運転中の眠気対策! 居眠り運転を防ぐ最も効果的な方法は!?

眠気

車を運転する人であれば、運転中に眠気に襲われることもあると思うが、一歩間違えば大変なことになってしまう。

そこで今回は、数ある眠気対策の中で最もベストな方法はどれなのかを考えてみたい。

スポンサーリンク

眠気対策

運転中の眠気対策には様々なものがあると思うが、”コーヒーを飲む”、”ガムを噛む”、あるいは、”窓を開ける”などがその代表例である。

運転中の眠気対策
  • ガムを噛む
  • コーヒーを飲む
  • 窓を開ける
  • 音楽を聴く
  • 暖房を切る
  • 同乗者と会話する
  • 仮眠を取る

効果

ガムを噛むことやコーヒーを飲むことは簡単にできることだが、眠気を覚ます効果についてはあまり期待できない

私自身、これらの方法を何度も実践しているが、強い睡魔に襲われた場合にはほとんど効果がなかった。

暖房のスイッチを切ることや音楽を聴くことも同様で、気休め程度でしかないと言わざるを得ないと思う。

一方、同乗者との会話は極めて効果的である。

運転中は、一度眠気を感じてしまうとそれがどんどん強くなり、やがては居眠り運転状態になりかねない。

逆を言えば、眠気を感じないようにすることが最も大切なことなのだが、助手席に同乗者がいるだけで不思議と眠気を感じないのだ。

また、仮眠を取ることもとても効果的で、ほんの10~20分眠るだけでだいぶ楽になることも少なくない。

車を停める場所を確保できることが条件となるが、ショッピングセンターの駐車場などを利用することが可能であれば、とても有効な方法だと思う。

ベストな方法

睡眠

同乗者との会話と仮眠を取ることの他に、もう1つ、居眠り運転を防ぐための極めて効果的な方法がある。

それは、眠気を感じること自体をを予防することだ。

そのためには、普段から十分な睡眠を取り、体調を整えることが何よりも大切なのだが、心がけ1つで十分に実践することが可能である。

特別なことが必要なわけではなく、早寝早起きを意識するだけでもいいかもしれない。

私自身、これを実践して以来その効果を強く実感しているのだが、運転中に眠くなることが全くなくなった。

”十分な睡眠が取れていない時は運転しない”を実践することこそが、居眠り運転を防ぐベストな方法であると思う。

終わりに

居眠り運転をしてしまえば、自らはもちろん、相手を巻き込む重大な事故を起こす可能性があるわけで、絶対にこれを避けなばならない。

そのためにも、体調管理を怠ることなく、十分な睡眠を確保した上で運転するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク