理不尽なノルマ! 恵方巻きにもブラック企業の陰が!

正月も終わたっと思うとすぐに節分がやってくる。

節分といえば、”恵方巻き”を食べるという習慣がすっかり定着した感のある我が日本であるが、その恵方巻きにもブラック企業の陰が見える。

恵方巻きに限ったことではないが、コンビニ始め小売店では季節ごとののイベントがあるたびに従業員に多大なノルマが課せらるるのがほとんどだ。

今回は、そのノルマの実態について投稿する。

スポンサーリンク

恵方巻きに見え隠れするノルマ

子供達がおいしそうに恵方巻きを頬張る姿は微笑ましい限りだが、そんな恵方巻きの販売を巡って、多大なノルマに苦しむ人たちが多くいることをご存知だろうか。

スーパーマーケットのみならず、セブンイレブン始めコンビニエンスストアでも毎年必ず恵方巻きを販売している。

私の経験から言うと、それらの店舗の社員には理不尽なノルマが課せられるケースも珍しくない。

例えば、コンビニでアルバイトをしている学生が恵方巻きの注文を30件取ってこいと強要されるなんてことはざらである

これは、スーパーマーケットの社員にも全く同じことが言える。

最も腹立たしいことは、社員に恵方巻きの営業をさせるのであればしかるべき手当を出すべきなのに全くそれがなされていないことだ。

彼ら従業員はしっかり1日8時間(で済めばいいのだが)働いた他に、別の時間で恵方巻きの営業活動を行うことになる。

完全なサービス残業である。

みんなで一緒に会社に文句をいえばよいのだがそれができないのが我々日本人である。

多くの従業員が心の中に不満を感じながらも会社の方針に従っているのだ。

まして、アルバイトにまでただ働きをさせるというのだからいい加減にしろといいたくなる。

自身の勤め先でこれに該当するケースがあればその企業が立派なブラック企業だ。

ノルマは恵方巻きだけではない

このような理不尽なノルマは恵方巻きに限ったことではない。

コンビニエンスストアやファーストフード、スーパーマーケットで働く人はことあるごとにそのノルマに苦しむことになる。

季節のイベントをピックアップしてみても結構な数がある。

恵方巻き、バレンタインのチョコレート、ひな祭りケーキ、土曜の丑の日のうなぎ、クリスマスチキンと言ったところか・・。

年がら年中祭りをやっているようなものだ。

私は以前、あるファーストフード店に勤務していたことがある。

言うまでもなく完全なブラック企業だ。

クリスマスシーズンには当然のごとくクリスマスチキンのノルマが待っていた。

しかも通常のメニューにあるチキンのみならずクリスマス専用の商品まで用意されていた。

当然、私もその営業活動を強いられたのだが、やはり勤務時間外であった。

私がチキンの営業に費やした分の賃金は一切支払われなかった

まれに、店長が優れた人格者である場合は、ノルマもなく営業活動の賃金もしっかり支払われるケースもあったが極めてレアなケースであった。

ほとんどの店舗では社員はサービス残業を強いられ、アルバイトにさえもノルマが課せられていた。

その会社では、チキンのみならずクリスマスのアイスを販売していたこともあるようで、当時聞いた話ではクリスマスが終わると社員の家の冷蔵庫がアイスでいっぱいになったそうだ。

”ノルマを達成できなければ自腹でその分を負担しろ”ということに他ならない。

多くのコンビニエンスストアやスーパーマーケットで、同じようなことが年中行われていると思うと本当に腹が立つ。

理不尽なノルマを出された場合は

自身の勤め先でこのような理不尽なノルマを課された場合はどう対処したらよいのだろうか。特別な方法はない。

社員一人ひとりがおかしいことはおかしいと声を上げる以外に術はない

ノルマを達成できなければ、それは社員の実力不足とみなされるべきだ。

それによって賃金の増加や地位の向上が見送られるというのならばそれは納得できない話ではない。

本当に実力主義を叫ぶのであれば会社側はこのように対応しなければならないはずだ。

ノルマ達成に至らなかった部分を社員が自腹で埋め合わせるのは明らかにおかしい

日本人の悪い習慣として、上のものには逆らえない、意見を言えないということがある。

だからブラック企業に都合よく使い回されるのだ。

勇気を出して上司なり、同僚なりに相談、協力を求め声を上げていく以外に道はない。

このような悪辣な行為をしている企業には一刻も早くその行為を改めてもらいたいが、社員が黙っていては何も始まらない。

ますますブラック企業が調子に乗るだけだ。

しかるべき弁護士に相談するのも1つの方法だし、労働基準監督署に訴えるのもよいだろう。

苦しんでいる社員自らが行動を起こさない限りは何も変わらない

理不尽なノルマに苦しんでいる人たちはに、大変であるとは思うが勇気を持って行動して欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク