車のフロントガラスの凍結防止対策とは? お湯をかけるのは厳禁!?

フロントガラス 凍結

冬場、フロントガラスが凍結することがあるが、今回はその対処法と防止対策について投稿したい。

凍結したらお湯をかけると言う人もいるが、その効果は果たして・・・。

スポンサーリンク

凍結

フロントガラスが凍結するとなかなか厄介なことになる。

前方が見えないため運転することができなくなることはもちろんだが、暖房の熱で氷を溶かそうにも時間がかかってしまう。

朝の出勤前などにこれが起こると、会社に遅刻してしまうことも。

また、急いで氷を溶かそうとワイパーを動かすと、ガラスに傷が付いてしまう恐れもあるので注意が必要だ。

もちろん、ワイパーごと凍ってしまった場合には、それを動かすことすらできないが・・・。

原因

フロントガラスが凍結する最大の原因は、”放射冷却”らしい。

日中、太陽の光を受けることで気温が上昇し、夜間には地表から宇宙空間に向けて熱の放射が行われるために気温が下がることは、ご周知の通り。

後者については、大気中に雲が存在する場合はそれが地表からの放熱を吸収、そして再び地表に向けて放射するので、地上の気温は下がり難くなる。

ところが、大気中に雲がない状況、つまりよく晴れている時は、地表の熱がそのまま宇宙空間へ放射されてしまうため、気温は下がりやすい状態に。

これこそが一般的に放射冷却と呼ばれる現象なのだが、冬場には空気中の水蒸気が少ない状態にあるので、放射冷却が起こりやすいと言われている。

その結果、窓ガラス周辺にある水蒸気が一気に冷やされ、ガラスに張り付くように凍結してしまう

フロントガラスの凍結はこのような原理で発生するのだ。

また、単純な話ではあるが、ガラスに積もった雪を取り除かず放置した場合にもガラスが凍結してしまうので注意して欲しい。

対策

フロントガラスが凍結してしまった場合の対策としては、エアコン吹き出し口をデフロスターの位置に合わせ、暖房のスイッチを入れるのが最も無難な方法だ。

すでに実践されている方も多いはずだが、車内を暖めることもできるし、自然に凍結が溶けるので窓ガラスへのダメージも少ない。

一方、凍結が解消されるまで時間がかかってしまうことが欠点でもある。

最低でも10分ほど待たなければならないので、朝の出勤前など時間がない状況では、イライラしてしまうかもしれない。

そのような時には、解氷スプレーを使うことも効果的だ。

窓に向けてスプレーするだけなので面倒なことはなく、氷が溶け始めたらワイパーを動かすだけで凍結を取り除くことができる。

1,000円前後で入手することができるので、是非とも揃えておきたいアイテムだと思う。

他にも、スクレイパーを使って氷を剥がす方法もあるようだが、プラスチック製のものを使用すればガラスを傷付けるリスクも少ない。

個人的には少々怖い気もするが・・・。

注意点

熱湯

注意点だが、凍結したガラスに熱湯をかけることは厳禁である。

急激な温度の変化によりガラスが大ダメージを受けてしまい、場合によっては割れてしまうこともあり得るのだ。

それでは余計に厄介なことになってしまうので、絶対に行わないで欲しいと思う。

では、ぬるま湯はどうかと言えばこちらも万能ではなく、一旦溶けた氷がすぐに再凍結してしまう可能性が・・・。

よって、お湯をかける行為にはメリットがないと考えるのが正しいように思われる。

予防

ガラスが凍結してしまってから対処するよりも、凍結そのものを予防することが最も大切であることは言うまでもない。

具体的には、車庫に入れるガラス凍結防止シートを使う撥水スプレーを塗るなどが考えられる。

車庫に入れることは極めて効果的で、寒い冬場とは言え、急激な温度の低下を防ぐことによる効果は大きい。

ガラス凍結防止シートは、フロントガラスを覆うことで水蒸気の付着を防ぐことができるが、降雪時には雪の付着の防止にもなる。

安いものだと1,000円以内で手に入るようだし、アマゾン等の通信販売で手軽に購入できることも嬉しいところだ。

撥水スプレーについては、水蒸気の付着防止よりも、凍結してしまった場合の氷の除去が容易になることがそのメリットかもしれない。

いずれにせよ、何もしないよりははるかにマシであるから、積極的に実践して欲しいと思う。

終わりに

いよいよ夏も終わり秋が訪れようとしているが、に向け、車の準備を怠らないようにしたいところだ。

安全のためにも、フロントガラスの凍結をしっかりと防止するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク