ノーマルタイヤでの雪道走行は交通違反! さらに事故を起こすと…

ノーマルタイヤ

昨日から今日にかけ、猛烈な寒波の影響で西日本を中心に大雪となっているが、普段雪が降らない地域では冬場でもノーマルタイヤのままと言う人も少なくないと聞く。

ところが、これが原因で交通違反に問われる場合があることをご存知だろうか。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、”公安委員会遵守事項違反”と言う交通違反について確認しておく必要がある。

道路交通法第71条では、運転者の遵守事項としてドライバーが厳守すべき多くの事項が書かれているが、注目すべきは第6号だ。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(第1~5号省略)

6  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

                           道路交通法第71条より

条文で、運転者が各都道府県公安委員会が定めた事項を厳守しなければならない旨が記載されていることをご確認いただけると思う。

例えば、多くの都道府県の条例でサンダルやハイヒールを着用しての自動車の運転を禁止する規定が定められているが、まさにこの道路交通法第71条を根拠としているのだ。

これらの規定に違反した場合には”公安委員会遵守事項違反”に問われるが、罰則などの処分の内容は下の表にある通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型車 普通車 2輪車 原付
公安委員会遵守事項違反 なし 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金

雪道と普通タイヤ

ノーマルタイヤを装着した状態で雪道を走行することは、原則として禁止されている。

先ほど、運転者が道路交通法第71条を根拠とする各都道府県公安委員会が定める規定を遵守する義務を負うことを確認したが、やはりこれがその根拠となるのだ。

例えば、宮城県が定める”宮城県道路交通規則”には以下のように規定されている。

積雪または凍結のため、滑るおそれのある道路において、タイヤに鎖又は全車輪に滑り止めの性能を有するタイヤ(接地面の突出部が50パーセント以上磨耗していないものに限る。)を取り付けるなど滑り止めの方法を講じないで、三輪以上の自動車(側車付きの2輪の自動車及び小型特殊自動車を除く。)を運転しないこと。

                     宮城県道路交通規則第14条より

ご覧いただいている通り、積雪または路面の凍結によりスリップする危険性がある道路をスタッドレスタイヤやチェーンの装着なしに走行することは厳禁。

違反した場合はやはり公安委員会遵守事項違反に問わるが、立派な交通違反であると言う認識を持つことが大切である。

ちなみに、この趣旨の規定は宮城県のみならず、沖縄以外の全ての都道府県で条例により設けられているようだ。

事故を起こした場合

ノーマルタイヤでの雪道走行は交通違反であることにみならず、危険極まりない行為であるから絶対に行ってはならないが、規定を無視し事故を起こしてしまえば大変な事に…。

仮に、相手に傷害を与えるような事故を起こせば”過失運転致死傷罪”に問われる可能性もあり、その罰則は”7年以下の懲役または100万円以下の罰金”と重いものである。

自動車の運転条必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

                        自動車運転処罰法第5条

もちろん、民事責任(相手への賠償)も負うことになるが、過失の割合も高くなるはずだ。

相手に迷惑をかけることはもちろん、自身にとっても何一つ良いことはないわけだから、雪道を走行する場合にはしっかりと対策を講じるようにしよう。

終わりに

ノーマルタイヤでの雪道走行が厳禁であることをご理解いただけただろうか。

雪上または氷上を走行する必要がある場合には、必ずスタッドレスタイヤもしくはチェーンを装着するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク