横断歩道がない場所でも歩行者の横断が優先されるの!?

横断歩道がない場所

今回は、横断歩道がない場所を横断する歩行者と車の関係について投稿しようと思うが、やはり歩行者が優先されるのだろうか。

道路交通法の規定と照らし合わせながら考えてみたい。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、横断歩道を横断する歩行者の優先について確認しておきたい。

道路交通法第38条第1項では、横断歩道を横断する、または横断しようとする歩行者がいる場合、車両はその横断を妨害してはならないとされている。

車両が横断歩道を通過する場合は、その横断歩道を横断する歩行者のみならず、これから横断しようとする歩行者の有無を確認し、彼らを優先しなければならないのだ。

これに違反し、歩行者の横断を妨害した場合には横断歩行者等妨害となり、交通違反に問われるが、詳細は以下を参照して欲しい。

9割の車が違反!? 横断歩道に人がいたら停止義務があります!
先日、毎日新聞で、横断歩道を渡ろうとする人がいるにも関わらず、9割の自動車が一時停止をしていない...

横断歩道がない場所

ここからは、本題である横断歩道がない場所での歩行者と車両の関係について考えたい。

ついては、①交差点とその直近と②その他の場所に分けて考える必要があるので、順を追って読んで欲しいと思う。

交差点とその直近

まず、横断歩道が設けられていない交差点での歩行者の優先だが、道路交通法第38条の2には以下のようにある。

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)

車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。

                      道路交通法第38条の2より

交差点、またはその直近で、横断歩道が設けられていない場所を歩行者が横断している場合、車両がその横断を妨害してはならないことをご理解いただけると思う。

横断歩道が設けられている場合との違いは、①必ずしも一時停止の必要はないことと、②これから横断しようとしている歩行者の優先が義務ではないことである。

①について、横断歩道がある場合は、はっきりと一時停止するように規定されているが、横断歩道がない場所では、”歩行者の通行を妨げてはならない”とあるのみ。

よって、歩行者の横断を妨害しないのであれば、徐行でも構わないと考えられる。

②についても、横断歩道がある場合は、横断歩道を横断しようとする歩行者の通行を妨害してはならないと規定されるが、横断歩道がない場合にはそのような規定はない。

その他

交差点とその直近以外の横断歩道がない場所の通行について、歩行者の優先を規定する条文は見当たらない。

それどころか、道路交通法第12条第1項には次のような規定が。

(横断の禁止の場所)

歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によって道路を横断するとき又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従って道路を横断するときは、この限りではない。

                     道路交通法第13条第1項より

横断歩道がない場所では、歩行者が車両の直前、直後を横断してはならないとある。

これを見る限りでは、横断歩道がない場所においては、むしろ歩行者が車両に注意して道路を横断しなければならないと解釈することも可能だと思う。

実際に事故が起こった場合には、一定の割合で車両の過失が問われるはずだが、歩行者の横断を優先する義務は存在しないと考えてよいのではないだろうか。

もちろん、実際に目の前を横断する歩行者がいる場合には、車両が停止するより他はないが、どちらかと言えば、歩行者に非があるように思われる。

終わりに

横断歩道がない場所での、歩行者の横断のと車両との関係をご理解いただけただろうか。

場合によっては車両が優先される状況もあるように思えるが、事故を起こさないことが何よりも大事であるから、やはり、常に歩行者優先での運転を心がけよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク