ご当地ナンバーとは!? その取得方法や導入地域を理解しよう!

ナンバープレート以前は見かけることがなかった地名が表記されるナンバープレートを付ける車も少なくないようだが、その理由はご当地ナンバー制度にあるらしい。

今回はそのご当地ナンバーについて調べてみたので、早速投稿しようと思う。

スポンサーリンク

はじめに

自動車のナンバープレートには、原則、自動車の所有者の住所を管轄する運輸支局もしくは、自動車検査登録事務所の所在地が表記される

宮城県には宮城運輸支局があり、自動車の検査・登録業務において、県内全てを管轄しているため、県内に本拠を持つ者が所有する車は宮城ナンバーになる仕組みだ。

なお、1つの県に複数の運輸支局や自動車検査登録事務所が存在する場合もあるが、例えば、青森県には青森運輸支局と八戸自動車検査登録事務所がある。

その場合は、どちらが車の所有者の本拠を管轄するかによって地名が決定されるらしい。

青森県の場合、八戸市を管轄するのは八戸自動車検査登録事務所であるため、同市内に本拠を持つ者が所有する車は八戸ナンバーになるのだ。

ご当地ナンバーとは、以上の原則に拘束されることなく、自動車のナンバープレートに独自の地名を表記させることができる仕組みを言う。

ご当地ナンバー

概要

ご当地ナンバーとは、本来の原則によることなく、ナンバープレート独自の地名を用いることができる制度を言う。

これが初めて導入されたのは2006年のことであるが、地域振興観光振興などの目的がその背景にあったようだ。

当時、国土交通省は5地域ほどの新規採用を予定していたが、それを大きく上回る地域の応募があったこともあり、18の地名が導入された経緯がある。

その後、2013年に第2回目の公募を行い、新たに10地域が採用されたが、次回の公募については未定らしい。

採用基準

ご当地ナンバーに採用されるにはいくつかの条件を満たす必要があるが、やはり、地域振興、観光振興の目的に適う地名でなければならないようだ。

その地名が、①旧国名などその地域と関わりが深い名称であること、②全国的に認知されている地名であること、③読みやすい名称であることなどが、判断基準になるらしい。

ご当地ナンバーの採用基準
  • 旧国名など、当該地域を表すのにふさわしい名称であること
  • 当該地域の名称が全国的に認知されていること
  • 原則として漢字2文字であること
  • 読みやすく覚えやすいもの、他の地域名と混同する恐れがないこと(やむを得ない場合最大4文字)

取得方法

車を新規取得する場合

使用の本拠となる場所がその対象である場合、新たに購入した車には自動的にご当地ナンバーの地名が割り当てられる

よって、特別のことをする必要はない。

なお、使用の本拠とは車の所有者が主に当該自動車を使用する地域のことだが、簡単に言えば、車の所有者の居住地である。

例えば、仙台市はご当地ナンバー(仙台)の対象地域であるから、同市内に在住の方が新たに車を購入した場合、初めからプレートの地名が仙台になる仕組みだ。

取得する自動車の使用の本拠がご当地ナンバーの対象地でない場合は、残念ながら、プレートには従来の地名が表記される。

従来のナンバーからご当地ナンバーに変更する場合はその旨を申請する必要があるが、詳細は以下を読んで欲しい。

従来のナンバーからの変更

条件

新たにご当地ナンバーへ変更するには、やはり、使用の本拠がご当地ナンバーの対象地でなければならない

例えば、郡山ナンバーを取得したいと思っても、その対象地域は郡山市のみであるから、それ以外の地域にお住いの方は取得が不可能なのだ。

居住地がご当地ナンバーに導入されていない人にとっては、縁がない話なのかもしれない。

申請場所

ご当地ナンバーへ変更するには、車の保管場所がある住所を管轄する運輸支局自動車検査登録事務所で申請手続きをする必要がある。

車の保管場所はたいていの場合が住所と同じであるので、居住地を管轄する運輸支局や自動車検査登録事務所へ行けば問題ないはずだ。

必要書類

申請に必要な書類は、①車検証、②使用者の印鑑、③ナンバープレート、④自動車検査証記入申請書、⑤軽自動車税申告書の5つ。

④と⑤は、運輸支局などの窓口で入手することが可能だ。

ご当地ナンバー申請に必要な書類
  • 車検証
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 自動車検査証記入申請書
  • 軽自動車税申告書

導入地域一覧

ご当地ナンバーの導入地域は以下の通り。

地域名 従来の地域名 対象地域
仙台 宮城 宮城県仙台市
盛岡 岩手   岩手県盛岡市、八幡平市、滝沢市、紫波郡紫波町、矢巾町
平泉 岩手県一関市、奥州市、胆沢郡金ヶ崎町、西磐井郡平泉町
会津 福島  福島県会津若松市、喜多方市、南会津郡下郷町、只見町、檜枝岐村、南会津町、  耶麻郡猪苗代町、西会津町、磐梯町、北塩原村、河沼郡会津坂下町、柳津町、   湯川村、 大沼郡会津美里町、金山町、三島町、昭和村
郡山   福島県郡山市
那須 宇都宮  栃木県那須塩原市、太田原市、那須郡那須町
高崎  群馬   群馬県高崎市、安中市
前橋 群馬県前橋市、北群馬郡吉岡町
成田 千葉  千葉県成田市、富里市、香取郡神崎町、多古町、山武郡芝山町、横芝光町 
野田 千葉県柏市、我孫子市
川越 所沢  埼玉県川越市、坂戸市、鶴ケ島市、入間郡下呂山町、越生町 
川口  大宮 埼玉県川口氏
越谷 春日部 埼玉県越谷市
杉並 練馬  東京都杉並市
世田谷 品川  東京都世田谷区
つくば 土浦 茨城県つくば市、つくばみらい市、守谷市、古河市、桜川市、常総市、下妻市、  筑西市、坂東市、結城市、猿島郡五霞町、境町、結城郡八千代町、
諏訪 松本 長野県諏訪市、岡谷市、茅野市、諏訪郡下諏訪町、富士見町、原村
金沢 石川 石川県金沢市、かほく市、河北郡内灘町、津幡町
岡崎 三河 愛知県岡崎市、額田郡幸田町
豊田 愛知県豊田市
一宮  尾張小牧  愛知県一宮市
春日井 愛知県春日井市
伊豆 沼津 静岡県熱海市、三島市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、賀茂郡河津町、  西伊豆町、東伊豆町、松崎町、南伊豆町、田方郡函南町
富士山 静岡県富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、駿東郡小山町
山梨 山梨県富士吉田市、南都留郡富士河口湖町、西桂町、忍野町、山中湖村、鳴沢村、 道志村
鈴鹿 三重  三重県鈴鹿市、亀山市 
和泉 大阪府堺市
倉敷 岡山 岡山県倉敷市、笠岡市、井原市、浅口市、浅口郡里庄町、小田郡矢掛町
下関 山口 山口県下関市
奄美 鹿児島 鹿児島県奄美市、大島郡瀬戸内町、龍郷町、喜界町、徳之島町、天城町、伊仙町、 和泊町、知名町、与論町、大和村、宇検村

終わりに

ご当地ナンバーについてご理解いただけただろうか。

上の表をもとに、すれ違う自動車のナンバープレートに表記される地名がご当地ナンバーによるものかどうかを調べてみるのも面白いが、安全確保した上で行って欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク