飲酒運転の基準とは!? どれくらいの量を飲んだら酒気帯びになるの?

飲酒運転の禁止

飲酒運転が許されないことは誰もが知ることと思うが、具体的にどれくらいの量のアルコールを摂取したら基準値に達してしまうのだろうか。

今回は、この各種酒類の摂取量と酒気帯び運転の基準値の関係について投稿する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

検査方法

酒気帯び運転の定義は基準値を超えるアルコールを保有した状態で車両等を運転する行為であり、これに該当するか否かは呼気中アルコール濃度を計測する検査により判断される。

俗に言う“風船”であるが、検査の結果、呼気中アルコール濃度が0.15mgに達した場合に酒気帯び運転が適用される仕組みだ。

ついては、仮に微量のアルコールを保有していたとしてもこの基準に達しない限り検挙の対象にならないことと、濃度が0.15mg以上の場合と0.25mg以上の場合で反則点数が異なることを覚えておきたいところである。

血中アルコール濃度

警察による検査では呼気中のアルコール濃度が調べられるが、それに相当する血中アルコール濃度を計算することで、酒気帯び運転の目安となる飲酒量を知ることができる。

血中アルコール濃度(%)=(飲酒量×アルコール度数)÷833×体重

この血中アルコール濃度を5倍すると呼気中アルコール濃度に換算できる(単位はmg)と言われており、酒気帯び運転の基準である0.15mgに達する飲酒量を算出するための有効な手段となり得るのだ。

これをもとに計算すると、体重60kgの人がアルコール度数5%の缶ビール(350ml)を1本を飲んだ場合の血中アルコール濃度は0.035%。

0.035を5倍し呼気中アルコール濃度を求めると結果は0.175mgで、酒気帯び運転の基準値である0.15mgを上回ることがわかる。

以上のことからも、体重の問題があるとは言え、“缶ビールを1本飲んだらアウト”と考えて間違いないだろう。

血中アルコール濃度(%) 呼気中アルコール濃度(mg) 反則点数
0.03 0.15 13点
0.05 0.25 25点

目安となる飲酒量

ご紹介した血中アルコール濃度をもとに酒気帯び運転の適用基準に達する各種アルコール類の飲酒量を算出すると以下のようになる。

  • ビール(度数5パーセント)  :300ml 
  • ワイン(度数10パーセント):150ml
  • 日本酒(度数15パーセント):100ml
  • 焼酎(度数20パーセント) :75ml     

     ※ 体重60kgの場合

缶ビールを1本飲みきることはできず、さらに度数が強いその他の酒類については当然ながらより少量の摂取で基準値に達してしまうので注意が必要だ。

その人の体重によってはますます少ない量で基準に達してしまうことも考えられるため、少しでも飲んだら運転しないことが何よりも大切と言えるだろう。

酒酔い運転

飲酒運転は“酒気帯び運転”と“酒酔い運転”に分類されるが、前者に該当するかどうかが呼気中のアルコール濃度により判断されるのに対し、後者はアルコールにより正常な運転ができない状態と判断された場合に適用される。

具体的には歩行がふらつく、呂律が回らない等の症状が見られた場合がこれに該当すると思われるが、警察官の主観的判断によるところが大きく、アルコールに弱い人などは酒気帯び運転の基準に達しない状況でこの酒酔い運転が適用される可能性があることに注意しなければならない。

飲酒運転の謎! ノンアルコールビールでも警察に捕まるって本当!?
“ノンアルだから大丈夫”と言ってノンアルコールビールを飲んで運転するドライバーもいるようだが、一...

この様な事態を避けるためにも、“飲んだら乗らない”を徹底することが何よりも大切なのだ。

罰則

酒気帯び運転及び酒酔い運転の罰則は下の表にまとめた通り。

両者ともに反則金が適用されず、検挙されれば確実に刑事処分が課せられることに加え、一発で免許が取り消される確率が高いなど非常に厳しい処分を受けることになる

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
“交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、それが罰金ではなく反則...

もちろん、事の悪質性を考えれば当然のことであり、言い訳の余地は一切ないだろう。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
大型 普通 2輪 原付
酒気帯び運転 0.15mg以上 13点 適用なし 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
0.25mg以上 25点
酒酔い運転 35点 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

終わりに

酒気帯び運転の基準値に達してしまう各種酒類の飲酒量をご理解いただけただろうか。

今回紹介した血中アルコール濃度の計算式はその目安を知るのに有効な手段であるが、体調や体重に左右される可能性もあり、常に完璧な値の算出を保証するものでははない。

よってやはり、“飲んだら乗らない”を徹底することが何よりも大切なのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク