3人で2人!? 車に子供が乗る場合の定員の数え方を理解しよう!

車 子供

自動車には乗車定員が決められており、それを厳守する必要があるが、今回は子供が乗車する場合の定員の数え方について投稿する。

シートベルトやチャイルドシートとの関係にも触れるので、是非とも最後まで読んで欲しい。

スポンサーリンク

法律上は

子供が乗車する場合の定員の数え方は、道路運送車両の保安基準第53条第2項に規定されているが、条文は以下の通り。

(乗車定員及び最大積載量)

前項の乗車定員は、12歳以上の者の数をもって表すものとする。この場合において、12歳以上の者一人は、12歳未満の小児又は幼児1.5人に相当するものとする。

                   道路運送車両法第53条第2項より

大人1人に対し、12歳未満の子供は1.5人に相当する・・・。

非常にわかり難いが、(乗車定員−大人の人数)×1.5で乗車可能な子供の人数を求めることができるようだ。

乗車可能な子供の人数の計算の仕方
(乗車定員−大人の人数)×1.5=乗車可能な子供の人数

なお、小数点は切り捨てられる。

実際に、乗車定員が5人の車に大人が3人乗車する場合2人乗車する場合に乗車可能な子供の人数は以下の通りだ。

・大人3人の場合:(5-3)×1.5=3     子供は3人乗車可能 

・大人2人の場合:(5-2)×1.5=4.5    子供は4人乗車可能 

注意点

シートベルト

子供を乗車させることでシートベルトが不足してしまうことも起こり得るが、不足分の着用は免除される

例えば、定員5人の車に大人3人、子供3人が乗車する場合にはシートベルトが1つ不足するが、1人はベルトなしで乗車することが可能。

よって、無理に2人で1つのベルトを使用する必要はない。

ただし、着用を免除されるのは後席の乗員であり、助手席の乗員は必ずシートベルトを着用しなければならないので注意が必要だ。

また、安全上も好ましくないと思われる。

チャイルドシート

6歳未満の乳幼児が乗車する場合には、チャイルドシートの着用義務がある。

しかしながら、チャイルドシートは座席1つに対し1つ取り付けられるわけで、場合によっては幼児の人数に対して不足してしまう可能性も・・・。

例えば、定員が5人の車に大人3人、幼児3人が乗車する場合にチャイルドシートを3つ搭載することは不可能なはず。

この場合も、シートベルト同様に不足分の使用が免除されるが、安全性を考えれば問題があると思言わざるを得ない。

幼児を乗せる場合は、チャイルドシートを装着可能な人数のみを乗車させることが望ましいと思う。

定員オーバー

定員をオーバーして乗車した場合は、当然のことながら交通違反に問われるが、反則行為名は定員外乗車である。

反則金や罰則などの処分は以下の通り。

定員オーバーは危険な行為だけあり、罰則が厳しめに設定されていることは、非常に納得できる話だと思う。

反則行為 行政処分 刑事処分
反則点数 反則金(円) 罰則
大型車 普通車 2輪車 原付
定員外乗車 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金

終わりに

子供が車に乗る場合、大人よりも多くの人数が乗車可能であることを、ご理解いただけただろうか。

もちろん、安全に支障が出ないことが大前提なので、大人がしっかり対応するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク