純正ホイールを交換! 車を下取りに出す時の査定への影響は!?

ホイール

破損などが原因で純正ホイールを交換することもあるかと思うが、その場合、車を下取りに出す時の査定に影響するのだろうか。

今回は、車の査定額と純正ホイールの関係について投稿したいと思う。

スポンサーリンク

デメリット

純正ホイールを交換した場合、基本的には、大きなデメリットはないと考えてよいようだ。

先日、身内のヴィッツのタイヤがパンクしタイヤを交換することになったのだが、純正のスチールホイールも古くなったこともあり、まとめて新調することに。

その際、純正ホイールを処分した場合の影響についてトヨタのディーラーへ問い合わせたところ、影響なしとの答えが返って来た。

これにより、下取り額が下がるようなことはないとのこと。

しかしながら、100パーセント影響がないとは言えないようで、稀に、純正ホイールがないことによるマイナスを被るケースもあるようだ。

例えば、新車購入後間もなくその車を売却するケースや、純正ホイールが非常に高価なものである場合がこれに該当する。

純正ホイールにコストがかかっていなければ、その逆もあると言うことだが。

メリット

純正ホイールから社外品へ交換している場合、逆にメリットになる可能性もある。

交換したホイールが新しかったり、有名ブランド製品ともなれば、逆に査定額のアップを期待できることは想像に難くないと思う。

価格が数十万にも達する高額ホイールを装着していれば、大幅な下取り額アップも夢ではないはずだ。

もちろん、実際には次の車にも履かせことが多いだろうから、そのようなケースは少ないとは思うが・・・。

タイヤの状態

ホイール以外にも、査定に影響する要素は多い。

例えばタイヤの状態だが、消耗の度合いが少なく溝も十分に残っている場合は、多少の査定額アップの可能性があるようだ。

処分

交換した後の純正ホイールの処分だが、劣化やダメージが激しい場合は、交換と同時にタイヤショップなどで処分してもらうのがよいと思う。

まだ使える状態であれば、オークション等で処分することも可能。

しかしながら、純正品の場合、一部の高級車に付いていたものでもなければ高額で買い取ってもらえる確率は高くないはず。

そこで、そのまま保管し、車を下取りに出す時に一緒に差し出すのも1つの手である。

特に、ディーラーへ下取りに出す場合には、多少の査定額のアップにつながる可能性もあるので、面倒でなければ保管しておいても損にはならないはずだ。

終わりに

基本的には、純正ホイールを交換することで車の価値が下がるようなことはないようだ。

しかしながら、納得できる額で買取ってもらえる場合を除いては、車を交換する時まで保管しておいた方がよいかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク