最近マツダが値引きしないとの噂が! デミオ購入の交渉術は?

値引き拒否

以前は大幅な値引きを期待する事ができたマツダ車だが、最近はで全く値引きしてもらえないケースも少なくないらしい。

今回は、その真偽を私がデミオを購入した時の交渉の過程を踏まえて投稿したいと思う。

スポンサーリンク

値引きなし

最近のマツダは値引きをしないのかと聞かれれば、確かにその通りだと思う。

もちろん、全くの値引きゼロではないが、購入者が納得できる額の値引きを勝ち取ることはかなり難しいと言わざるを得ないのだ。

例えば、私がSAIを購入したときには、”最低でも30万円の値引きは当たり前”くらいの心算で交渉してもしっかり対応してくれたのだが、マツダではそうはいかない。

ディーラーが、”基本的には値引きなし”と言うスタンスを徹底しているのだ。

私自身それなりの値引き額を期待していただけに驚いたのだが、営業マンの”納得していただけないのなら購入を見送っていただいて結構”という趣旨の発言もあったほどである。

この事からも、最近のマツダが自社の車のクオリティに確かな自信を持っている事を知る事ができると思う。

マツダ地獄

マツダ地獄という言葉があったが、現在ではその概念は消滅してしまったと言っても過言ではないようだ。

以前、マツダ車は人気がなく、他社の車に乗り換える場合はその下取り額が圧倒的に低くなることが多かった。

ところが、再びマツダ車を購入するとなるとその下取り額が高額になると同時に、新車購入価格を大幅に値引きをしてもらえたのだ。

そのため、他社の車に乗り換えようとしていた人も再びマツダ車を購入することになる

これが永遠と繰り返されるために、このマツダ地獄と言う呼び名が定着した事は多くの人の知るところだと思う。

当時のマツダは、そうでもしなければ販売台数が増えることは難しいと考えていたのだろうが、現在ではデザイン、性能ともに素晴らしい品質の車をつくり出している。

これまでのような小手先の販売テクニックに頼ることなく、自社の製品のクオリティでに勝負できるようになったのだ。

これを踏まえれば、マツダ地獄が過去のものになったというのも当然と言えるだろう。

デミオの値引き

デミオ

マツダ車の購入をご検討中の方にとっては、やはり、実際に可能な値引きの額が気になるところだと思う。

私がデミオを購入した際には、本体価格から5万円の値引きだった。

営業マンの話では”これでも頑張っている”とのことであったが、やはりこのあたりが値引き額の相場と考えられる。

しかし、聞いた話ではあるが、さらにオプションからの5万円の値引きを勝ち取ることができる場合もあるらしい。

となれば、合計で10万円の値引きと言うことになるが、基本的には値引きをしないというマツダの基本方針が変わることはないので、過度の期待はしない方がよいだろう。

少なくともデミオに関しては、5万円の値引きを引き出せれば十分で、仮に10万円ともなれば大勝利と言えると思う。

下取り

値引き額には大きな期待はできないが、それまで乗っていた車を下取りに出す場合には、交渉次第では満足できる下取り額が付く可能性がある。

私の場合、2007年式のダイハツ・ムーヴカスタムを30万円で買い取ってもらった。

走行距離が8万キロを超えており、5万円にもならないと考えていただけに、嬉しい誤算と言えるものであったと思う。

はじめは20万円を提示され、これでも十分かと思ったのだが、さらに粘ってみた結果この額を勝ち取る事ができたのだ。

また、下取りを希望される場合は、他の中古販売店などにも見積もりを出してもらうとよい

仮にそちらの査定額のほうが高い場合は、その査定額を根拠にさらなる下取り額の増加を交渉できるからだ。

備品

交渉次第では、本体値引きと下取り額アップの他にも、何かしらの成果を得ることができる。

私の場合は、5万円の値引きと下取り額のアップの他に、”スタッドレスタイヤ”を付けてもらうことができた。

価格にすると、約5万円分である。

“精一杯やっているので今日中に決めてくれ”と言うディーラーの決まり文句が出た後で、さらに粘ってみたらスタッドレスタイヤが付いてきたのだ。

今のマツダの方針を考えれば、”値引きがダメならせめて備品”と言うくらいの気持ちで交渉に臨むことも必要だと思う。

交渉のポイント

お願い

私の経験からも、少しでも多くの値引きを勝ち取りたければ、最後まで粘り強く交渉することが大切だと思う。

決して安い買い物しているわけではないし、我々の日常生活に欠かすことができない重要な選択をしているわけだから、この点はディーラーにも理解していただかねばならない。

ディーラーとしても売りたいと言う気持ちがあるわけで、交渉が決裂しない段階での落とし所を提示してくるはずだ。

同時に、”マツダ車に乗りたい”と言うこちらの強い気持ちを伝えることも極めて重要である。

営業マンも人間なのだから、顧客が自社の車に好印象を持っているとなれば、少しくらい譲歩しようと思わないこともないだろう。

終わりに

最近のマツダから大きな値引きを勝ち取ることは不可能だが、彼らがそれに見合う素晴らしい車をつくっていることは紛れもない事実だ。

仮に大幅な値引きを得ることができなくとも、それに見合う価値がある車を購入すると思えば、大きな不満が出ることもないのではないかと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク