保管場所法違反とは? 駐車禁止場所じゃなくても法律違反に!?

駐車違反

先日、駐停車違反と放置駐車違反の違いについて投稿したばかりだが、駐車禁止場所以外の場所に車を停めた場合でも交通違反に問われることがあるらしいのだ。

そこで今回は、その保管場所法違反について投稿したいと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、駐停車違反放置駐車違反の概要に触れておく。

駐車禁止場所または駐停車禁止場所に車両を停めた場合、①駐停車違反と②放置駐車違反のいずれかに問われることになる。

違法駐車を発見された時点で、”運転者がすぐに車両を移動させることが可能な場合”は前者、そうでない場合は後者に該当するのだが、詳細は以下のページを参照されたい。

駐車違反と放置駐車違反の違いとは!? 反則金や点数も違うの?
駐車違反で検挙されている車両を見かけることがあるが、迷惑極まりない行為だし、絶対にやめて欲しいと思う...

同時に、本投稿のテーマである保管場所法違反がこれらとはさらに別の反則行為であることを確認しておく。

保管場所法違反

駐停車禁止場所や駐車禁止場所以外の場所に車を停めた場合にも、法律違反に問われることがある。

車の駐車や保管場所について規定している自動車の保管場所の確保等に関する法律第11条を見てみよう。

(保管場所としての道路使用の禁止等)

何人も、道路上の場所を自動車の保管場所として使用してはならない。

2 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。

一  自動車が道路上の同一の場所に引き続き12時間以上駐車することとなるような行為

二  自動車が夜間(日没から日の出までの時間をいう。)に道路上の同一の場所に引き続き8時間以上駐車することになるような行為

3 前2条の規定は、政令で定める特別の用務を遂行するため必要がある場合その他政令で定める場合については、適用しない。

           自動車の保管場所の確保等に関する法律第11条より

非常に読みやすい条文だが、道路を保管場所に使用してはならないことが規定されていることをご理解いただけると思う。

同時に、道路上の同一の場所に日中12時間以上駐車すること、道路上の同一の場所に夜間8時間以上駐車することも禁止されている。

これらに該当する場合には保管場所法違反に問われることになるが、罰則については以下を参照して欲しい。

ちなみに、”保管場所法”とは自動車の保管場所の確保等に関する法律の俗称である。

罰則

保管場所法違反の罰則は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
保管場所法違反 道路使用 3点 適用なし 3ヶ月以下の懲役又は20万円以下の罰金
長時間駐車 2点 20万円以下の罰金

ここで、道路使用長時間駐車の違いを確認しておかなければならないが、道路使用は、日常的に道路を自動車の保管場所として使用した場合に適用される。

一方、日常の保管場所としてではないものの、道路上に12時間以上(夜間は8時間以上)駐車した場合は長時間駐車に該当するらしい。

いずれの場合も、反則金制度が適用されず、当事者は確実に刑事罰を受けることになることが重要なポイントだ。

罰金の金額が反則金よりも高額になることに加え、刑事罰が犯罪を犯した者に課せられるものであり、当事者には前科が付くことを重く受け止めなければならないと思う。

たかが駐車違反と軽く考えることは絶対に許されないのだ。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

駐停車違反との違い

改めて言うまでもないことかもしれないが、駐車禁止場所や駐停車禁止場所に車を停めた場合には、駐停車違反または放置駐車違反に問われることになる。

両者の違いは先述の通りだ。

また、根拠となる法律が道路交通法であり、違反した場合は道路交通法違反に問われることも理解しておきたい。

一方、今回のテーマである保管場所法違反は、駐車禁止場所や駐停車禁止場所でない場所でも適用される。

また、その根拠となる法律が、”自動車の保管場所の確保等に関する法律”であることも大きな違いと言えるだろう。

終わりに

その罰則を見ても、道路を駐車場替わりに使用することが極めて悪質な行為であることがわかると思う。

たかが駐車違反、たかが交通違反と軽く考えることは決して許されないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク