信号待ちで停車中なら携帯電話が使えるって本当なの!?

信号待ち

運転中の携帯電話の使用が交通違反になることは言うまでもないが、信号待ちで停車中であればよいのだろうか。

素朴な疑問だが、今回はこの点について詳しく投稿したい。

スポンサーリンク

運転中の携帯電話

誰しもがご存知であると思うが、車を運転中に携帯電話を使用することは交通違反である。

これを定めている”道路交通法第71条”を見てみよう。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らねばならない。

自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車などが停止しているときを除き携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又当該自動車などに取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)に表示された画像を注視しないこと。

                       道路交通法第71条より

法律の条文だけあって、さすがに読みにくい・・・。

しかし、運転中に携帯電話を使用してはいけないと言うことが書いてあることは理解出来る

メールも違反

メール

道路交通法第71条には、”携帯電話に表示された画像を注視すること”も違反とされている

となれば、運転中にメールを送信することも、新着メールを確認することも違反行為である。

画面を注視することなくメールを作成したり確認したりすることは不可能だからだ。

もちろんメールの作成に関しては、とても運転中にできることではないし、実際に行為に及べば大変危険な行為である。

一方、メールの確認であれば絶対に不可能ではないし、ついついやってしまう人もいるのではないだろうか。

”電話はダメだけれどもメールは大丈夫”と思っている人が多いようだが、こちらも交通違反であることを理解して欲しい。

何よりも、そもそもなぜこのような行為が禁止されているのかと言うことを考えなければならない。

運転中に通話をしたり、携帯電話の画面を見たりすれば、そちらに気を取られ安全の確認に支障が生じることは明らかなのである。

いつも繰り返し述べているが、事故を起こしてからでは全てが遅いのだから、常に安全第一を心がけ、交通ルールを厳守する必要がある。

信号待ち

ここで、ふと疑問に思ったのだが、信号待ちで停車中の場合はどうなのだろうか。

もう一度道路交通法第71条を確認すると、この運転中の携帯電話の使用の禁止について、興味深い文言が書いてある。

”当該自動車等が停止しているときを除き”と書いてあるのだ。

道路交通法には”停車”の定義はあるものの、”停止”の定義は見当たらない。

とは言え、”停止”とは明らかに動いているものが止まることであるから、赤信号で止まっている状態を停止と考えることには問題はなさそうだ。

こうして考えてくると、赤信号で信号待ちの最中に携帯電話を使って通話することも、メールを作成したりメール画面を確認したりする行為も違反ではないと言うことになる。

意外に思われるかもしれないが、道路交通法第71条の条文を読む限りでは、このように解釈されるのである。

車輪が動いたら

車輪

許されるのはあくまでも停止中であることを理解しなければならない。。

停止とは、”完全に車輪の動きが止まっている状態”だから、少しでも車輪が動いていれば停止中ではないのだ

通話やメールに夢中になったためにブレーキの踏み込みが浅くなるなどして、わずかでも車輪が動けば立派な反則行為である。

警察官がその一部始終を見ていれば、当然違反切符を切られることになるし、運転者も自身の違反を認めなければならない。

警察に捕まった場合

信号待ちで停止中であれば、携帯電話を利用することが違反行為ではないことは明らかになったが、それでも警察に捕まることもあるようだ。

この場合は、警察官の出方次第で適切に対処する必要がある

相手の警察官が、”信号待ちの間に携帯電話を使用した”との理由で交通違反を指摘してきた場合は、自身の反則行為を認める必要はない。

信号待ち中に携帯電話を使用したと言う行為そのものは認めても問題ないが、自身が反則行為を行ったと言うことは絶対に認めてはならない。

なぜなら、停車中の携帯電話の使用は、交通違反でも何でもないからだ

ここで毅然とした対応を取らなければ、違反行為をしていないのに、切符を切られ反則金まで取られると言う最悪の事態を招くことになってしまう。

ただし、”停止する前に携帯電話を使用していた”と言うことであれば、話は変わってくる。

許されるのはあくまでも”停止中”であって、車が少しでも動いている状態での携帯電話の使用は、立派な違反行為だからだ。

もちろん、あなたがそのような行為を行っていないにも変わらず、警察官があなたの交通違反を指摘してくるのであれば、これを許してはならない。

断固として権力と戦わなければならないのだ

終わりに

信号待ちで車が停止中であれば、携帯電話を使用しても違反行為にはならない。

だからと言って、積極的に通話やメールの作成をしてもよいかと言われれば、やはりそうは言えない。

信号待ちだからと言って、前方の安全確認に少しでも支障が生じる可能性があれば、そのような行為は行うべきではない。

やはり、”安全第一”を常に心がけねばならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ふんどし より:

    今、ポケモンGO と(2016/11頃)、言うゲームが出来る様で、原動機にて、赤信号で
    停止中に、スマホで操作をする人も居ます。(停車中の携帯電話の使用は、交通違反でも何でもないからだ。)と、書いてありまが、もし、 赤信号で操作を始め スマホ操作している最中、信号は赤から青に変わり、進める状態にはなるのですが、スマホ操作が遅くなり、信号が 青になっても進まないで、停止したまま(原動機付きな為当然路肩です)の、状態であれば、(なぜなら、停車中の携帯電話の使用は、交通違反でも何でもないからだ。)との事ですので、当然違反では無いのですが、青信号を無視し、止まり続ければ、やはり、信号無視? 道路交通法 等、違反者になりますか?

    • Demisuke より:

      ご質問ありがとうございます。また、回答が遅れまして申し訳御座いません。ご質問いただきました内容ですが、道交法では交差点内は駐停車禁止場所でございます。よって、赤信号の効力により停止しなければならない場合以外に停止すれば駐停車違反に問われますが、青信号に変わった後に発進しなかった場合もこれに該当するはずです。よって、あまりにも悪質なケースを警察官に目撃されれば検挙される可能性が大いにあると思われます。