マツダコネクトの使い勝手をデミオオーナーがレビュー!

マツダコネクト

最近のマツダ車は、”マツダコネクト”というナビゲーションシステムを搭載している。

私のデミオにも採用されているのだが、今回はこの機能の使い勝手についてオーナー目線でレビューしたいと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、”マツダコネクト”の概要について確認しておきたいが、これはマツダが採用する新世代のナビゲーションシステムの総称である。

マツダの位置付けとしては、液晶モニターのみならず、メーターやアクティブドライビングディスプレイなども含めたドライバーに対する総合的な情報提供システムを言うようだ。

実際に道路案内で目的地を設定るると、アクティブドライビングディスプレイにも右左折の指示や、交差点までの距離などが表示される。

他社のカーナビとは少々異なり、原則としてディスプレイ自体は初めから付いており、燃費の確認などのモニター機能として利用することが可能。

道路案内やCD、DVDプレイヤー、TV機能などを追加する場合は、別途メーカオプションとして申請する仕組みが採用されている。

デザイン

まずは、デザインのよさに驚かされる。

最近のマツダ車は、外観、内装共に素晴らしいデザイン性が高く評価されているが、このナビゲーションシステムについてもそれが際立つ。

欧州車でしか味わうことができないような美しいシェイプのナビ画面のみならず、入力装置である”コマンダーコントロール”のデザイン性も素晴らしい。

このマツダコネクトが同じく素晴らしい内装デザインと見事にマッチし、お互いをさらに引き立てていることには、軽い感動すら覚える。

他社メーカーの車の中には、ナビ画面のデザインが残念なものも少なくないだけに、見た目のよさだけでも十分に満足できてしまう出来だと思う。

ちなみに、モニターの形状はデミオ、CX-3、アクセラは共通で、アテンザやCX-5では少々異なるのだが、いずれのデザインも素晴らしいものである。

操作性

コマンダーコントロール

操作性もとても高いと思う。

サイドブレーキの後ろにあるダイヤル式の入力装置、コマンダーコントロールを動かすことで全ての画面操作を行うことが出来るので、ナビ画面に手を伸ばす必要がない。

そのダイヤル操作自体もとてもシンプルで簡単だ

ダイヤルを回して画面上のカーソルを移動させ、同じくダイヤルを押すことで決定することが可能なのだが、ほぼ全ての操作をこの2つの動作のみで行うことが可能。

よって、難しいことは一切なく、説明書を読む必要すらないので、初めて運転する人でもすぐに使いこなすことができると思う。

SAIの入力装置である”リモートタッチ”もとても便利なのだが、そちらはパソコンのマウスに近く、慣れるまでは戸惑うこともあるのだが、コマンダーコントロールはその心配もない。

また、道路案内で、ダイヤルを回すだけで広域から詳細まで簡単に尺度を変えることができる点も高く評価したい。

視認性

マツダコネクト

画面が見やすいので視認性も高い。

ディスプレイの画質も申し分ないし、道路案内の地図もとてもわかりやすく表示されるので目の負担も軽減されると思う。

その地図の表示方式は3通りあり、地図が立体的に表示されるタイプのものについては、とても先進的な印象を受ける。

その他機能

マツダコネクト

マツダコネクトのディスプレイには、道路案内のみならず、様々な情報が表示される。

中でも、最も実用的と思われるのが”燃費モニター機能”であるが、エンジンを始動してからの平均燃費がこの画面に表示されるのだ。

デミオはガソリン、ディーゼル両モデルともに抜群に燃費がよいので、画面に表示される数字を確認するのが楽しみになることも少なくない。

音楽再生やテレビを見ることも可能だが、メーカーオプションでCD、DVDプレイヤーとテレビチューナーを付ける必要がある。

不具合

現在地の誤表示

初期のマツダコネクトによく見られた症状なのだが、走行中の現在地が誤って表示されるトラブルが度々報告されている。

”一般道を走行しているに関わらず、ナビ画面では近くの高速道路を走行しているように表示されてしまう”というのがその代表的な例だ。

これについてはわりとすぐに改善がなされたため、これからマツダ車を購入される人にとっては全く問題ないと考えてよいだろう。

I pod接続

I podとはかなり相性が悪い。

他のデジタルオーディオプレイヤーやUSBフラッシュメモリについてはわからないが、少なくともI podを接続して音楽を再生する場合に、動作が不安定になることが少なくないのだ。

これについては、同じI pod端末でも、トヨタのSAIのナビゲーションに接続した場合には問題なく動作するので、やはりマツダコネクト側に問題があると考えるのが妥当だと思う。

画面が固まったり曲名などの表示が乱れたりするのだが、結構ストレスを感じることが多く、なかなか厄介な問題なのである。

不具合の詳細とその解決方法については、以下のページを参照して欲しい。

USBも大丈夫!? マツダコネクトの不具合を改善する方法とは?
マツダのナビゲゲーションシステムであるマツダコネクトだが、使い勝手の良さが評価される一方で、不具合も...

終わりに

そのデザイン性の高さと使い勝手のよさが際立つマツダコネクトだが、個人的には本当に満足しているし、購入して本当によかったと思っている。

不具合についても、適切な方法をとることで確実に改善することができるので、大きく心配する必要はないと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク