車酔いの原因・症状・対策とは!? 酔い止め薬に効果はあるの?

車酔い

私は車酔いとは無縁の体質のようだが、これに悩まされる人も多いと聞く。

そこで今回は、車酔いの原因や症状、対策について投稿してみようと思うが、是非とも最後まで読んで欲しい。

スポンサーリンク

原因

車酔いの原因は、加減速や横揺れにより、三半規管が刺激されることにあるらしい。

三半規管といえば平衡感覚を司る器官であるが、車酔いを説明するためにここまでの医学的な領域に踏み込むことになるとは驚きだ。

揺れを感じることに加え、シートに座っているにも関わらず景色が高速で移動しているように見えてしまうこと(感覚のズレ)により、自律神経が失調した状態になってしまうらしい。

また、車特有のレザーシートの匂いや芳香剤の香りが酔いを誘発することもあるようだ。

車酔いの原因
  • 睡眠不足
  • 過度の空腹や満腹
  • 乱暴な運転
  • 疲労
  • 車内の匂い

体調による影響

体調の良し悪しが車酔いに与える影響もあるようだ。

睡眠不足、過度の空腹、疲労などが車酔いを誘発する可能性もあり、普段は酔わない人がよってしまうこともあるらしい。

やはり、何事にも体調を整えることが一番と言うことか。

症状

車酔いの症状は、吐き気、生唾が出る、冷や汗が出るなど様々だが、やはり吐き気が最も代表的なものと言える。

学校の遠足等で、”エチケット袋”なるものを用意するように言われる理由もここにあるのだ。

予防法

運転

車酔いを予防する方法としては、十分な睡眠をとる、過食や空腹を避けることなどがある。

車酔いに限らず、体調管理の基本とも言えることであるが、精神的にリラックスすることも大切だ。

その意味では、同乗者と楽しく会話することや、好きな音楽を聴くことも極めて有効である。

また、風通しを良くすることも大切で、高速道路を走行する場合を除いては、窓を開けておくのが望ましい。

車酔いの予防法
  • 睡眠を十分に取る
  • 空腹、過食を避ける
  • 風通しをよくする
  • 同乗者と会話する
  • 酔い止め薬を飲む

酔い止め

車酔いを防止する方法として、酔い止め薬を飲むことも有効だ。

最近の酔い止め薬には、吐き気の原因となる”ヒスタミン”と言う物質の作用を抑制する成分が入っている他、自律神経の興奮自体を抑える成分も入っている。

よって、一定の効果が期待できることに間違いはないと思うが、体調が悪ければその効果も半減してしまう。

薬に頼り切るのではなく、身近な対策から確実に行うことが大切なのだ。

なお、酔いの症状が現れてから薬を飲んでも効果は期待できないので、車に乗る1時間、少なくとも30分前には服用しておくようにしよう。

酔い止め薬の例
  • トラベルミン
  • センパア液
  • エアミット

運転の改善

ドライバーの運転が車酔いに与える影響も少なくない。

急発進や急加速、急なブレーキ操作は車や体の揺れ具合を増大させ、車酔いを誘発してしまうのだ。

そればかりか、乗員に不安感を与え、精神的のバランスを崩してしまうことも懸念される

常に優しい運転、エコ運転を心がけている運転者であれば全く心配はいらないが、走ることが好きな人や若者の運転には少々難がある場合が多い。

ドライバーにとっては、同乗者がいる場合には普段よりも丁寧な運転を心がけることが必須と言えるだろう。

酔ってしまった場合

実際に酔ってしまった場合の対策としては、車から降りてしまうことが一番だ。

車を止める駐車場があり休憩することができればベストだが、外の空気を吸い込み、リフレッシュすることで症状が緩和されることもある。

景色の良い場所で休憩することができれば、それを見ながら精神的にリラックスるすることもできるので、お勧めできる方法だと思う。

また、自身で車を運転することもよいと思う。

車が自らの体と異なる動きをすることが車酔いの1つの原因であるのだから、自身で車を操ることで、その動きのズレを解消することができるはずだ。

運転者が酔い難い理由がここにあると思われるが、極めて効果的な方法だと言えるだろう。

終わりに

車酔いで不快な思いをしないためにも事前にしっかりとした準備をすることが大切だ。

万が一酔ってしまった場合にも、適切に対処することで、症状が改善するようにしたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク