車検証の不携帯は法律違反! 運転に必要なのは免許証だけじゃない!?

検査標章

運転する際に免許証を携帯しなければならないことは誰もがご存じと思うが、他にも必ず携帯しなければならないものがある。

車検証もその1つだが、不携帯の場合は法律違反に問われるのだ。

スポンサーリンク

法律違反

車検証の不携帯は法律違反である。

ところが、いつものように”道路交通法違反”ではなく、”道路運送車両法”に違反することになるのだ。

道路運送車両法第66条第1項には、以下のようにある。

(自動車検査証の備付け等)

自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

                   道路運送車両法第66条第1項より

運転の際には、①車検証を携帯すること②検査標章を表示することが義務付けられていることをご理解いただけると思う。

検査標章とは、車検を受け、その車両が保安基準に適合すると認められた場合に交付されるもので、シールのような形をしているものである。

皆さんの車の窓に必ず貼ってあるので、確認していただければと思う。

罰則

車検証を不携帯で車を運転した場合の罰則は、50万円以下の罰金である。

反則金や反則点数は適用されず、検挙された場合は確実に刑事罰を受けることになることを覚えておかなければならない。

ちなみに、検査標章を取り付けていない場合も、これと同じ罰則が適用される。

取り締まり

気になる取り締まりの状況だが、検問等で車検証の不携帯が明らかになった場合でも、車検に合格していることが確認できれば注意のみで済む場合が多いらしい。

極端な言い方をすれば、”見逃してくれる”ようだ。

とは言え、本来は法律違反である以上、実際に検挙されても何ら不思議はないわけだし、運転者の義務でもあるわけだから必ず携帯するようにしよう。

自賠責保険証明書

車検証同様、自賠責保険証明証も携帯する義務がある。

これが規定されているのは、自動車損害賠償保障法第8条だが、以下に条文を載せるので確認して欲しい。

(自動車損害賠償責任保険証名書の備付)

自動車は、自動車損害賠償責任保険証名書(前条第2項の規定により変更についての記入を受けなければならないものにあつては、その記入を受けた自動車損害賠償責任保険証明書。次条において同じ。)を備え付けなければ、運行の用に供してはならない。

                   自動車損害賠償保障法第8条より

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)への加入が義務付けられていることはもちろんだが、その証明書の携帯も運転者の義務であることがわかる。

これに違反した場合の罰則が、30万円以下の罰金であることも覚えておきたいいところだ。

終わりに

免許証以外にも携帯しなければならない書類が多くあることをご理解いただけただろうか。

車を運転する際には、免許証、車検証、自賠責保険の証明証を携帯することを、決して忘れないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク