3ナンバー車と5ナンバー車の違いとは!? 税金はどっちが安い?

自動車 税金

”3ナンバー車”と”5ナンバー車”がよく比較されるが、両者の違いが気になるところだ。

また、”3ナンバー車の方が5ナンバー車よりも税金や維持費が高い”と言う人も少なくないようだが、それは本当なのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

まずは、3ナンバー車と5ナンバー車の違いについて確認しておきたい。

結論から言ってしまえば、全長4,700mm以下全幅1,700mm以下全高2,000mm以下排気量2,000cc以下と言う4つの条件を全て満たせば5ナンバー車になる。

逆を言えば、どれか1項目でも基準をオーバーすれば3ナンバー車になると考えてよいだろう。

基準値 5ナンバー 3ナンバー
1 全長 4.7m(4,700mm) 基準値以下 基準値超え
2 全幅 1,7m(1,700mm)
3 全高 2.0m(2,000mm)
4 排気量 2.0L(2,000cc)   

※ 1~4全ての項目が基準値以下になれば5ナンバー車、どれか1つでも基準値を超えれば3ナンバー車。

例えば、私の愛車であるマツダ・デミオを見てみると、全ての項目が基準値以下であるために、5ナンバー車となる。

一方、もう1台の愛車であるトヨタSAIの場合は、全幅と排気量の2つの項目が基準値を超えるために3ナンバー車に分類されるのだ。

  デミオ(5ナンバー) SAI(3ナンバー)
全長 4,060mm 4,695mm
全幅 1,695mm 1,770mm
全高 1,500mm 1,485mm
排気量 1,298cc 2,362cc

税金

続いては両者の維持費の違いを比較してみたいが、最も大きなウェイトを占めるのはやはり、自動車税”自動車重量税”である。

今回はこの2つの税金の負担額について、3ナンバー車と5ナンバー車を比較してみたい。

  車種  排気量 車重 自動車税(年) 自動車重量税(年)
5ナンバー車    デミオ・ガソリン 1,298cc 1,030kg 34,500円 7,500 円
デミオ・ディーゼル 1,498cc 1,130kg 34,500円 7,500 円
アクア 1,496cc 1,080kg 34,500円 7,500 円
ノア 1,986cc 1,600kg 39,500円 10,000円
3ナンバー車  アクセラ15s 1,496cc 1,260kg 34,500円 7,500 円
プリウス 1,797cc 1,370kg 39,500円 7,500 円
SAI 2,362cc 1,590kg 45,000円 10,000円
レクサスLS600h 4,968cc 2,320kg 88,000円 12,500円
アルファード(ハイブリッド) 2,493cc 2,140kg 45,000円 12,500円

自動車税

自動車税はエンジン排気量によってその負担額が決定するのだが、排気量が大きくなればなるほど納税額も増える仕組みだ。

これが、”3ナンバー車の方が5ナンバー車よりも自動車税が高い”と考える人が多い理由なのだろうが、上の表を見れば必ずしもそうではないことをお分かりいただけると思う。

3ナンバー車であるアクセラ15sの年間負担額が34,500円なのに対し、5ナンバー車であるノアの負担額は39,500円である。

何と、5ナンバー車の方が3ナンバー車よりもその額が大きいではないか。

アクセラ15sよりもノアの方がエンジン排気量が大きいことがその理由なのだが、3ナンバー車であるアクセラの負担額が5ナンバー車のアクアと同じであることも興味深い。

これは、アクセラが3ナンバー車に分類される根拠はあくまでも全幅が1,700mmを超えることであり、エンジン排気量自体は5ナンバー車のアクアと変わらないことがその原因だ。

以上のことは、自動車税の負担額とナンバーの違いは全く別ものである”ことを証明する良い例だと思う。

さらに、共に3ナンバーであるSAIとレクサスLS600hの年間の自動車税の負担額を比較してみても面白い。

SAIの負担額が45,000円であるのに対し、レクサスLSは88,000円でその差は43,000円。

この2台を比較する場合も、やはり、2.4Lと5Lと言う排気量の違いが負担額の差が生じる原因となっているのだ。

自動車税の納税額は、あくまでもその車のエンジン排気量によって決定されるわけで、その車ごとに個別的に考える必要があると言えるだろう。

自動車重量税

続いては重量税であるが、これについてもナンバーの違いではなく、その車の重量ごとに個別的に見ていく必要がある

例えば、5ナンバー車であるノアと3ナンバー車であるプリウスを比較してみればその理由をお分かりいただけると思う。

プリウスもアクセラ15sと同様、全幅が基準を超えるために3ナンバー車に分類されているのだが、車重は1,370kgとそれほど重くはなく、重量税の負担額は1年あたり7,500円だ。

一方のノアは5ナンバー車であるが、ミニバンと言うこともあり車重は1,600kgに達し、年間の負担額は10,000円。

こちらについても、5ナンバー車の方が3ナンバー車よりも負担額が大きいではないか。

このことが、重量税についても、3ナンバーと5ナンバーと言う括りで比較することが現実的ではないことを物語っていると思う。

終わりに

本投稿を読んでいただいた方には、3ナンバーと5ナンバーと言う括りで自動車の維持に関わる税金の負担額を比較することがそれほどの意味を持たないことをご理解いただけたと思う。

自動車の維持費について考える場合は、その車のエンジン排気量や重量をもとに、それらの負担額を算出する必要があるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク