新型デミオの数少ない弱点とは!? オーナー目線で徹底解説!

デミオ 弱点

私が所有するマツダデミオだが、非常に出来がよい車なので、ついついよいことばかり書いてしまう。

そこで、今回は、少ないながらも存在するデミオの弱点をオーナー目線で投稿する。

スポンサーリンク

収納

これはディーゼルモデル、ガソリンモデル共通の問題であるが、収納スペースの少なさは致命的な弱点と言えると思う。

ラゲッジに関しては、実用性も十分で文句はないのだが、室内の収納スペースが少ない。

いや、少ないと言うかほとんどないのだ。

他の車同様、助手席側ダッシュボード下には収納ボックスがあるものの、それ以外の大きな収納スペースは見当たらない。

さらに、後席にはカップホルダーすらないので、ドリンクの置き場に困ることになる。

さらに、最近の軽自動車のようにティッシュボックスが収納できる仕掛けがあったり、シートの下に広大な収納スペースが隠されていると言った実用性は全くないのだ。

カップホルダーの位置

デミオ・カップホルダー

前席にはカップホルダーが付いているのだが、その位置があまりにも後ろにあり、少々不便に感じてしまう。

新型デミオは、運転席の足元を広く使えるように設計されており、シートを前に出しても足元は全く窮屈にならない。

よって、”ステアリングに体を近付けつつも足元にはゆとりがある”と言う理想的な運転姿勢をとることができるようになっているのだ。

ここまでは素晴らしいのだが、シートを前に出してしまうとカップホルダーの位置があまりにも後ろになり、ドリンクを取り出しにくい。

ドリンクを出し入れするにはかなり体を捻らなければならず、結構な負担だ。

この点は要改善だと思う。

室内空間

頭上スペース

デミオ・室内

頭上のスペースが狭いと言うことも大きな弱点だが、頭と天井の間には、ほとんどスペースがない。

身長165cmの私が座って拳1つがようやく入るくらいで、少し体勢を変えた途端に天井に頭がぶつかることもある。

クッションを使用したりすれば、さらに狭くなってしまうことは言うまでもない。

後席足元の凸

デミオ後席 足元

後席の足元がフラットではないこともマイナスポイントであり、これがあるため、後席真ん中に座る人の快適性が損なわれるのだ。

コンパクトカーの場合、後席は2人掛けが基本で、真ん中を使うのは非常事態という前提があるとは言え残念だ。

何よりも納得できないのは、駆動方式がFF(前輪駆動)であるにもかかわらず、なぜこの出っ張りがあるのかということだ。

後輪を駆動させるためのシャフトを通す必要がある、FR(後輪駆動)もしくは4WDであるならば納得できるのだが・・・。

せめてFFモデルだけでも何とかならなかったものかと残念に思ってしまう。

スイッチランプ

パワーウィンドウスイッチ

パワーウィンドウやドアミラーを収納するスイッチにランプが付いていないことも、少々不便である。

夜間でもそれらのスイッチが光ることがないのだ。

駐車時には毎回ドアミラーを収納をするのだが、夜間だと、そのスイッチを見つけることが困難な場合がある。

慣れてしまえばスイッチの位置を把握することが可能だが、初めのうちは苦労する可能性を否定できない。

細かなことではあるが、軽自動車にも付いているような機能だけに、少々残念に思える。

アームレストの不備

コンパクトカーであることを考えれば仕方がないことかもしれないが、この点も残念に思う。

後席のアームレストかあるのとないのでは、後席の乗り心地が全く異なり、体が左右に振られやすくなることは否定できない。

デミオは後席の乗り心地も決して悪いわけではなく、コンパクトカーとしては十分によくやっていると言えるレベルなだけに、”惜しい”と思えてしまうのだ。

ガラスの曇り

他の車でもこうなのかもしれないが、窓が曇りやすい

私の勘違いかもしれないが、以前乗っていたダイハツのムーヴ・カスタムと、現在も所有しているトヨタSAIと比較しても明らかに曇りやすいように思える。

空調の設定を”外気導入”にするか、エアコンを起動させればよいことではあるが、特に後者の場合は燃料の消費に影響するのでできれば避けたいところだ。

エンジンノイズ(ディーゼル)

デミオ・ディーゼルモデルの弱点としては、やはり、ディーゼル特有のエンジンノイズだ。

わが国では、”ガラガラ”とした独特の音を嫌い、ディーゼルエンジンを敬遠してきた人も少なくないことはご周知の通り。

マツダのクリーンディーゼルエンジンは従来のディーゼルエンジンと比べ、排ガス量も圧倒的に少なくなっているし、エンジンノイズも驚くほど小さくなっている。

とはいえ、アイドリングストップからエンジンが再始動する場合に限ってはそのガラガラ音が気になってしまう。

速度が出ていない段階なので、ロードノイズもなく、エンジン音が目立ってしまうのだ。

終わりに

今回は、デミオの弱点について述べてきたが、購入を検討している人には是非とも参考にしていただきたいと思う。

私のレビューを参考にしていただければこれ以上に嬉しいことはないのだが、実物を見るに優ることはない。

実際にディーラーへ足を運んでいただくのがベストであるが、弱点よりも圧倒的に多くの優れた点を見つけることになるのではないかとも思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク