就活生必見!就職活動でのブラック企業の見分け方とは?

ブラック企業問題は、就活生にとっても深刻な問題である。ようやく内定を勝ち取ったと思いきや、その企業がブラック企業なんてことも珍しくはないのが現在の日本社会である。

そこで今回は、就職活動でのブラック企業の見分け方について投稿する。

スポンサーリンク

募集要項

まずは、募集要項にしっかりと目を通すことが重要である。

最近では、ほとんどの企業がインターネット上での求人サイトに自社の募集要項を掲載している。

就活を行う人も、就職サイトへの登録を行っている人がほとんであると言ってもよいだろう。就職を希望する企業の募集ページをよく見てほしい。

以下に、特に注目べき点を挙げる

賃金の額に幅がある

掲載されている年収や、毎月の賃金の額がはっきりしていない場合は要注意である。

例えば、”月給26万”という表記の仕方であれば特に問題はないと思われるが、”月給16~23万”や”年収300~700万円”と言うように下限と上限に大きな差がある場合は要注意である。

ほとんどの社員の給与は下限の金額であり、ほんの数人の成績がよい社員のみが上限の額を受け取ることができるシステムになっていることが疑われる。

上記の”年収300~700万円”のパターンだと、ほぼ全ての社員は年収300万円で、ほんの一握りの社員のみが700万というパターンである。

さらに、年収700万円を受け取るためには法外な残業をしなければならないと言ったケースもある。

残業代込みの給与額であれば初めからそのように表記しなければならないのだが、最近のブラック企業は、上記のようなことすら行ないかねないので注意が必要だ。

学歴不問・未経験者OKに注意

これもかなり危険なサインである。”学歴不問””未経験者歓迎”と言った表現が用いられている場合は要注意だ。

多くの学生は、”未経験者でも応募可能”や”学歴不問”と言う表現を好意的受け止めてしまう。その時点ですでにブラック企業へ足を踏み入れているに等しいのだ。

専門の知識技術資格が必要ないと言うことは、応募のハードルは確かに下がる。

しかし、逆に言えば、そこでの仕事は誰にでもできる単純労働と言うことだ。

持ち合わせている資格や能力を使って仕事をするのではなく、企業に存在するマニュアルに従って仕事をするに過ぎないと言うことである。

そのような企業には社員の能力を活用して企業活動をよりよいものにしようなどと言う考えは全くないと思った方がよい。

彼らが求めるのは人材は、ただただ会社のいいなりになって動いてくれる人材だ。

サービス残業をさせられようとも、多大なノルマを課せられようとも文句を言わず働く人間なのである。

使い回すだけ使い回して、いつでもクビにできると言うのがブラック企業にとっての理想的な人材である。

そうして、すぐに別の社員を雇っては使い回すを繰り返す。だからこそ、特別な知識も資格も不問なのである。

成果主義に気をつけろ

よく耳にする”成果主義”なるものにも注意が必要だ。

よくあるのが、先輩社員の声としてその社員の会社に対する評価を記載するパターンである。

そこでは、「全員にチャンスが与えられている」「がんばれば頑張った分だけ評価される」などと都合のよい言葉が並べられている。

過度な成果主義が意味するのは、”頑張れなかった人間はひどい扱いを受ける”ということでもある。

一部の成績優秀な社員のみが優遇され、その他の社員は常に上からの圧力に悩まされ、不当な労働を強いられることがほとんどである

一部の優秀な社員が好待遇を受けることは構わないが、全ての社員に対してどのような待遇が与えられるのかも確認すべき点だ。

残業代込みも要注意

これも特に注意が必要だ、”残業代込み”の賃金形態である。

賃金に残業代が含まれていることを理由に、法外な長時間の残業を強いてくるブラック企業が多くある。

法律で、残業代込みの賃金形態を採用する場合は、どれほどの時間分の残業代が含まれているのかを明記しなけらばならないことになってることもポイントだ。

ただ漠然と”残業代込み”とだけ記載してある場合には要注意である

また、残業代込みの賃金形態に限らず、普段の仕事でどれくらいの残業が発生するのかも確認しておく必要がある。

残業代込みの賃金形態の問題点については、専門に投稿したページを参照してほしい。

ブラック企業に騙されるな!残業代込みの賃金形態は要注意!
最近では、残業代込みの賃金形態を取っている企業も少なくない。この残業代込みでの給与体系は法的に違法で...

面接

面接でも、ブラック企業かどうかを見極めることはできる。

面接というと「受かりたい」という気道が先立って、相手に気に入られようとばかりしてしまう人がほとんどだが、それこそがブラック企業の犠牲になる第一歩である

「ブラック企業かどうか判断してやろう」くらいの気持ちで面接に臨むべきた。明らかにおかしい企業からの内定をもらえなくても「むしろよかった」と考えるべきである。

相手の顔色を伺う必要などない。堂々と「ブラックですか?」と聞いてみても面白い。そこで急に怒り出したり高圧的な態度に出てくる面接官であれば、内定をもらえたとしても辞退するべきた。

「ブラックですか?」はストレートすぎるし、勇気がいる。なかなか聞きずらい場合は、社員の労働環境や職場の雰囲気、人間関係について聞いてみるといい。

”お互いがしっかりと意見を言えるような職場である”と思えるような発言を面接官から聞けるようなら、それほど心配はないだろう。

逆に、「社会人だから少々のことで文句を言うのはおかしい」「人の言う事を素直に聞くのがよい」などという言葉がでてきたら完全にブラックだと思ってよい。

「特に「人の意見を素直に聞く」といった類の言葉が意味するものは、「どんなに理不尽な扱いを受けても文句を言わずに働け」ということに他ならない。

終わりに

以上ようなことをしっかりチェックしてもらい、怪しいところは念頭に置いて説明会なり面接に臨むことが肝要である。

あらかじめ質問する内容を用意しておき、面接の際にどのような回答を得られるのかで、入社の是非を決めるのもよいだろう。

ただし、ブラック企業を判断するには、例えば、36協定の妥結の有無など、労働法制を理解していないと判断に困ることも少なくない。

やはり、就職活動に臨む際には、労働基準法始めしかるべき知識を身につけておくことは必須である。

36協定の意味を理解すればブラック企業が見える! あなたの会社は?
36協定という言葉を耳にすることがあるが、その意味をご存知だろうか。名前は聞いたことがあるが内容はさ...
ブラック企業もびっくり!労働基準法違反で逮捕される?
労働基準法と言う言葉を一度は聞いたことがあると思うが、その内容を詳しく知る人は少ないと言わざるを得な...

こちらが企業に媚びるような状態では始めから負けである。

ブラック企業かどうか判断して、「気に入らないのであれば辞退する」「能力がある自分をのを欲しいならしっかりとした待遇で採用しろ」くらいの気持ちで就職活動に臨むことができるように、普段から自身の見識と能力を高めておくことも当然ながら必要である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク