お母さん必見! 塾講師経験者がおしえる よい塾 の選び方

受験も近づいてきた最近、お子さんの塾通いする時間も増えてきたのではないかと思う。

私は長年塾講師として働いてきた経験があり、疑問に思うことや改善しなければならない大きな問題が多々あると感じてきた。

今回は、よい塾の選び方について投稿してみる。

お子様をお持ちの方に読んでいただきたいし、少しでも役にたつ情報を提供できればと思う。

スポンサーリンク

学生アルバイトはNG

これは大手で全国的に多店舗展開している塾によくあるパターンだが、教室には社員が1人のみで他の講師は学生アルバイトというものだ。

この手の塾はその多くが個別指導方式を採用している。

アルバイトの学生講師なら多く雇うことができるので個別指導形式での授業が可能なのだ。

私の経験上、これは最も悪いパターンだ。

学生アルバイト講師が教えるための十分なスキルを持っているということはまずあり得ない。

アルバイト講師にそこまでの研修を行う時間はないし、それを行えば講師のスキルはアップするだろうが膨大な時間を必要とする。

塾としてはその時間もとらなければならないし、その分の賃金も支払わなければならない。

塾といえども企業であるからそれはまずできない。

もっとも、ブラック企業ないし”ブラック塾”であれば話は別だが、それはそれで大問題だ。

ブラックな塾にお子さんを預けるという選択肢はそもそもあり得ないだろう。

試験の詰め込みをさせる塾もダメ

これもまた最悪のパターンだ。

確かに学校では定期的に試験があり、その結果によって評定が決まるのだから生徒本人、それ以上にご両親が試験を意識するのは当然といえば当然である。

しかし、学校の試験のレベルはかなり低い

これは特に公立中学校に言えることだ。

高校の場合はそもそもレベルもその学校ごとに異なるし、普通高校なのか実業高校なのかによってもそのレベルに差が生じるからだ。

話を公立中学校に限定すると、その定期試験のレベルは驚くほどに低い。

とりわけ田舎ではその傾向が一段と強まる。

数学はその8割以上が単純な計算問題。

英語はワーク丸写しの問題何てことも少なくない。

直前の詰め込み暗記勉強をしてそのようなレベルの試験で良い結果をとっても全く不十分だ。

それでは、本当の実力が試される模擬試験、なによりも本番の試験には全く歯が立たない。

普段の正確な理解と学習なしに、小手先の暗記作業で詰め込んだ知識など全く価値がない。

正しい理論も理解せずに丸暗記だけで知識を詰め込んだところで、すぐに忘れてしまうことは明らかだ。

まともな勉強をした経験がある両親なら十分に理解していることだろう。

正しい理論の理解というのは、例えば、英語ならば「なぜこの英文はこのような意味になるのか」数学ならば「なぜこの式が成り立つのか」ということを証明できる力である。

剰え、定期試験対策をする塾の多くは、各中学校ごとの試験のデータを入手し、試験に出題されるやすい問題取り上げて生徒に暗記させるのだ

このようにして暗記した知識など何の役にも立たず、かえって生徒の力を落とすことになる。

正しい理論とその理解に基づいた知識の習得が妨げられるからだ。

そんなことをしていては、本当の実力が試される実力試験や模擬試験、何より本番の入試では一切太刀打ちできない。

私の塾の生徒は、模擬試験のたびに県内平均を30~50点も上回る結果を出していた。

これは小手先の試験対策勉強ではなく、普段から徹底して正しい知識の習得をするように指導していたからだ。

とにかく、試験対策の詰め込み暗記作業しかできないような塾にお子さんを預けるのは最悪の選択としか言いようがない。

個人経営の塾がよい

良い塾は大手のようにチェーン店化された塾ではなく、個人で経営されている塾に多い。

というか、”個人塾でなければ本当に良い塾を見つけるのは困難”と言わざるを得ない。

先に述べたが、大手塾はたくさんの学生アルバイトを使うことによって利益を出している。

学生アルバイト講師に教えるプロとしての力を求めるのは無理な話だ。

それは大手塾が定期試験対策をする理由でもある。

レベルの高い授業をする力がないからこそ、試験前の暗記作業といった小手先の指導しかできないのだ。

講師自身がワークの答えを見ながら授業をするなんてことも珍しくない

そんなところにお子さんを預けるのはあまりにも愚かな選択と言わざるを得ない。

一方で、以外と個人でやっている塾には優秀な人が多い。

余計な会社の規則に縛られることもないし、時間も自由に使えるので、その人自身の勉強時間をとることもできるのだ。

こうして教える側の人間が日々勉強し、知識量、教える技術の向上に取り組んでいる塾こそ、本当に価値のある塾だ

こういう個人塾の経営者の中には、マニュアル通りの指導しかできないアルバイト講師とは対照的に知識の本質を正確に捉え、ごまかしなしの本物の指導ができる人が隠れている。

口コミでの評判がよい塾を選択すべし

塾に限ったことではないが、口コミで良い評判があるところほどよい。

大した実績もなく、小手先の広告やアピールの仕方で勝負しているところはたいていは期待できない塾だ。

生徒間で「あの塾の授業はわかりやすい」という高評価が出ている塾は良い塾である確率が高いと言える。

終わりに

最後になるが、大切なお子さんの将来がかかっているのだから、何よりもまず親自身がよく考え、正しい選択をすべきだ。

お子さんの将来には何が必要なのか、どのような知識を身につけされればよいのかをご両親自らが正しく判断していなければ、選択を間違うことになる。

入塾前には必ず授業を見学し、その良し悪しを正しく見極めることもも当然必要である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク