新古車と未使用車の違いって何だ!? メリット・デメリットは?

未使用車

”新古車”と言う言葉をよく耳にするが、同じく”未使用車”と言う言葉も聞くことがあり、その違いが気になる。

また、新車との違いやそれらの車を購入するメリットはどのようなものなのだろうか。

スポンサーリンク

新古車と未使用車

結論から言えば、”新古車”と”未使用車”の間に意味の違いはない

両者とも一般による使用はなく、ディーラーによってナンバー登録のみが行われた車のことを指す言葉である。

いずれの場合もナンバー登録が行われているわけだから、厳密には中古車の部類に入ると言うことを理解しておきたいところだ。

これについては意外に思われるかもしれないが、新古車と言う呼び方は、自動車業界では使用しないことになっている。

と言うのも、”中古車であるにも関わらず新車であるような印象を与え誤解を招きかねない”として、自動車公正取引委員会によって使用が禁止されてしまった経緯があるのだ。

よって、自動車業界では、”未使用車”と呼ばれているのである。

メリット

価格

未使用車のメリットとしては、新車を購入する場合に比べ価格が安いことがあるが、上手くいけば、新車よりも10万円以上安く購入することができることもある

ただし、場合によっては新車を購入し、そこから値引きしてもらった方が安く購入できるケースもあるので一概には言えないようだ。

未使用車を購入するする場合は、値引き額を含んだ新車価格を調査し、車の状態なども考慮した上で、どちらを購入するかを判断するのがよいだろう。

納期

新車購入と比べ、納期が早いことも未使用車のメリットである。

新車の場合は注文後に生産が開始されるが、未使用車の場合はその車自体が既にディラーにあるのだから、納期が早いのも当然なのだ。

急いで車が必要な方で、自身が求める条件に合った未使用車があれば、とてもありがたい。

税金負担額の減少

税金の負担が少なくて済むことも未使用車のメリットである。

初回分の自動車重量税は、ナンバー登録時にディーラーによって支払われているので、購入後にユーザーが支払う必要はない。

また、ナンバー登録より時間が経過している場合が多く、自動車取得税の残価率も下がる傾向にあるため、その負担額も安くなることが多いのだ。

自動車にかかる税金の種類は9つもある!? その詳細を解説!
先日、ガソリン税について投稿したが、その他にも自動車には多くの税金が課せられており、その種類は9つに...

デメリット

傷・汚れ

未使用車にはデメリットもあるが、やはり、完全な新車ではないと言うことは見逃すことができない。

と言うのも、展示車試乗車として使われていた車が未使用車として販売されるケースも少なくないのだ。

よって、シートが汚れていたりボディに傷が付いていたりする可能性を完全に否定することは困難である。

そのような状態であるにも関わらず、ほとんど新車と値段が変わらないのであれば、新車を購入したほうがよいということになってしまう・・・。

その車が試乗車や展示車上がりであることがわかれば、車の状態や走行距離などをチェックし、納得できるものかどうかを判断するようにしよう。

中古車の可能性

残念な話ではあるが、完全な中古車を未使用車と偽って販売している業者も存在するようだ。

正規ディーラーであればまず心配ないとは思うが、中古車専門店などで未使用車を購入する場合は注意が必要。

どこの会社とは言わないが、”走行距離が3,000km以内の車は全て未使用車として販売する”という販売店が存在することを覚えておいて欲しい。

極端な話、”一般のユーザーによって使用された車が未使用車として販売される可能性”もゼロではないのだ。

以上のことから、中古専門店で未使用車を購入する場合は、その車が販売されるまでの経緯をしっかりと確認することは必須。

店舗がその情報開示を拒むようであれば、その店からの購入は見送るべきだろう。

各種選択の不可能

未使用車のデメリットとして最も大きいのがこれかもしれない。

注文後に製造が開始される新車とは異なり、グレード、ボディカラー、メーカーオプション などの選択ができないのだ。

よって、その未使用車に自身が必要とする機能が付いていなかったり、ボディカラーが希望の色とは異なったりすることも少なくない。

逆に、自身の望む条件にマッチする未使用車が見つかった場合は、滅多にないビッグチャンスとも言えるだろう。

未登録車

未登録車

新古車と未使用車とは別に、”未登録車”と呼ばれる車も存在するが、こちらはナンバー登録が行われていない車のことを指す。

この場合、ナンバー登録がされていないのだから、法律的には新車ということになる

ナンバー登録がされていない以上、試乗車として使用することは不可能なので、走行距離は完全な新車と全く変わらない。

しかしながら、展示車として使用することはできるので、シートの汚れやボディの傷が存在する可能性については完全に否定することはできないと思われる。

購入の際は、やはり、状態のチェックを怠らないようにしよう。

終わりに

何気なく使っている新古車と言う言葉だが、少なくとも自動車業界では未使用車と呼ばれていることをお分かりいただけたと思う。

また、それらの車の購入を検討されている方は、車の状態や搭載される機能、価格などを踏まえた上で総合的に判断するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク