道路が冠水! 車が走行できるのは水深何センチまで!?

冠水

台風はじめ、秋雨による豪雨が心配される季節が近付いてきたが、道路の冠水も非常に厄介な問題である。

そこで今回は、冠水路を走行する場合に走行可能な水深について考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

20センチ

結論から言えば、水深が20センチに達した場合はアウトと考えてよいと思う。

と言うのも、水深が2センチに達すると、マフラーやフロントグリルに水が流入する確率が高くなるのだ。

エンジンに直接水が入れば致命的なことはもちろんだが、マフラーに流入した水がエンジンに達してしまう可能性があることを覚えておいて欲しい。

また、ラジエーターがダメージを受けてしまう恐れがあるため、フロントグリルの隙間から水が流入することも回避する必要がある。

地上からマフラーまでの高さを測定すると、デミオ、SAIともに約30センチで、地上からフロントグリルの隙間までの高さは、両車ともに約25センチだった。

実際に冠水路を走行すれば水を巻き上げてしまうため、フロントグリルにぶつかる水のた高さは、実際の水深以上になる。

よって、どう頑張っても水深20センチが限度と言わざるを得ないのだ。

走行は可能

この20センチの高さであれば、走行自体は可能なケースがほとんどだ。

皆さんも、これくらいの深さまで冠水した道路を水しぶきを上げながら走り抜ける車を目撃したことがあると思う。

この程度の水深であればエンジンに大量の水が流入する可能性も少ないので、エンジンが停止してしまうことも考え難い。

しかしながら、その場で何事も起こらなかったとしても、以後不具合が生じる蓋然性が高まることは確実と考えた方がよい。

さらに、一般的な乗用車の床の地上高が約30センチであることも覚えておく必要がある。

水深20センチであれば、車輪による水の巻き上げにより車内に水が入ってくる確率が高いわけで、後々厄介なことになることは間違いない。

よって、”水深が20センチに達した時点で走行を避けるべき”という結論に達するのだ。

車高が高い車

SUVタイプの車など車高が高い車の場合は、当然のことながら、一般的な車よりも冠水の影響を受け難い。

トヨタのランドクルーザーやスズキのジムニーなど、渡河やオフロードの走行を前提につくられた車であれば、なおさらのこと。

少なくとも、水深20センチちょうどくらいでは全く問題ないかもしれない。

マフラーやフロントグリルから水が入る確率も少ないし、室内への水の流入の心配もないように思われる。

冠水しやすい低い土地にお住いの方は、いざという時のことを考えて、地上高の高い車を選択することが望ましいとも言えるだろう。

60センチ

水深が60センチに達した場合、SUVなど車高が高い車でも完全にお手上げのようだ。

この水深では、マフラーはおろか、直接エンジンに大量の水が流れ込んでしまい、エンジンが停止してしまう。

よって、途中で車が動かなくなることは確実

冠水路に正確な水深を把握することは困難で、深みにはまり身動きが取れなくなれば非常に危険なことは言うまでもない。

エンジンが壊れるくらいならまだマシだが、最悪の場合、人命に関わるような事態になりかねないのだ。

以上のことからも、冠水路が予想される場合には、運転を避けることが望ましいと思う。

以下に、JAFが行った水深60センチでの走行実験の動画を載せるので、是非とも参考にして欲しいと思う。

終わりに

エンジンやラジエーター始め車が受けるダメージを考慮すれば、一般の車が走行可能な水深はやはり20センチが限界と考えれらる。

冠水が予想される場合にはその場を避け、無理に通行しないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク