必見! 車のフロントガラスの内側の汚れを落とす方法とは!?

フロントガラス 汚れ

車のフロントガラスが汚れてしまい、前方が難い状態になってしまうことがしばしばあるのだが、内側の汚れが原因であることも少なくない。

今回は、そのガラスの内側の汚れの落とし方を投稿しようと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、ガラスの内側の汚れが原因で起こる症状を確認しておきたい。

最も厄介なのは油性の汚れだが、これがガラスの内側表面に付着してしまうと、なかなか取れないのだ。

タオルやクロスで拭き取ろうとしても、汚れがガラス表面を移動するだけで、ひどい場合にはさらに広範囲に広がってしまうことも・・・。

結果、全体に油膜が張られた状態になり、夜間、対向車のヘッドライトの光が乱反射を起こしてしまうのだ。

これが起こると、光が様々な方向へ反射してしまうために前方が見難くなり、安全上も極めてよろしくない。

また、日中であっても、ガラスが曇った時に汚れが浮き出ることがあるので注意が必要だ。

用意するもの

用意するものは、タオル、バケツ、アルコール、ガラスクリーナー、クロスの5つ。

ガラスクリーナーはスプレータイプのものがよく、アルコールは消毒用のエタノールを使えばよい。

なお、クリーナーにアルコール成分が含まれる場合は、そちらだけでも何とかなる。

バケツに水を入れておくのだが、近くに水道があり、こまめにタオルを洗うことができるのであれば、それでも構わない。

必要な道具類
  • タオル
  • バケツ
  • クロス
  • アルコール
  • ガラスクリーナー

手順

手順は下にある通り。

詳細は以下で述べるが、特に特別なこともないので、効率良く作業を進めて行きたいところである。

①タオルで水拭き → ②アルコール(アルコール入りクリーナー)で拭き取り → ③クロスでの拭き上げ

水拭き

まずは、水で濡らしたタオルを使って水拭きを行う。

この作業の目的は水溶性の汚れの除去にあるが、タオルを固く絞っておくことが重要なポイントになる

タオルに残る水分が多いと、拭きムラが多く発生してしまい、後々厄介なことになってしまうからだ。

汚れたタオル使い続けるのではなく、使用する面を変え、タオルを洗いながら作業を進めるとよい。

アルコールでの拭き取り

水拭きをしっかり行えば、水溶性の汚れは除去されているはず。

よって、残りの油性の汚れを落とすべく、アルコールを使っての拭き取り作業に入るが、水拭きの時とは別のタオルを使うようにしよう。

なお、ガラスクリーナーにアルコール(エタノール)成分が入っているのであれば、そちらを使ってもよい。

拭き上げ

最後に、クロスを使って拭き上げをする。

できるだけきめの細かい材質のクロスを使うことが大切だが、中には、繊維がガラスに付いてしまうものもあるので、事前に確認しておいて欲しい。

フロントガラス専用のクロスがあればベストだが、イメージとしてはメガネ拭きのようなものであれば大丈夫なはずだ。

最後の拭き上げにもガラスクリーナーを使って構わないが、ごく少量にすることがポイントである。

多く使い過ぎると、クリーナーの水分を完全に拭き取ることができず、表面に残ってしまうのであまり見栄えがよろしくない。

よって、基本的にはクロスだけで仕上げるのがよいと思う。

終わりに

何かと気になるフロントガラスの汚れだが、正しい方法でしっかりと除去することが大切だ。

安全運転を実現するためにも、定期的に汚れの具合を点検し、必要であればクリーニングをするようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク