ワーストは!? 交通事故の都道府県別の発生件数を調べてみた!

交通事故

最近、”◯◯県はドライバーは運転が荒いから事故が多い”などと言う声を耳にすることがあり、その真偽を確かめるべく、都道府県別の交通事故発生件数を調べてみた。

ワーストの都道府県がどこなのかも気になるところだが、ぜひ最後までお読みいただきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

今回は、①都道府県別の交通事故発生件数と②交通事故発生率をランキングにまとめてみた。

②の交通事故発生率は”交通事故発生件数/車保有台数”で求められるが、人口の多さに左右されることなく、各都道府県における事故発生確率を表すものである。

都道府県別交通事故発生件数

  都道府県 交通事故発生件数   都道府県 交通事故発生件数   都道府県 交通事故発生件数
1 愛知 46,131 17 長野 9,283 33 奈良 5,868
2 大阪 42,729 18 宮城 9,142 34 愛媛 5,745
3 福岡 41,168 19 香川 8,942 35 大分 5,161
4 東京 37,184 20 佐賀 8,870 36 山梨 4,514
5 静岡 33,499 21 鹿児島 8,425 37 富山 4,379
6 埼玉 30,821 22 岐阜 8,250 38 徳島 4,372
7 神奈川 30,434 23 三重 8,110 39 青森 4,133
8 兵庫 30,118 24 福島 7,710 40 和歌山 4,115
9 千葉 19,705 25 熊本 7,584 41 石川 4,074
10 群馬 16,316 26 滋賀 6,598 42 岩手 2,712
11 茨城 12,534 27 長崎 6,465 43 高知 2,690
12 北海道 12,274 28 山形 6,426 44 福井 2,416
13 広島 12,479 29 栃木 6,413 45 秋田 2,270
14 岡山 12,271 30 新潟 6,317 46 島根 1,583
15 京都 10,185 31 山口 6,268 47 鳥取 1,168
16 宮崎 9,759 32 沖縄 6,242      

参考:警察庁交通局 ”平成26年中の交通事故の発生状況

上の表は、平成26年中の都道府県別の交通事故発生件数をまとめたものである。

最も多く事故が発生しているのは愛知県だがその件数は46,131件、次いで大阪の42,729件、さらに41,168件の東京がこれに続く。

特に愛知県については、”悪質な運転をするドライバーが多い”、”運転が荒い”などと言う噂をよく耳にするが、この結果を見る限り、一定の信憑性があるようにも思われる。

もちろん、人口そのものが多いことを忘れてはならないが、車の保有台数が多ければ交通事故の発生件数が増えるのは当然のこと。

現に、愛知、大阪、東京、福岡、神奈川と、上位にランクインしているのはいずれも大都市であり、その人口もとても大きいのだ。

事故発生率

発生件数の他、交通事故発生率に注目することで、事故が起こりやすい地域を特定することができる。

交通事故発生率は交通事故件数/車の保有台数で算出され、人口の大きさに左右されないことが特長だ。

下に各都道府県の事故発生率をまとめたものを載せたが、意外にも1位は佐賀県で、事故発生率は1.32%。

続いて福岡県の1.24%、その次が静岡県の1.17%、事故発生件数No1の愛知県は0.92%で第9位にランクインしている。

  都道府県 交通事故発生率(%) 車所有台数   都道府県 交通事故発生率(%) 車所有台数
1 佐賀 1.32 673,268 25  愛媛  0.57  1,016,489 
2 福岡 1.24 3,329,884 26  熊本  0.56  1,362,800 
3 静岡 1.17 2,865,576 26  大分  0.56  917,762 
4 大阪 1.14 3,735,142 28  千葉  0.55 3,583,929 
4 香川 1.14 781,265 28  和歌山  0.55 754,425 
6 宮崎 1.04 942,085 30  宮城  0.54 1,684,287 
7 兵庫 1.00 3,014,558 30  三重  0.54  1,504,969 
8 群馬 0.92 1,783,166 32  茨城  0.49  2,069,276 
9 愛知 0.90 5,148,520 32  長野  0.49   1,897,001
10 東京 0.84 4,413,425 32  富山  0.49  898,820 
11 岡山 0.81 15,24,283 32  岐阜  0.49  1,678,642 
12 埼玉 0.76 4,047,979 36  高知  0.48  562,733 
12 神奈川 0.76 3,991,848 37  福島  0.47  1,651,853 
12 京都 0.76 1,339,203 38  石川  0.45  898,014 
15 奈良 0.70 833,021 39  青森  0.41  1,006,536 
16 徳島 0.70 621,602 40  栃木  0.38  1,709,222 
17  山形 0.69  935,979  41  福井  0.37  661,429 
18 長崎  0.68 948,197  42  新潟  0.34 1,845,728 
19 広島  0.66 1,886,485  43  北海道  0.33 3,773,663 
20 滋賀  0.65 1,020,080  44  島根  0.29  553,002 
21 鹿児島  0.62  1,348,758  45  秋田  0.28  822,210 
22 山梨  0.60 752,502  46  岩手  0.26  1,026,198 
23 山口  0.58  1,074,829  47  鳥取  0.25  464,796 
23 沖縄  0.58 1,083,369         

参考1:警察庁交通局 ”平成26年中の交通事故の発生状況”

参考2:保険の窓口インズウェブ様 ”交通事故発生ランキング(都道府県別)”

佐賀県については説明が難しいが、今回の調査結果は、大都市ほど交通事故が起こりやすいことを物語っているように思える。

静岡、福岡、大阪、東京、愛知と、事故発生件数で上位を独占する大都市が、事故発生率でもトップ10に名を連ねていることがその根拠だ。

大都市では車線変更の機会も増えるだろうし、交差点の数も多い。

そして何よりも、交通量が圧倒的に大きくなるため事故が起こりやすく、より高度な運転技術が必要になるのだと思う。

地方都市であり、交通量が少ない道路が多いと思われる秋田や島根、鳥取の事故発生率が低いことも、これを裏付けるものと言える。

終わりに

交通事故の発生件数が多い都道府県と事故の発生率が高い都道府県がどこなのか、ご理解いただけただろうか。

特に、事故が多い地域にお住いの方には、より慎重に運転するように心がけていただきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク