軽油はポリタンクで保管可能? 消防法を調べると意外な事実が!?

ポリタンク

ガソリンを運搬、保管する場合に灯油用のポリタンクを使用することは厳禁だが、軽油ならば大丈夫と言う声も聞く。

そこで消防法を調べてみると意外なことがわかったので、早速投稿したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

はじめにガソリンの運搬と保管の方法を確認しておきたいが、皆さんご周知の通り、消防法で定められた基準に適合する容器を用いる必要がある。

ここで言う基準に適合する容器とは、具体的にはアルミニウム等の金属製であることが条件であり、灯油用ポリタンクの使用は厳禁

ガソリンの成分によりポリタンクが変形してガソリンが流出したり、気化したガソリンが漏れることで火災に発展する危険性もあるため、絶対に行ってはならないのだ。

軽油を入れる容器

軽油を入れることができる容器は、金属製ドラム金属製容器プラスチック製容器の3つ。

ガソリンと違ってプラスチック製の容器での運搬や保管が可能なことがポイントだが、やはり消防法で定める基準を満たすものでなければならない。

“軽油用ポリタンク”として製造販売されているものであれば問題ないものの、容量は30L以下と決められている。

言うまでもなく、灯油用のポリタンクを使用することは厳禁だ

軽油用ポリタンク

軽油用ポリタンクの入手方法が気になるところだが、特別なことは必要なく、ホームセンター等で購入することができる。

“軽油用ポリ缶”、“ポリ軽油缶”、“軽油缶(ポリ)”などの名称で販売されているが、タンクの色が緑で、容量は20Lのものが多い。

緑色が採用される背景には灯油用ポリタンクとの差別化があると思われるが、確かに合理的な試みと言えるのではないだろうか。

気になる価格は、1,500~2,000円ほど。

保管方法

軽油の保管

運搬と同様に、軽油を保管する場合にも基準を満たす容器にを使用しなければならない。

運搬に使用する軽油缶や軽油用ポリタンクを用いれば問題ないが、灯油用ポリタンクの使用は言うまでもなく厳禁だし、前述の通り軽油用ポリタンクで保管可能な量が30L以下であることも忘れないようにしよう。

さらに、ガソリンを保管する場合同様、指定数量の倍数による制約を受けることになるが、詳細を以下で解説する。

ガソリンの正しい保管方法とは!? 地震などの災害に備えよう!
地震などの大きな災害が起こると、電気、水道などのライフラインが寸断されるのみならず、ガソリンや軽...

指定数量

軽油も危険物であるから、保管する場合にはガソリン同様、“指定数量の倍数”によって様々な制約を受けることになる(指定数量の倍数の計算式は下にある通り)。

指定数量はその危険物の危険の度合いにより決定され、指定数量の倍数(指定数量に対してどれくらいの量を保管するか)により、保管方法に制約が加わる仕組みだ。

・指定数量の倍数=保管する量/指定数量

軽油の指定数量は1,000Lだが、指定数量の倍数がその1/5未満(保管する量が200L未満)であれば特に制約はない。

指定数量の倍数が1/5以上~1未満(保管量が200L以上1,000L未満)の場合は火災予防条例の規制を受けることになり、保管場所の壁や柱などが不燃材料であることが条件とされる。

さらに、指定数量の倍数が1以上(保管量が1,000L以上)になると消防法を根拠とする規制によって保管場所の柱や壁、床が耐火構造であることが義務付けられるが、詳細は下の表を参照いただきたいと思う。

※ 軽油の指定数量は1,000L

指定数量の倍数 保管する量 規制内容 根拠
1/5未満 200未満 特になし なし
1/5以上1未満 100L以上1,000L未満 保管場所の壁、柱、床、天井が不燃材質であること等 火災防止条例
1以上 1,000L以上 保管場所の壁、柱、床が耐火構造であること等 消防法

終わりに

軽油を運搬、保管する場合にポリタンクを使用することができるが、基準を満たすものでなければならないことをご理解いただけただろうか。

同じポリタンクでも灯油用ポリタンクを使うことは厳禁なので、十分に注意しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク