ガソリンを入れすぎて溢れてしまった場合の正しい対処法とは!?

給油

自宅で給油する際、満タンまで給油しようとするあまりガソリンを入れ過ぎてしまい、給油口から溢れてしまった経験を持つ人もいると思う。

その場合はどのように対処したらよいのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、ガソリンが給油口から溢れてしまう可能性について確認しておきたいと思うが、私たちが普通にガソリンスタンドで給油する場合にこれを心配する必要はない

ご存知の通り、給油ノズルにはセンサーが付いており、給油タンクにあるガソリンの量が満タンに近付いた時点で自動的に給油が終了する仕組みになっているからだ。

ところが、給油タンクに一定の余裕がある段階でこのオートストップ機能が動作するため、これを知っている人がそこからさらに給油を続けるケースもある。

その場合は、ノズルを持ち上げ、センサーが機能しないようにしながら少しづつ注ぎ足していくことになるが、加減を誤れば給油口からガソリンが溢れ出てしまうのだ。

また、ストックしたガソリンを自宅で給油する際に手動ポンプを用いるのであれば、やはり、操作次第でガソリンが溢れ出てしまう可能性がある。

溢れた場合

ガソリンが給油口から溢れてしまった場合には、給油口周辺のボディやタイヤにガソリンが付着する確率が高い。

これを放置した場合、塗装がダメージを受けてしまう可能性があるので、できるだけ速やかに付着したガソリンを洗い流す必要がある。

現場が自宅であればまずは水でガソリンを洗い流し、中性洗剤やカーシャーンプーでボディでボディを洗えば大丈夫だ。

最大の問題はガソリンの臭いであるが、こればかりはすぐに取り除くことは困難である。

洗剤を付けて水で洗い流す作業を2~3回繰り返しても、必ずと言ってよいほど臭いが残ってしまう。

ただし、付着したガソリン自体は落ちており、時間の経過とともに匂いも消えるので過度な心配は無用だ。

可能であれば、給油口の周辺のクリーニングも行うとよい。

給油キャップが確実に閉まっていることを確認した後、スポンジなどに中性洗剤を付けて丁寧に給油口周りを掃除するのだ。

給油キャップが閉まっていれば水が入る心配はないが、洗剤を洗い流す際には静かに水をかけるようにしよう。

普段の備え

万が一ガソリンスタンドでの給油でガソリンが溢れてしまった場合のために、普段から適切な備えをしておくことが望ましい。

備えといっても特別なことはなく、車に軍手タオルなどを積んでおくとよい。

軍手があれば手に汚れが付きにくいし、タオルや雑巾があれば、給油口の周辺やボディに付着してしまったガソリンを拭き取ることができる。

その後、それらを車内に直接置くことは好ましくないので、ゴミ袋や新聞紙も搭載しておくことが望ましい。

とりあえずの応急措置をした後、自宅でしっかりと洗浄すればよいのだ。

危険性

給油口ギリギリまでガソリンを入れることは危険だとする意見もあるが、私の経験から言えば何か不具合が発生したことはない。

もちろん、ギリギリを狙いすぎてガソリンが溢れ、クリーニングに余計な手間がかかったことは何度となくあるが・・・。

給油キャップをしっかり締めればガソリンが漏れ出すこともないだろうし、それほど問題はないと思う。

しかしながら、車の取り扱い説明書にもオートストップ後の継ぎ足しを止めるように記載されている。

何よりも、一度ガソリンが溢れてしまえばその後の処理が厄介だし、ボディに付着したガソリンに引火する危険性がゼロとは言えない。

よって、オートストップしたら素直に給油を終了する方がよいだろう。

終わりに

つい欲張って給油口ギリギリまで燃料を入れたくなる気持ちはあるが、ガソリンが溢れてしまうと非常に厄介だ。

オートストップしたら給油を終えることが一番だが、万が一の場合は上記の方法で的確に対処するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク