信号待ちで停止中のギアはP・N・Dのどれを使うのが正しい!?

シフトレバー

AT(オートマ)車を運転中に信号待ちで停止をする場合、シフトレバーの位置はどこを選択しているだろうか。

具体的には”P・N・D”の3つのうちのいずれかを使用することになるが、それぞれのメリットとデメリットを考えてみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シフトレバーの位置

信号待ちで停止中のAT車のシフトレバー位置として考えられるのは、①P(パーキング)、②(ニュートラル)、③D(ドライブ)の3つ。

以下でそれぞれのメリットとデメリットを考えてみたい。

P(パーキング)

まずはパーキングだが、車両が前に進むことがないため誤発進防止の観点からは安全性が高いと思われる。

さらにサイドブレーキを引けば制動力は完璧で、後続車両に追突された場合に車が押し出される確率も低いはず。

一方、発進時にシ再びフトレバーを操作する必要があり、緊急車両が接近した場合など迅速に対処するのが難しくなる恐れがある。

また、誤ってギアをR(リバース)に入れてしまう可能性も否定できず、場合によっては深刻な事態を招きかねないので十分な注意が必要だ。

なお、教習所ではこの手法を推奨していない。

N(ニュートラル)

続いてはN(ニュートラル)だが、このギアを使用する場合にはサイドブレーキを併用することになる。

パーキング同様、発進時に再度シフトレバーを操作する必要があり、迅速な発進が求められる場面では少々難があるかもしれない。

一方、フットブレーキから足を話すことができるため、渋滞中などには足の疲れの解消を期待することができる。

また、シフトレバーの操作が必要とは言え、NとDの間のレバーの移動にとどまるため、誤ってRに入れてしまう心配がないこともポイントだ。

ちなみに、こちらも教習所非公認の手法である。

D(ドライブ)

最後はD(ドライブ)だが、クリープ現象による車両の前進を防止するためフットブレーキを踏み続けるのが原則である。

教習所で正式に習うこともあり、最も多くのドライバーがこの方法を実践していると思われるが、再度シフトレバーを操作する必要がなくスムーズに発進できることがメリットだ。

一方、足がフットブレーキから離れた場合に車が前進してしまうことを懸念する声もあるようで、後ろから追突された場合のリスクを指摘する人も少なくない。

AT車がこれを前提に設計されていることを考えても、個人的にはベストな方法だと思うのだが…。

法律上は

信号待ちで停止中のシフトレバーの位置を直接規定する法律は見当たらないが、私の知る限りでは、やはりD+フットブレーキが正しい方法であるとの結論に達する。

その根拠となるのが”合図”について規定する道路交通法第53条第1項だが、その条文は以下の通り。

(合図)

車両(自転車以外の軽車両を除く。次項及び第4項において同じ。)の運転者は、右折し、左折し、展開回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

                     道路交通方第53条第1府項より

ここでは、右左折、Uターン、徐行、停止、後退、進路変更をする場合には然るべき合図をしばければならないことが規定されている。

中でも、右左折、Uターン、進路変更時にはウインカーが、徐行、停止時にはブレーキランプが、そして後退時にはバックランプがその合図の役割を担ことはご周知の通り。

ここからが重要なポイントだが、”これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない”とある以上、信号待ちで停止中には継続したブレーキランプの点灯が求められる。

ところが、そのブレーキランプを点灯させるにはブレーキペダルを踏まなければならないわけで、信号待ちで停止中にD+フットブレーキを使用すべき理由もここにあるのだ。

もちろん、PやNを使用しながらフットブレーキを踏むこともできるが、それではそれらのギアを使用する目的と相反するはず。

教習所での指導が以上のことを根拠にしているかどうかは不明だが、”D+フットブレーキ”が正しい方法と考えてよいのではないだろうか。

終わりに

今回は信号待ち等で停止中のシフトレバーの位置について投稿してみたが、なかなか興味深いでもある。

人それぞれに様々な考え方があると思うが、よい意見があればぜひご教授願いたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク