洗車の頻度はどれくらいがベスト? やりすぎにも注意が必要!?

洗車

大切な愛車を綺麗に保つためには洗車が欠かせないが、今回は、その頻度について投稿したいと思う。

どれくらいの頻度での洗車がベストなのだろうか。

スポンサーリンク

一般は

はじめに、一般的な洗車の頻度を確認しておきたい。

”carmuse”さんが行ったアンケート結果によれば、”1ヶ月に1度の”と言う回答が最も多かったようだ。

結果の詳細は以下の通り。

ほぼ毎日 1週間に数回 1週間に1度 2~3週間に1度 1ヶ月に1度 2ヶ月に1度 3ヶ月に1度 4ヶ月に1度
1.0% 3.0% 6.0% 13.0% 24.0% 16.0% 14.0% 5.0%
半年に1度 1年に1度 全くしない          
13.0% 4.0% 1.0%          

※ クルマ情報サイト「カーミューズ」さん、”洗車やワックスがけの理想的な頻度とタイミングとは” より

続いて多いのが2ヶ月に1度(16%)で、2~3週間に1度(13%)がそれに続く。

意外なことに、13%の人が”半年に1度”と回答しているし、”全く洗車をしない”と言う人もいるようだ。

こうしてみると、2週間〜2ヶ月に1度のペースで洗車をしていれば、一般的な頻度に該当すると考えてよいと思う。

理想的な頻度

個人的には、新車で購入したクルマであれば、1~2週間に1度のペースで洗車するのがベストだと思う。

1週間もすればホコリなどが付着してしまうし、雨が降るなどの特別なことがなくとも、汚れが目立ち始めるタイミングだからだ。

私の経験上、この頻度での洗車すれば、特にシャンプーなどを使うことなく水洗いのみで車を綺麗にすることもできる

とは言え、普段なかなか時間がない人にとっては簡単なことではないし、洗車代もばかにできない。

そのような場合は、1ヶ月に1度のペースでよいと思う。

やり過ぎにも注意

洗車のやり過ぎにも注意が必要なケースがある。

愛車を綺麗に保ちたいがために、毎日のように洗車をしている人もいるようだが、デメリットの方が多いかもしれない。

具体的に言えば、磨き傷が増えてしまうのだ。

ボディに触れる以上、どんなに柔らかい素材のスポンジやタオルを使用したとしても、磨き傷が付くことを防ぐことは不可能

もちろん、磨き傷は微小なものであり、よほど近付かなければ目立たない程度ものではあるが、ボディカラーが黒や紫の場合は少々事情が異なる。

光の加減などで傷が目立ってしまうことも少なくないので、洗車の仕方はもちろんのこと、その頻度にも注意しなければならないのだ。

ボディが黒や紫、緑などの濃い色の車は、なるべく傷が付き難い素材の洗車道具を使うとともに、頻度も1ヶ月に1度程度に留めた方がよいと思う。

一方、ホワイト系の色は比較的傷が目立ちにくいので、過度に心配する必要はないだろう。

その他

定期的には、1~2週間ないし1ヶ月に1度の洗車で問題ないと思うが、その他にも早急に洗車すべきタイミングがある。

例えば、雨の中を走行した後や②鳥の糞が付着した場合、③融雪剤が撒かれた道路を走行した場合などは、速やかに洗車することが望ましい。

雨に打たれたまま放置すると雨染みができる恐れがあるし、虫や鳥の糞なども塗装を痛めることがあるからだ。

中でも特に厄介なのは、花粉であり、花粉が付着した状態で雨に打たれるのは最悪のパターンと言える。

車に付いた花粉や黄砂を放置してはいけない理由とその落とし方とは?
春先と言えば花粉や黄砂が大量に飛散する季節であるが、これが車に付着し、それを放置してしまうと非常...

水分を得ることで花粉の中の成分が染み出してしまうのだが、これが塗装に決定的なダメージを与える可能性があるのだ。

3~5月の間は、洗車の頻度を多くするともに、雨に打たれた場合にはなるべく早く洗車するようにしよう。

また、洗車料金による経済的負担を考えても、自分で洗車できるようにしたいところだ。

すぐに洗車すべき場合
  • 雨天走行後(花粉が飛散する時期は特に要注意)
  • 鳥の糞や虫の死骸が付着した場合
  • 融雪剤の上を走行した場合
  • 海水の上を走行した場合

終わりに

大切なクルマを綺麗にしておくためにも、適切な頻度での洗車が欠かせない。

1~2週間から1ヶ月に1度の洗車を基本としながらも、雨に打たれたり、虫の死骸が付いてしまった場合には、その都度洗車するのがよいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク