運転免許の停止・取消しになる点数と欠格期間とは!?  

運転免許

何度も交通違反をすると運転免許が取り消しになることは誰もが知っていると思うが、何点分の違反をすると取り消しになるのだろうか。

今回は、運転免許の停止と取り消しについて投稿する。

スポンサーリンク

はじめに

免許の停止や取り消しについて説明する前に、交通違反や交通事故を起こした当事者が負う責任について確認しておく必要がある。

交通違反を犯した場合は、当事者は、①刑事上の責任②行政上の責任を負うことになる。

さらに交通事故を起こしてしまった場合は、上記の2つに加え、③民事上の責任も負わなければならない。

今回のテーマである免許の停止や取り消し、欠格期間の運用は、②の行政上の処分に当たる

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

免許の停止

免許停止

まずは、免許の停止から見ていくことにする。

免許の停止処置とは、道路交通法に違反したことによる”過去3年間分の累積点数”が一定の基準に達した場合に、その運転免許保持者の運転免許の効力を一定の期間停止させる制度である。

免許の停止処分になる点数については、過去の免許停止処置の有無により変わってくる。

例えば、これまで1度も運転免許の停止処分を受けたことがない人の場合、累積点数が6点に達すると免許の停止処分になる。

例えば、”30km/h以上50km/h未満の速度超過”の反則点数は6点であるから、この反則行為を犯してしまえば、一気に免許の停止処分になってしまうのである

また、過去に1度免許停止処分を受けたことがある人は、次回からは点数の累積が4点以上で免許の停止処分になってしまうのだ。

処分を受けた回数が多ければ多いほど、免許の停止処分になりやすい

あまりないケースだとは思うが、免許停止処分を過去に2回経験してしまった人は、点数が2点に達した時点で90日間の免許停止処分となる。

軽微な交通違反の反則点数が2点もしくは1点であるから、1回交通違反をした時点で即免許の停止処分になる確率が高いのである。

前歴 点数の累積 免許停止の期間
なし 6,7,8点 30日
9,10,11点 60日
12,13,14点 90日
1回 4,5点 60日
6,7点 90日
8,9点 120日
2回 2点 90日
3点 120日
4点 150日
3回 2点 120日
3点 150日
4回以上 2点 150日
3点 180日

主な交通違反に対する反則点数については、以下のページで確認して欲しい。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

免許取り消し

免許取消し

免許の取り消しとは、その運転免許の効力そのものを取り消してしまう制度である

度重なる交通違反を犯した運転手や、悪質な違反をしたドライバーに課せられる処分であり、免許の停止処分よりもさらに重い処分である

免許取り消しになる累積違反点数は、以下の表にまとめた通りである。

前歴 点数の累積
なし 15点以上
1回 10点以上
2回 5点以上
3回以上 4点以上

免許停止処分を一度も受けたことがない人でも、過去3年間の違反点数の累計が15点に達すると免許の取り消しになる。

例えば、飲酒運転の反則点数は35点であるから、前歴がない場合でも一気に免許取り消しになってしまうのだ。

免許停止の場合同様、過去の免許停止の前歴がある場合は、より少ない違反点数で取り消し処分が下されることになる。

免許の欠格期間

免許の欠格期間

免許取り消しの処分には、欠格期間が設けられている。

この欠格期間というのは、再び免許を取得する資格がない期間のことである。

この欠格期間も加算された反則点数によって変わってくるし、反則行為が”一般違反行為”によるものなのか、”特定違反行為”によるものなのかによっても違いがある。

一般違反行為

一般違反行為とは、信号無視やスピード違反などの、我々が一般的に交通違反と認識しているような違反行為である。

一般違反行為による免許の欠格期間は以下の通り。

  欠格期間
前歴 免許の停止のみ 1年 2年 3年 4年 5年
なし 6~14点 15~24点  25~34点 35~39点 40~44点 45点以上
1回 4~9点 10~19点 20~29点 30~34点 35~39点 40点以上
2回 2~4点 5~14点 15~24点 25~29点 30~34点 35点以上
3回以上 2~3点 4~9点 10~19点 20~24点 25~29点 30点以上

反則点数が25点の”酒気帯び運転”をしてしまうと、前歴がない人であっても一気に免許取消処分になるだけでなく、2年間の欠格期間が適応されることになる

危険極まりない行為だし、絶対に行わないようにしなければならない。

特定違反行為

特定違反行為とは、酒酔い運転や救護義務違反などの悪質かつ危険な違反行為である。

さらには、危険な運転をした上で交通事故を起こし、人を死傷させた場合(危険運転致死傷)も、この特定違反行為に該当する。

特定違反行為による免許の欠格期間は以下の通り。

  欠格期間
前歴 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
なし 35~39点 40~44点 45~49点 50~54点 55~59点 60~64点 65~69点 70点~
1回   35~39点 40~44点 45~49点 50~54点 55~59点 60~64点 65点~
2回     35~39点 40~44点 45~49点 50~54点 55~59点 60点~
3回以上       35~39点 40~44点 45~49点 50~54点 55点

一般違反行為とは異なり、最大で10年間もの欠格期間が設けられている。

前歴無しの人がこの10年間の欠格期間処分を受けるには、累積点数が”70点以上”に達した場合であるが、70点もの違反点数が付いてしまうケースというのは想像し難いだろう。

信号無視などの比較的軽微な交通違反の反則点数が2点、酒酔い運転でも35点であるから、どうやったら70点という点数に達するのか不思議に思うかもしれない。

これには理由があり、交通違反を犯した上に事故を起こすと、通常の違反点数(基礎点数)のみならず、”付加点数”なるものが加点されるのである。

よって、交通違反を犯した上に交通事故を起こしたケースなどでは、信じられないほどの違反点数が発生してしまうことも十分にあり得るのである。

さらには、悪質な交通違反をした上で交通事故を起こし、人を死傷させた場合には、”危険運転致死傷罪”に問われる蓋然性が高い。

こうなると、基礎点数自体に信じられないほどの加点がなされる。

よって、付加点数が加算されるまでもなく、長い年月の免許の欠格期間が発生することになるのだ。

詳しくは、以下のページを読んで欲しい。

付加点数とは! 交通事故を起こすと点数が加算される!?
交通違反を犯すと反則点数が加算されるが、事故を起こすとさらに点数が加算されるらしい。今回は、交通事故...

終わりに

交通違反を繰り返したり、悪質な交通違反をした場合には、反則金や罰金の納付だけでなく免許の停止という行政処分を受けることになる。

さらに悪質な場合は、免許の取り消しもあり得ると言うことだ。

なぜ、このような処分が設けられているのかといえば、交通違反を犯す行為が極めて危険であるからに他ならない。

事故が起きてからでは全てが遅いのである。

免許の取り消しや停止はもちろん、軽微な交通違反であっても絶対に犯さないように努力するのがドライバーの務めであることを常に確認する必要がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク