私が座った場合、膝前に拳2つ分のスペースは確保されている。

大柄な男性なら窮屈に感じるかもしれないが、私と同じくらいの体格の男性や女性、子供が乗る場合には、全く問題ないだろう。

膝前スペースを広げる方法

デミオ・膝前

デミオの後席の膝前空間を広くする方法があるのだが、それは、前列シートを前に出すことである。

そんなことかと思われるかもしれないが、これが以外と効果的なのだ。

こうすることで、身長165センチの私が座って、膝前に拳が3つ以上入るほどの十分なスペースをつくることが可能。

こうなれば大柄な男性が座っても何とかなるだろうし、3人掛けはともかくとして、2人掛けであれば全く不満はないだろう。

シートを前に出せば、今度は前席の足元が狭くなってしまうのではないかと思うかもしれないが、大した心配には及ばない。

ご存知のように、新型デミオは先代よりもホイールベースが8cm伸びたことにより、前席の足元スペースを広く確保することが可能となったのだ。

運転席に限って言えば、むしろ、体がステアリングに近づくことで安定感が増すため、メリットの方が大きいと言えるくらいである。

これについては説明するよりも実際に乗り込んでいただくことが一番だと思うので、是非ともディーラーに足を運び、試していただきたいと思う。

頭上スペース

デミオ・後席

確かに余裕はないと言える。

身長165センチの私が座って頭上に拳が1つ入る程度で、大柄な男性が座った場合に少々難があることは否定できない。

普通に座っている分には問題ないが、体を動かしたときには、誤って天井に頭をぶつけてしまう可能性があると思う。

ただし、私と同程度の体格の男性や女性、子供が乗車する場合には特に問題はないように思われる。

シートの質感

デミオ・後席シート

シートの質感は最高で、申し分ない仕上がりである。

私が所有するモデルが最上級グレードの”L package”と言うこともあるのだろうが、その質感の高さには驚かされるばかりだ。

このL packageになるとシートカラーに白が使われ、明るい印象を与えてくれるので、女姓にとっても親しみやすいことも好印象である。

単に見た目の質感が素晴らしいだけでなく、シートの弾力性や触り心地も素晴らしくよいので、座っていて疲れにくいことも非常に高く評価できると思う。

乗り心地

路面からの衝撃

デミオ・後席

新型デミオの乗り心地については、硬いと言う評価が多い。

”前列シート優先の車”と評価する自動車評論家もいるくらいなので、私自身、後席の乗り心地についてはそれほど期待できないものと思っていた。

よい意味でこの期待が裏切られたのだが、多少の段差程度であれば、車がその衝撃をうまく処理している。

後席に座っていても、足回りがよく動いていることを実感することができるのだ。

確かに、大きな段差を越える場合や、極端に路面状況が悪い箇所を通過すればそれなりに大きな衝撃が伝わってくることもある。

車全体が跳ねるように感じれることもあり、さすがに大型のセダンに乗っているような安定感には及ばないことは事実だ。

とはいえ、コンパクトカーであることを考えれば十分な出来であると思う。

安心感

デミオ・後席

安心感も高い。

シートの弾力性がよく、座り心地がよいことがプラスに作用していると思われるが、こちらに関しても期待以上であった。

特に驚いたのだが、スピード感をそれほど感じないと言うことだ。

もう1台の愛車であるトヨタSAIはこの点が非常に優れており、スピード感を全く感じないために乗員の安心感が高いのだが、デミオも合格点を出せるレベルだと思う。

さすがにSAIと同等とは言えないが、実際にハンドルを握って運転している時のように、安心して座っていることが可能だ。

一方で、アームレストがない点は残念に思えてならないのだが、これがないと、特に左右への揺れに対し体を安定させることが難しくなることがある。

”コンパクトカーだから”と割り切れないこともないが、せっかくここまでクオリティが高い車に仕上がったのだから、もう少し頑張って欲しかったと言うのが正直なところか・・・。

これについては、時期モデルに期待したいところだ。

静粛性

デミオ・後席

続いては静粛性であるが、この点に関しても十分に合格点が出せるレベルであると思う。

運転している場合と同様、エンジン音はしっかり聞こえてくるが、そのサウンド自体は悪いものではなく、特に不満を感じることはない。

”わずかなエンジン音さえも許せない”と言う人にとっては不満が出るかもしれないが、そこまでの高級車ではないし、十分に許容範囲内と言えるだろう。

一方で、時速90km/hを超えたあたりからの”ロードノイズ””風切り音対策”には少々課題が残ると言わざるを得ない。

普段に比べ明らかに雑音が大きくなり、オーディオの音量を上げることも珍しくないだけに、時期モデルでの改善を期待したいところだ。

終わりに

デミオの後席について細かく見てきたが、総合的に十分に満足できる仕上がりであると思う。

懸念される室内空間の狭さであるが、よほど大柄な人が乗る場合を除いては特に問題はないだろうと言うのが、オーナーとしての私の見解である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク