反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!

罰金

”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく反則金のことを指しているのだ。

そこで今回は”罰金”と”反則金”の違いについて投稿する。

スポンサーリンク

はじめに

交通違反を犯した場合、その当事者は、①刑事責任(懲役、禁固、罰金刑など)と②行政上の責任(運転免許の停止、取り消し処分)を負わなければならない。

さらに交通事故を起こし相手を死傷させるなどした場合には、③民事上の責任(被害者への賠償)も発生する。

罰金と反則金の最大の違いは、罰金が刑事処分のうちの1つであり、反則金は行政処分に属すると言うことである。

詳しくは以下のページで確認して欲しい。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

罰金

刑事罰

道路交通の円滑化を目的に運用されている”道路交通法”には、様々な規定がある。

例えば、”対向車や前を走行する車を妨害してしまう恐れがある場合には、ヘッドライトをロービームにしなければならない”と言ったような、我々が”交通規則”と呼んでいるものである。

と同時に、その規定に違反した者に対する罰則もしっかり規定されているのだ

例えば、”指定場所一時不停止等”に違反した場合の罰則は”3ヶ月以下の懲役又は、5万円以下の罰金”とされている。

また、”過労運転等”に対する罰則は”3年以下の懲役又は50万円以下の罰金”である。

”懲役”と言う言葉に驚いた人も少なくなと思うが、交通違反や交通事故に対する罰則として、この”懲役刑”が適応されることもあり得ると言うことである

窃盗や詐欺行為をすれば刑事事件として立件され、裁判の結果次第では懲役刑や禁固刑あるいは罰金刑と言った刑罰を受けねばならないのと、何ら変わりはないのだ。

予め定められた罰則に基づき、刑事裁判を経てはじめて当事者の量刑が確定するわけで、仮に罰金刑に処せられたとしても、その金額は各事案ごとに異なる

また、言うまでもないが、罰金は”懲役刑”や”禁固刑”と同じ刑罰の中の1つであり、罰金を支払うことになれば、立派な犯罪を犯したと言うことを意味する。

同時に、当事者には、”前科”が付くことも理解しなければならない。

交通違反を犯すことや交通事故を起こすことは立派な犯罪行為だと言う認識を持つことが大事なのである。

ところが、軽微な交通違反に限っては、以上のような刑事処分を免れることができる仕組みがある。

それが、”交通反則通告制度”であり、反則金制度である。

反則金

罰金の項目で確認してただいたように、交通違反や交通事故を起こせば刑事事件として立件され、その刑事処分を受けることになる。

ところが、交通反則通告制度のもとで、軽微な交通違反に限っては、当事者が”反則金”を納付することでそれが刑事事件へとして立件されることが見送られる仕組みが採用されている。

簡単に言えば、交通違反を犯しても反則金を支払えば刑事処分を免れることができるのだ

それを支払うことで、本来受けるべき刑事処分を免れることができるものが反則金であると言い換えることもできる。

刑事処分を受けないということは、懲役や罰金刑に処せられることもないし、もちろん前科が付くこともない。

交通違反で検挙されても、反則金を納付すればそれで済んでしまうと言うことすら可能だ。

”信号無視で捕まり罰金9,000円取られた”と言うような話を聞くが、これは罰金ではなく反則金なのだ。

また、”反則金さえ支払えば刑事処分を受けなくても済むなら交通違反をしても構わない”などと言う勘違いは、くれぐれもしないようにしていただきたい。

交通違反は立派な法律違反だと言うことを忘れてはならないのだ

また、反則金制度が適応されるのは比較的軽微な交通違反に限ると言うことも覚えておかなければならない。

過度の速度超過や飲酒運転などの悪質な交通違反の場合には、反則金制度が適応されないので、刑事処分を受けることは避けられない。

また、交通事故を起こした場合も反則金制度が適応されないので、刑事処分を受けなければならないのだ。

ちなみに、この反則金制度は行政処分に属するとされている

主な交通違反とその反則金の一覧を以下に載せたので確認して欲しい。

主な交通違反と反則金 

  反則金(円)
違反の種類 大型車 普通車 二輪車 小型特殊車 原付
速度超過 35〜40km/h未満(高速道路) 40,000 35,000 30,000 20,000 20,000
速度超過 30〜35km/h未満(高速道路) 30,000 25,000 20,000 15,000 15,000
速度超過 25〜30km/h未満(一般道) 25,000 18,000 15,000 12,000 12,000
速度超過 20〜25km/h未満(一般道) 20,000 15,000 12,000 10,000 10,000
速度超過 15〜20km/h未満(一般道) 15,000 12,000 9,000 7,000 7,000
15km/h未満 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
信号無視(赤色など) 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
信号無視(点滅) 9,000 7,000 6,000 5,000 5,000
遮断踏切立ち入り違反 15,000 12,000 9,000 7,000 7,000
通行区分違反 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
追越し違反 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
踏切不停止等違反 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
安全運転義務違反 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
携帯電話使用等の違反(交通の危険) 12,000 9,000 7,000 6,000 6,000
通行禁止違反 9,000 7,000 6,000 5,000 5,000
指定場所一時不停止等違反 9,000 7,000 6,000 5,000 5,000
通行帯違反 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
路面バス等優先通行帯違反 7,000 6,000 6,000 5,000  
車間距離不保持違反 7,000 6,,000 6,000 5,000 5,000
割込み等違反 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
無灯火違反 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
合図不履行違反 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
携帯電話使用等の違反(保持) 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
 消音器不備違反 7,000 6,000 6,000 5,000 5,000
最低速度違反 7,000 6,000 6,000 5,000  
警音器使用制限違反 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000
免許証不携帯 3,000 3,000 3,000 3,000 3,000

※ 上記の表は、主要な反則行為のみを抜粋したものであり、全ての反則行為とその反則金については、以下のページで確認して欲しい。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

終わりに

反則金と罰金の関係を理解していただけただろうか。

交通違反が法律違反であり、本来であれば刑事罰を受けなければならないと言うことをしっかりと認識することが大切だ。

反則金にせよ罰金にせよ、それらを納めること自体を避けるべく努力しなければならないことは言うまでもない。

車が好きな人ほど、常に”安全第一”を考え、交通ルールを厳守の上で運転を楽しむことを心がけよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク