立体駐車場の高さ制限の平均は何センチ!? ミニバンでも大丈夫?

立体駐車場

ショッピングモールなどの立体駐車場には高さ制限が設けられているが、今回は、その高さの基準について投稿してみたい。

最近は全高が非常に高い車もあるが、制限をクリアすることはできるのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、立体駐車場の高さ制限に明確な統一基準が存在しないことを確認しておきたい。

これについて法律で定められているわけでもないようで、言い換えれば、それぞれの駐車場ごとに任意の高さを設定することが可能なのだ。

とは言え、平均すれば、それぞれの駐車場タイプごとに大体同じ高さになるようなので、以下で詳しく見て行きたい。

自走式

場内を自分で運転して移動するタイプの駐車場を、自走式駐車場と呼ぶ。

大型ショッピングモールやゲームセンターなどの立体駐車場はこのタイプが多く、スロープ を通り各階を行き来するのが特徴だ。

このタイプの立体駐車場の場合、”2~2.5m”の高さ制限を設けているところが多い。

よって、普通の自家用車であれば全く問題なく、アルファードのような大型ミニバンでも十分に基準をクリアすることができる。

バスやダンプカーなどの大型車でもなければ、高さを心配する必要はないだろう。

年式が古い場合

年式が古い立体駐車場では、高さ制限がより低くなるケースがある。

その場合、一般的な2.~2.5mではなく、”1,790mm”の高さ制限が設けられていることが多いようだ。

自走式の立体駐車場はショッピングセンター等の建物と連結していることが多く、その建物が古い場合は、駐車場の高さ制限も低い可能性があると言えるだろう。

この高さになると、ミニバンやダイハツのウェイクではゲートを通過することができず、背の高い軽自動車やSUV車でも利用が困難になる可能性がある。

ゲートには必ず高さ制限が記載してあるはずなので、確認を怠らないようにしよう。

機械式

車が自ら駐車場内を移動するのではなく、機械により自動で車が運ばれる方式を機械式と呼ぶ。

このタイプの駐車場では、”1,550mm”の高さ制限を設けているところが多い。

1,550mmとなると、ミニバンはもちろん、キューブやbBなど少々高さのあるコンパクトカーでも入庫ができない計算だ。

さらに、全高が高い傾向にある最近の軽自動車のほとんどは基準をクリアできない

このような事情を考慮すれば、このタイプの駐車場を利用することが可能なのは、セダンと、デミオのような全高が低めのコンパクトカーに限られると思う。

もちろん、機械式でも高さ制限が約2,000mmの場合もあるが、その数は決して多くないのが現状なのだ。

車幅制限

機械式の場合、高さのみならず、車幅制限が設けられていることにも注意が必要。

と言うのも、機械式駐車場では、エレベーターに車を乗せて各階を行き来することが少なくないのだ。

その車幅制限だが、”1,850mm”のところがほとんどで、普通車での利用はかなり厳しい。

例えば、クラウンの全幅は1,800mmなので、片側は2.5cmしか余裕がなく、一歩間違えれば枠にぶつけてしまう。

もちろん、クラウンよりも大きなカムリやフーガ、アルファードなどは完全にアウトだ。

こうして考えても、機械式駐車場を安全に利用することができるのは、コンパクトカーまでと言えるのではないだろうか。

終わりに

何かと便利なことも多い立体駐車場だが、車の大きさにより利用不可能なケースがあることを覚えておく必要があると思う。

安全のためにも、普段は平面駐車場を利用するのがよいかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク