駐車違反と放置駐車違反の違いとは!? 反則金や点数も違うの?

駐車違反

駐車違反で検挙されている車両を見かけることがあるが、迷惑極まりない行為だし、絶対にやめて欲しいと思う。

ところでその駐車違反だが、実は2種類の駐車違反があることをご存知だろうか。

スポンサーリンク

駐車とは

はじめに、”駐車”の概念を確認しておきたい。

道路交通法における駐車とは、①人待ち、荷待ち、車両の故障などのために継続して停止すること②5分を超える荷物の積み卸しとされている。

以外に思われるかもしれないが、人を待つために停止し続けることも駐車に該当することを理解して欲しい。

よって、”車を路肩に停めて人を待っていたところ駐車違反で反則切符を切られた”というケースもあり得るのだ。

運転席にドライバーが乗っていれば駐車ではなく”停車”になると考えている人も少なくないようだが、残念ながらそれは間違いなのだ。

駐車
  • 人待ち、荷待ち、車両の故障などのために継続して停止すること
  • 5分を超える荷物の積み卸し

駐車禁止場所

駐車違反に言及するには、駐車禁止場所についての知識が必要になることは言うまでもない。

駐車禁止場所はもちろん、駐車も停車の両方が禁止されている駐停車禁止場所についてもしっかりと理解しておきたいところだ。

駐車禁止場所
  • 標識や表示により駐車が禁止されている場所
  • 火災報知機から1m以内の場所
  • 駐車場、車庫などの自動車専用の出入り口から3m以内の場所
  • 道路工事の区域の端から5m以内の場所
  • 消防用機械器具の置き場、消防用防火水槽これらの道路に接する出入り口から5m以内の場所
  • 消火栓、指定消防水利の標識が設けられている位置や消防用防火水槽の取り入れ口から5m以内の場所
駐停車禁止場所
  • 駐停車禁止の標識や表示のある場所
  • 軌道式内
  • 坂の頂上付近や勾配の急な坂
  • トンネル 交差点とその端から5m以内の場所
  • 道路の曲がり角から5m以内の場所
  • 横断歩道、自転車横断帯とその端から前後10m以内の場所
  • 踏切とその端から前後に10m以内場所
  • 安全地帯の左側とその前後10m以内の場所
  • バス、路面電車の停留所の表示板(表示柱)から10m以内の場所(運航中に限る)

駐停車違反

駐車禁止もしくは駐停車禁止場所に車を停めた場合、運転者が直ちに車を移動させることができる状態であれば駐車違反に該当するが、正確な反則行為名は駐停車違反である。

先述のように、車を停止させ人を待っていた場合や5分以上の荷物の積み下ろしを行っていた場合がこれに該当すると考えてよいだろう。

その様子を警察官に発見されれば、すぐに車を移動させるように指示されると同時に、反則切符を切られることになる。

反則金や点数は、その場所が駐車禁止場所なのか駐停車禁止場所なのかによって異なるが、以下の表を参考にして欲しい。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
駐停車違反 駐車禁止場所 1点 12,000円 10,000円 6,000円 6,000円 10万円以下の罰金
駐停車禁止場所 2点 15,000円 12,000円 7,000円 7,000円

  ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

放置駐車違反

運転者がその場を離れるなどして、直ちに車両を動かすことができない状態であれば放置駐車違反に該当する。

例えば、駐車禁止場所もしくは駐停車禁止場所に車を停めてトイレに行った場合や荷物を配達に向かった場合などがこれに該当すると考えてよいだろう。

駐停車違反と放置駐車違反の区別は、車を止めていた時間の長さではなく、発見された時点で運転者が迅速に車両を移動させることができるかどうかによることが重要なポイントだ。

放置車両が発見された場合、警察官により確認標章が取り付けられるが、2006年からは委託を受けた民間の駐車監視員もこれを行うことが可能になったことも覚えておいて欲しい。

自車にこの標証が取り付けられた違反者は、後日、警察署に出頭し処分を受けることになるが、反則金と点数は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
放置駐車違反 駐車禁止場所 2点 21,000円 15,000円 9,000円 9,000円 15万円以下の罰金
駐停車禁止場所 3点 25,000円 18,000円 10,000円 10,000円

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。

最後になるが、運転者が出頭しない場合には車の所有者の責任が問われる

その場合、所有者は放置違反金と言う特殊な制裁金を支払うことになるのだが、詳細は以下のページで確認して欲しい。

放置違反金って何!? その金額と反則金や罰金との違いは?
交通違反や交通事故を起こした場合、反則金や罰金を支払うケースも少なくないが、その他にも放置違反金なる...

終わりに

本投稿を通じて、発見された時点で直ちに車両を移動させることが可能かどうかで、駐停車違反と放置駐車違反が区別されることを確認することができた。

いずれの場合も周囲の交通にとって大きな迷惑になるわけだから、違反になる場所での駐停車は絶対に行わないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク