鼻から胃カメラ? 苦しくない経鼻内視鏡を知ってますか?

皆さんの胃の調子は万全だろうか。

少しでも不安がある方は一度医療機関を訪れ「胃カメラ」をやってみるのもよいと思う。

非常に精度の高い検査だ。

胃カメラというとどんなイメージがあるだろうか?「苦しい」「2度とやりたくない」とネガティブなイメージを持っている人がほとんどだと思う。

そんな胃カメラだが最近では、大きな苦痛を受けることなく胃カメラの検査を受けることも可能なのだ。

今回は、その苦しくない胃カメラ「経鼻内視鏡」について投稿する。

スポンサーリンク

胃カメラとは

ここで説明する必要もないのだろうけれども「胃カメラ」とはどんなものなのかについて確認しておく。

正式名称は、「上部消化管内視鏡」らしい。

通称「胃カメラ」だ。

簡単に言えば、その名の通りカメラで胃の中を診るものだ。

昔は、管の先端にカメラが付いているものを口から入れ、直接医師が胃の中を観察していた

最近ではファイバースコープが用いられ、胃の中の映像をカメラがとらえて、それを画面に映し出すことができる。

医師は画面を見ながら患者の胃の内部を診察することができるし、患者本人も同じく画面を見ながら自身の胃の内部を見ることができる。

実際に胃の中を直接診ることができるのだから、バリウムを使った透視による検査よりも確実な診断が可能だ。

悪性腫瘍などの早期発見には最善の検査なのである

ちなみに、スコープが胃に達するためには咽頭、食道を通る必要がある。

万が一食道に異常があった場合は、それを発見することができる点も見逃せない。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡とは

経鼻内視鏡は、その名の通り鼻からスコープを入れて胃の中を観察する方法である。

技術が発展し、スコープの直径を細くすることが可能になったためにこの方法が実現した。

ちなみに、これまで一般的に行われてきた口からスコープを入れる胃カメラは「経口内視鏡」と呼ばれる。

従来の経口タイプのスコープの直径は約10ミリつまり1センチであったが、最近ではその半分のサイズが主流になっている。

ちなみに私が受けている病院で使っているものは、直径サイズが4ミリだ。

このサイズであれば鼻から入れることができる。この経鼻内視鏡は「鼻から胃カメラ」などと呼ばれることもあるようだ。

経鼻内視鏡のメリット

経鼻内視鏡のメリットは、通常の経口内視鏡に比べ圧倒的に苦痛が軽減される点だ

そもそもなぜ経口内視鏡、つまり通常の胃カメラが苦痛を伴うかといえば、スコープが我々の舌にあたるからだ。

こうなることで吐き気を催し、なんとも不快な思いをすることになる。

内科や耳鼻科で喉を診察する場合を思い出して欲しいが、あの状態がしばらく続くのだから相当な苦痛だ。

ところが、経鼻内視鏡はスコープが舌に触れることがない。

結果、あのどうしようもない苦痛を味わう必要がないのだ。

検査中、若干の違和感は感じるものの、経口内視鏡と比較すれば圧倒的に楽だし慣れてくるとほぼ全くと言ってよいほど苦痛を感じずに検査を受けることができる

検査の流れ

実際にどのような手順で経口内視鏡の検査が行われるかというと、私が通っている病院の場合は以下の通りである。

胃カメラの検査の流れ
1、前日の夜6時までに夕食を済ませる

2、検査当日の朝は朝食をとらない。水は多少は飲んでもよい。

3、検査15分前に喉と鼻の麻酔

4、検査直前にもう1度鼻の麻酔

5、検査開始

簡単に流れを説明すると以上のようになる。

各医療機関、病院ごとによって多少の違いはあるようなので大体の流れとしてご理解いただきたい。

例えば、喉の麻酔を行わないところもあるようだし、逆に検査中は鎮静剤を用いる病院もあるようだ。

経鼻内視鏡を受けてみて

実際に経鼻内視鏡を経験してみて言えることは、本当に楽だということだ。

慣れないうちは緊張もあり力が入ってしまったため、若干の苦痛を感じることはあった。

しかし、慣れてくるとリラックスして検査を受けることができるのでよりスムーズに検査が進むのだ。

経口の場合とことなり、吐き気を催すこともないのでモニターを見ながら医師と話すこともできるし、冗談を言う余裕すらある

本当に楽だ。

通常は、検査が終了した後に医師より結果いついての説明があるのだが、経鼻内視鏡の場合は検査を行いながら結果の説明を受けることもある。

検査中にも医師とコミュニケーションをとることができるからだ。

その場合は、検査が終わり次第すぐに帰宅することができる。

終わりに

この投稿を読んでいる人の中に、胃の調子が悪い人はいないだろうか。

ストレスのせいだと思い込んでいる人はいないだろうか。

この時代、誰しもがストレスを感じながら生きているし、特に胃は、ストレスの影響を受けやすいことは事実だ。

しかしながら、胃の不調の原因が他の病気である可能性もある。

特に怖いのはもちろん悪性の腫瘍だ。

30歳を超えていて胃の調子がおかしい人は、そろそろそれを意識してもよいと思う。

また、最近では、逆流性食道炎という病気を患っている人も多い。

その名の通り、胃酸が逆流し、食道に炎症を起こしてしまう病気だ。放置しておくと食道癌のリスクが高まるとも言われている。

私も、胃カメラを行いこの逆流性食道炎であると診断された。

ずっと胃に不快感を覚えていたのだが、適切な薬を飲むことで症状は緩和した。

検査を受けてよかったと思っている。

かなりの苦痛が伴うということで、胃カメラを敬遠する人も多いだろう。

しかし、自身の胃の状態をチェックする手段としては間違いなくベストな方法である。

まして、経鼻内視鏡であればその苦痛も少ない。

仮に何か病気があるとしても、早期発見であればあるほど治療も軽いもので済むのだ

少しでも胃の調子に不安がある方は是非とも医療機関を訪れ、経鼻内視鏡検査を行うべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク