自転車事故でも高額の賠償金が!? 自転車保険への加入を検討しよう!

自転車に乗る女性

普段より自転車をご利用される方も多いと思うが、事故を起こしてしまった場合に高額の賠償責任を負う可能性があることをご存知だろうか。

そこで今回は万が一の場合に備えての自転車保険について投稿するので、ぜひ最後までお読みいただきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自転車事故

自動車のみならず、最近では自転車による交通事故が増えていると聞くが、音楽を聴きながら運転する、あるいはスマートフォンを操作しながら運転するなどの悪質な行為に起因する場合も少なくない。

人身事故に発展し相手を死傷させたとなれば加害者が高額な賠償金の支払い義務を負う可能性もあるが、2013年、自転車事故を起こした少年(当時11歳)の母親に対して約9,500万円の賠償金の支払いが命じられた事件は記憶に新しいところである。

この他にも自転車事故の加害者に対し数千万単位での賠償金の支払いが命じられた事例が報告されており、中には支払い能力がなく自己破産に追い込まれる例も少なくないと言う。

以上のことからも、“自転車だから大丈夫”と安易に考えることは許されず、最悪の事態に備え対策を講じておかなければならないことをご理解いただけるのではないだろうか。

事故対策

最も厄介なのは自身が人身事故の加害者となり相手を死傷させてしまった場合だが、いざ高額の賠償責任が生じた場合に備え万全を期しておく必要がある。

具体的には“自転車保険”に加入することが現実的な手法であるが、以下で詳細を解説したい。

自転車保険

その名の通りではあるが、自転車の事故に備え加入する保険を自転車保険と言う。

補償内容は①自身が怪我をした場合の入院費・治療費と②相手を負傷させた場合の賠償金だが、後者については最高5億円までの支払いに対応している会社もあり、万が一の場合を考えれば頼もしい限りである。

気になる保険料金も1月あたり500円前後で済む場合がほとんどなので、積極的に加入を検討したところだ。

なお、以下に代表的な自転車保険会社のプランをまとめてみたので、参考にしていただければと思う。

  保険料(月額) 補償内容
負傷させた相手への補償 自身が負傷した場合
au損保 310円 1億円 入院補償
DeNA 300円 1億円 入院補償/通院補償
セブンイレブン 333円 3億円 入院補償
ドコモサイクル保険 450円 5億円 入院補償
三井住友海上 603円 3億円 入院補償/通院補償

個人賠償保険

自転車保険のみならず、個人賠償責任保険へ加入することでも自転車事故に備えることができる。

個人賠償責任保険とは、日常生活において第3者の身体や財物に損害を与えてしまった場合の損害賠償をカバーするものであるが、自転車の事故に対しても適用が可能なのだ。

単独で存在するのではなく、自動車保険や火災保険、傷害保険等の特約、あるいはクレジットカードに付帯していることがほとんどだが、本人の他、配偶者、同居している家族など適用の対象が広く設定されていることも特徴と言える。

メインとなる保険への加入が前提となるが、1月あたり100~200円ほどの掛け金で加入できる場合が多く、こちらを利用すればわざわざ自転車保険に入る必要もないので、積極的にご利用を検討していただきたいと思う。

終わりに

自転車保険と個人賠償責任保険についてご理解いただけただろうか。

自転車を運転する機会が多い方は“自転車だから大丈夫”と安易に考えることなく、最悪の場合を想定して万全の対策を講じるようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク