ノーマルタイヤで雪道走行は交通違反! さらに事故を起こすと・・・

雪道

昨日〜今日と、猛烈な寒波の影響で西日本を中心に大雪となっているが、あまり雪が降らない地域では、”冬場でもノーマルタイヤのまま”と言う人も少なくないのではないだろうか。

ノーマルタイヤでの雪道走行が危険であることは言うまでもないが、立派な交通違反なのだ。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、”公安委員会遵守事項違反”と言う交通違反について確認しておく必要がある。

道路交通法第71条では、運転者の遵守事項として様々なことを定めているが、それ以外にも、“各都道府県の公安委員会が定めた規定に従わなければならない”ことが記されている。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

                        道路交通法第71条より

例えば、多くの都道府県の条例で、”サンダルやハイヒールで車を運転してはいけない”と言う内容が定められていたりする。

これらに違反するようなことがあれば、公安委員会遵守事項違反に問われ、その処分を受けることになるのだ。

罰則等、処分の内容は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
公安委員会遵守事項違反 なし 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を支払うことで、刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

雪道のノーマルタイヤ

道路交通法第71条で、各都道府県の公安委員会が定める遵守事項を守らなければならないことを確認したが、実際に例を挙げてみる。

例えば、宮城県が定める、”宮城県道路交通規則”には以下のように規定されている。

積雪または凍結のため、滑るおそれのある道路において、タイヤに鎖又は全車輪に滑り止めの性能を有するタイヤ(接地面の突出部が50パーセント以上磨耗していないものに限る。)を取り付けるなど滑り止めの方法を講じないで、三輪以上の自動車(側車付きの2輪の自動車及び小型特殊自動車を除く。)を運転しないこと。

                     宮城県道路交通規則第14条より

この通り、積雪、路面の凍結によりスリップする危険性がある道路でスタッドレスタイヤやチェーンの装着なしに走行してはならないと規定されている。

よって、これに違反して、雪道をノーマルタイヤのままで走行した場合は、”公安委員会遵守事項違反”に問われるのだ。

他の都道府県はどうなのかが気になるところだが、沖縄以外の各都道府県の条例にも同じ趣旨の内容が定められているようだ。

事故を起こすと

事故

ノーマルタイヤでの雪道走行は危険極まりない行為であると同時に、交通違反であるので、絶対に行ってはならない。

規定に従わずそのまま走行し、事故を起こしてしまえば大変な事になる

仮に、相手に傷害を与えるような事故を起こした場合は、”過失運転致死傷罪”に問われる可能性すらある。

過失運転致死傷罪の罰則は、”7年以下の懲役または100万円以下の罰金”と重いものである。

自動車の運転条必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処する。ただし、その傷害が軽いときは、情状により、その刑を免除することができる。

                        自動車運転処罰法第5条

”ノーマルタイヤのままで雪道を走行しスリップ事故を起こした上に、相手に大きな傷害が残る怪我をさせてしまったケース”では、これが適応される確率が高い。

さらに、民事責任においても、自身の会過失割合が大きくなることは言うまでもない。

相手方への賠償金の額が大きくなるなど、事故を起こした本人も大変な思いをすることになることは間違いなさそうだ。

冬場はスタッドレス

冬が到来する前に、しっかりとスタッドレスタイヤに交換するか、常にチェーンを携帯し、雪道を走行する際には装着を忘れないことが肝要だ。

最近のスタッドレスタイヤの性能は以前よりも格段によくなっているので、その効果は非常に高い。

タイヤの状態さえよければ、必ずしも4輪駆動(4WD)車でなくとも、少々の雪道であれば無難に走る事ができる。

これで車の駆動方式が4WDであれば最強だが、そこは、地域ごとの雪の積もり具合によって適切に判断したいところだ。

終わりに

ノーマルタイヤのまま雪道を走行することは絶対にあってはならない。

交通違反云々の前に、安全を第一に考えなければならない。

各都道府県の条例で、それが禁止されているのも、ノーマルタイヤでの雪道走行が危険であるが故なのである。

雪道を走行する際は、万全の対策をした上で、慎重にも慎重を重ねた運転が求められるのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク