車検を受けられる場所は色々ある!? ベストな選択はどれ?

車検

最近では、ディーラーや整備工場以外にも様々なところで車検を受けることができるらしい。

今回は、車検サービスを行なう業種を紹介するとともに、どこを利用するのがベストなのか、考えてみたいと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、車検制度の概要を確認しておきたい。

ごく簡潔に説明するが、日本では、車検を受け、その検査に合格した車でなければ公道を走ることが禁止されている。

新車が登録される前に新規検査を受けた車両は、その3年後に継続検査を受ける必要があり、その後は2年毎に継続検査を受けなければならない。

ちなみに、一般に車検と呼ばれるのはこの継続検査のことを言う

車検を受けるには、①ディーラーや整備工場などの業者に任せる方法と②自分で検査場へ車を運んで検査を受ける方法がある。

②については、不合格となった場合には問題点を改善しなければならず、いずれにせよ一般人が多なうことは難しい。

よって、結局業者へ整備を依頼することに・・・。

①については、検査そのものを代行することに加え、それに合格するための点検と整備が一体となったサービスと言える。

また、業者の中には指定工場に認定されているところもあり、その場合は、車検場へ車を運ぶことなく、その店舗や工場で検査を行うことが可能。

ほとんどの人が①を選択する理由がここにあるのだ。

指定工場と認定工場の違いとは!? 車検と整備工場の関係を知ろう!
皆さんの街にも、ディーラーはじめ多くの自動車整備工場が存在すると思うが、それらが指定工場と認証工...

業種

車検を受けることができる場所として、①ディーラー、②整備工場、③カー用品店、④ガソリンスタンド、⑤車検専門店、⑥車検代行店がある。

詳細は以下で確認したい。

車検を受けることができる場所
  • ディーラー
  • 整備工場
  • カー用品店
  • ガソリンスタンド
  • 車検専門店
  • 車検代行店

ディーラー

最も確実とも言えるのが、ディーラーへ車検を受ける方法だ。

自身がその店から車を購入してい場合は、愛車の維持・整備の一環として車検も行ってくれると考えればよいと思う。

定期的な点検を受けていれば車検前に整備を直す必要もないだろうし、車検の時期が近付けば連絡も来る。

極端な話、全て任せておけばよいと言うことすら可能だ。

新車購入時には、複数回の定期点検と車検料金を込みにしたサービスパックを購入することもできるので、面倒なこともないはず。

そして何よりも大きなメリットは、整備士が高度な専門知識を持ち合わせていること。

最近は、ハイブリッド車の登場や自動車全体のハイテク化の影響で、整備に高度な知識と技術を要することも少なくないが、ディーラーであれば安心だ。

やはり、自車のメーカーと同じブランドのディーラーへ車検に出すのが最も確実な方法であると思われる。

整備工場

自動車整備工場

町の整備工場で車検を受けることもできるが、”◯◯モーター”とか”◯◯整備工場”と言う看板を掲げているところがこれに該当する。

店舗の規模は様々で、2~3人の少人数で経営しているところもあれば、ディーラーに匹敵するほど多くの人員を抱えるところも。

これらの工場には、認証工場と指定工場の2種類があることを覚えておきたい。

前者は、車の点検整備を行う資格を有するが、車検の審査そのものを行うことはできないので、運輸局が管轄する車検場へ車を持ち込み検査を受けることになる。

後者については、車の整備点検はもちろん、車検の審査を行う資格も持つため、点検、整備、検査の全行程を1つの事業所で行うことが可能。

指定工場であれば、整備士の技量も一定水準以上であるはずなので、安心感は高いと思う。

カー用品店

近年では、カー用品店で車検を受けることも可能になった。

ディーラーや整備工場と比較した場合、整備士の知識や技量に不安を感じる人も少なくないと思うが、指定工場に認定されている店舗も存在する

その場合は、安心感も高いし、車検場までの移動もないので時間の短縮も期待できるはず。

この手の業種は、車検代の安さを前面に押し出して顧客の獲得を図ることも少なくないだけに、幾分安く済む可能性もある。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも車検を受けることが可能。

近年では、燃料販売のみでは経営が厳しいと言う事情もあり、車検サービスに力を入れる店舗も多くある。

優秀な技能を持つ整備士がいる店舗もあるようだし、指定工場に認定されているところも存在するようだ。

ただし、整備士の腕については、店舗ごとにばらつきがあることも

よって、ガソリンスタンドでの車検を検討される方は、事前にその店舗が指定工場なのかどうかを確認することが望ましいと思う。

車検専門店

車検専門店と呼ばれるところで車検を受ける人も少なくない。

車検専門店とは、その名の通り車検サービスを専門とする店舗を言うのだが、民間の整備工場がフランチャイズ化するケースも。

修理などの整備業務よりも車検サービスに重点を置く店舗もあれば、整備工場としては経営が難しいなどの理由で、完全に車検業務へシフトしたところもあるようだ。

車検専門店を名乗るだけあり、料金の安さと、作業時間の短さがセールスポイント。

よって、コストをかけずに車検を通すことこそが最大の目標なのであり、ギリギリであっても審査に合格しさえすればよいと言うスタンスのところが多いらしい

そのため、必要最小限の点検や整備しか行わない傾向にあり、指定工場に認定され自社で審査を行う場合には、基準が甘くなることもあると言われている。

もちろん、指定工場の認定されている以上、一定の基準で審査が行われるとは思うが・・・。

代行店

車検代行店と呼ばれる業者も存在する。

これは、所有者の代わりに車を車検場へ持って行き、審査を受けることを業務とするところである。

原則、整備や点検を行わないことと料金が安い(1万円弱のところが多い)ことが特徴だ。

よって、車のどこにも不具合がなく、絶対に審査に合格する確信がある人が、お金をかけることなく車検を通すには最適と言えるかもしれない。

しかしながら、整備点検ができないのであれば、初めから自分で車検場まで車を持って行った方がよいとも言える(ユーザー車検)。

ユーザー車検とは!? その流れ・費用・所要時間を理解しよう!
大切な愛車が間もなく車検を迎える人も少なくないと思うが、ディーラーや整備工場を利用することなく、...

不合格になった場合には他に整備をお願いしなければならないことを考えても、賢明な選択とは言えないのではないだろうか。

料金

どこに車検をお願いするかを決定するにあたり、料金は大きな判断材料となる。

もちろん、各店舗ごとに料金設定は異なり一概には言えないが、やはりディーラーは若干高めになるようだ。

一方、カー用品店やガソリンスタンド、車検専門業者は価格の安さを競い合う傾向にあるので、安く車検を受けることができる確率が高い。

もちろん、整備、点検の料金が含まれない代行店が最も安くなるのだが・・・。

納得した上で愛車を預けるためにも、事前に複数の業者に見積もりを出してもらい、価格の違いを把握することが大事だと思う。

おすすめは

個人的には、少々料金が高くてもディーラーで車検を受けることが望ましいと思う。

複雑な機能が増えれば増えるほど他では対応できないケースも多いが、初めからディーラーに任せれば何よりも安心だ。

自社の車が不具合を起こし、重大なことが起こればブランドイメージが崩壊してしまうわけで、必然とチェックが厳しくなることも好印象。

目先の車検のみならず、愛車をいつまでもベストな状態に保つと言う観点からもディーラーが最適だと思う。

もちろん、他業種でも信頼のできる業者を見つけることができれば、それはそれで結構なことである。

まして、低料金で済むのならば、これ以上にありがたいことはない。

その場合は、指定工場に認定されている整備工場やガソリンスタンド、車検専門店にお願いするのがよいと思う。

終わりに

車検サービスを行う業者が増え、競争が激化するにつれ、ユーザーの選択肢が多くなったことも事実だ。

大切な愛車のためにも、信頼のできる業者を見つけたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク